2013年06月06日

ラウムのタイヤ

   愛車、ラウムに新車からついてきたタイヤはまだ2.1mmほど溝が残っていたが、新車から5年、10年乗るつもりなので今が折り返し点、タイヤを換えるのは、「いまでしょ、」というわけで交換することにした。

  すると、娘の彼氏が「僕の車と2台同時に交換して安くしてもらいましょう」と言って交渉してくれたのが、ブリジストンのエコタイヤECOPIA PZ-XCECOPIAのなかでもコンパクトカー向きのものだという。

  特徴は、ナノプロ・テック™微粒径シリカ配合ゴムを配合し、左右非対称のパターンを採用して転がり抵抗を減らし、ウエットグリップを良くし、さらにタイヤの持ちも良くしているなどとカタログには書いてある。

 

 

 
          01

 さて実際にはどうなのか、早速ドライブ旅行に出かけてみた。

 まず第一印象だが、走り出してすぐに「おっと、これはよく転がる」と思った、アクセルOFF、惰性でころころと転がっていく感じだ、早い話タイヤの表面が固いだけかもしれないが、そういう感じをドライバーに与えることがエコタイヤとしては大事なことかな、と思った次第だ。

 

 これは走行中のタイヤのしっかり感とイコールする、グリップのしっかり感ではなく、タイヤそのもののしっかり感だ、高速道路でのグリップには残念ながら少し不満が残る、大きなカーブの途中での道路の凹凸によっては、わずかに進路を乱される印象がある、しかし雨の中ではなんだかいい感じだ、ウエットグリップというのか、むしろ乾いた時より安心感がある、なんだか不思議だ。

 

 このころころ転がり感が燃費に影響があればいいと思ったのだが、タイヤを交換する前と後でまったく同じコースを走ってみたがまったく同じ燃費だった、京都から富士宮までのほとんどが高速道路というコースで、17.8km/L、まったく同じコースと言っても季節も気象条件も違うのだからまったく同じ数字というのも実は信用できないのかもしれないのだが、実際に走行しての数字だから、もう少し使っていくうちに少し違う結果が出るのかもしれない。

 エコノミーたる証のお値段は、10年前旧型ラウムに静かなレグノをおごった時と全く同じ価格だ。

 レグノより少しうるさいだけだが、数段格下のタイヤだからその分値上がりしたのだな、と思っているが、当時は私もまだ現役の自動車屋だったからかなりお安く買っているが、今回も前回ほどではないが彼氏のおかげで安い買い物をしたと思っている。

 そして、120kmくらいでシミー現象が出るからとクレームを持ち込んだタイヤ館のメカニック氏が気持ちよくホイールバランスのとり直しをしてくれて、販売店にも気を良くしているところである。

 

posted by 健太朗 at 17:15
"ラウムのタイヤ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]