2011年08月20日

ロータリーエンジンの謎

 ファミリアロータリークーペの記事を書いているうちに、ロータリーエンジンの謎、にはまってしまった。ただこれは初めてロータリーエンジンを見たときから私には謎だった。

 ロータリーエンジンの排気量って少なすぎるよね。 なんで?

 今の日本の自動車技術は世界一と言ってもいいくらいだが、当時はまだまだそうではなかった。だから私は性能の割に排気量が少ないというのは何かトリックがあるのではないかと思っていた。

 4サイクルレシプロエンジンの場合、排気量とはシリンダ容積のことを言う、これは円筒形の体積の計算で簡単に出る、これはオットーサイクルの(吸入、圧縮、爆発、排気)1サイクルで排気する量にあたる、これに気筒数をかければ良い。
 ここで一つのことわりは1回転で何回爆発(排気)するかなんてことはは関係ない。
 だから2サイクルエンジンの場合も同じだ、上死点から下死点までの容積で表す。
 もう一つ、ミラーサイクルでも同じ事だ。

 さてロータリーエンジンはどうだろう、トロコイドとか言う楕円形のハウジングの中を三角形のローターが回転する、このハウジングとローターの隙間が大きくなったり小さくなったりすることで、吸入、圧縮、爆発、排気の1サイクルをローター1回転で3回完了する。
 レシプロと同じように考えれば、その隙間の最大容量から圧縮時の最小容量を引けば良い、そして三角形のローターだから3を乗じれば1ローターエンジンの排気量が出る。2ローターなら更に2をかける。

          P6

 

 と、私は考えるのだが、どうもそうではないようだ、おそらく、例えばファミリアロータリークーペの10Aエンジンの491×2という場合の491ccというのは3をかけない一つの作動室つまり隙間の容量なのではないか、だからたった982㏄のエンジンが110馬力も出せると言うことになるのだ。
 余談ながら、最新の235馬力もでる13B-NSPエンジンでもたった654×2=1308ccなのだ。

 これが私には謎なのだ。

 これにはエキセントリックシャフトがローターの3倍回転するので1回転1回の爆発(排気)だから、という理由が付いているようだが、レシプロエンジンの場合は、


 そんなのカンケイねぇ。(また古いギャグ)


 つまり、これは誤魔化しと言うことではないだろうか。

 当時の通産省と税制の問題で一悶着あったとの噂がある、これは結局5割増しで決着した。レースの方では2倍ということになった。

 こうして誤魔化しても、キャロルロータリーは実現しなかった、300㏄の1ローターロータリーエンジンは450㏄と見なされたからだ、当時の軽自動車は360㏄以下でなければならなかった。


 ちなみに、私の換算では実に900㏄と言うことになるんですけど・・・。

posted by 健太朗 at 22:28
"ロータリーエンジンの謎"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]