2008年07月27日

ベンツの配線

 古くからのお客様からエンジンの調子が悪いとの連絡で引き取ってきたベンツ、平成6年式のE320、走行距離は5万キロあまりのどこから見てもきれいなクルマだ。

 

 どうも6気筒の内いくつかが爆発してないようだ。早速トラブルシューティングを始めるのだが、ここではそのプロセスは省略する。

 

 エンジンルーム内の配線の内、特にエンジン上部を這っている、イグニッションとセンサーの系統がぼろぼろになっている。
 といっても想像も付かないだろうが、電気の線というのは何本かの細い銅線を束ねてビニールでコーティングしているものだ、そのビニールの部分がちょっと触ると粉になってぼろぼろと朽ちてゆくのだ。絶縁のためのビニールがなくなった配線は裸になってショートする。そのためにイグニッションコイルに正しく配電されなくなって6気筒のうち1番と6番が死んでしまっていたのだ。

 

 私は経験豊富などとは言わないが、40年あまり自動車屋をやっていて初めて経験することだ。まず国産車ではあり得ない。

 もしもこのショートした部分から発火していたら今頃は・・・・。

 想像するだに恐ろしい。

 

 ベンツのディーラーに問い合わせてみると、あっけらかんとした返事だ。
「この型は古くなるとエンジンルームの配線をすべて取り替えなあきません、部品の値段は11万、工賃はこれこれです」

 

 あきれて口がふさがらないままお客様にはこの通り伝えた。

 お客様は即、国産車に乗り換えを決定、しかし次のクルマが納車されるまで応急処置は出来ないかとのこと、なんとかしましょう、と言ってしまって大いに後悔することとなった。

 

 まずイグニッションコイルの配線をすべて裸にしてそのほかの配線はそぉっと元通りビニールテープで束ねる、なにしろもう代替えの決まっているクルマ、原価のかかる材料は使えない、だから配線を交換する代わりに一本一本ビニールテープで絶縁してゆくのだ、ほとんど一日かかってしまった。


 しかし結果はNG。


 既にECU(コンピュータ)内部に何らかの支障があるようだ。

 ちょっと焼けこげたくらいなら基盤のハンダを触ることで復活するかもしれないとECUを外してみるが、これを分解するための道具がない。

 

 ここが弱小自動車屋のつらいところ、外国車も時々触ることがあるのでいくらかの外国車用工具もそろえてはいるが、まずまず必要に応じて一つずつ増えるもの、ここで特殊工具一本でも原価はかけられない。

 ここであきらめると言うことはこの古くて美しいベンツはこのままスクラップになるということだ。


 これはドラマでも小説でもない、現実はお客様と相談の結果、そうなった。

 

 何年か前に国産の軽自動車のフラッシャスイッチの周りにほこりがたまって発火するおそれがあるからと大規模なリコール騒ぎがあった。

 今回の配線も国産車ならとっくにリコールになっていたことだろう。

 私はこのblogに悪口を書くつもりはない。
 しかしこのベンツの配線は粗悪品というほかない。


 14年前、7百数10万で売った車の最後の姿だった。
 消費者はかしこい商品選びをしなければならないと思った次第だ。  

posted by 健太朗 at 19:40
"ベンツの配線"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]