2019年11月02日

セクシーなMG-A

 MG-Aは、Tシリーズ(TAミジェット~TF)の後継車として1957年(昭和32年)に登場しました。

MGA01.jpg
'59MG-A1600カタログより

 フロントはダブルウィッシュボーン独立懸架サスペンション、リアはリーフスプリングリジットアクスル、そしてラックアンドピニオンステアリング、を採用したラダーフレームシャシーにBMCのB型1489cc直列4気筒79.5馬力OHVエンジンを搭載し、それまでのT型ミジェットの1930年代のスタイルとはまったく違った、つまりエンジンカバーと翼型フェンダーを一体にした流麗なデザインのボディを載せた2座レースカースタイルのロードスターといったクルマです。

MGA.jpg

 ボディデザイン、というより車体構造の変化は自動車の歴史になかでの大きな変革の一つと言えるのではないかと思います。

MGA02.jpg

 しかし現代の乗用車のようなモノコックボディではなく、TAからTFミジェットを発展させたラダーフレームに、エンジンやアクスルなどを架装し、空力設計を考慮した金属製のボディを載せたもので、この後現代までの歴史と変革を思うと、やっと青年時代に達してまだ未成熟故の魅力を感じずにはいられません。

 私はこのクルマに乗ったことはありませんが、青年時代に初めてMG-Aを見たとき、セクシーだと感じたのは翼型のフェンダーのイメージを残した全体に丸みを帯びたデザインがどこか動物の自然な形を感じたからだと思います。

 このセクシーなMGは1年目に13,394台、2年目には16,467台を販売し、マイナーチェンジして1600ccに換装されます、そして1962年までに101,081台が製造される人気モデルとなりその多くはアメリカと世界中に輸出されました。

MGA.E.jpg

 また高性能モデルとして1958年から1960年まで生産されたMG-Aツインカムは108馬力のDOHCエンジンと4輪ディスクブレーキを搭載していました。

 でもこのモデルは、クーペもそうですがおそらく日本には輸入されていないと思いますので現車を見た人は少ないと思います。

MGA.D.jpg


 MG-Aにはプロトタイプがあるといいます、1955年EX182と言うクルマがルマン24時間レースに出場したということですが成績は解っていません。

EX18201.jpg
EX18202.jpg

 写真はTripple 9というメーカーのモデルカーです、商品説明には、

 1955年のル・マン24時間レース(24 Heures du Mans 1955)は、23回目のル・マン24時間レース、またスポーツカー世界選手権第4戦として、1955年6月11日から6月12日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。 23回目となるこの大会では接触事故でメルセデス・ベンツ・300SLRが爆発炎上し、ドライバーのピエール・ルヴェーと観客83名が死亡するというモータースポーツ史上最悪の惨事が発生した。 
 モデルカーは、その大会に参戦したMG EX182。

 と書かれています。











posted by 健太朗 at 21:05| 京都 ☁| Comment(0) | 外車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする