2015年03月11日

アクア・一泊旅行

 やっと休みが取れてアクアで一泊旅行に出かけました。

 京都から渥美半島の先端、伊良湖岬まで往復で370km程度のドライブです。

 

                  02 

 

 今回の旅のオプションは名古屋港水族館です、私はトヨタ博物館へ行きたいと言ったのですが妻と娘が一緒ですので9か月の赤ちゃんがもれなくついてきます、のであえなく却下されました。

 

 それにしても名古屋のみそカツは美味しいですね。

 

 この途中さまざまなところでアクアを見かけて、アクアってこんなに沢山走っているのだ、と半ばうんざりする気持ちになりましたが、昨日のニュースでアクアの販売台数が2年続けて一位になったとのこと、さもありなん、と複雑な気分になりました。そんなに人気があるほどに素晴らしいクルマなんだろうか、と思ってしまいます。

 

 まだ乗り始めて数週間、1000kmに満たない走行距離ですがアクアのここが良いといえるところはまだ見つかっておりません。 

 試乗した時は静かなクルマだと思いました、確かにラウムより静かだし私が知っている限りの初代・二代目プリウスより静かだと思いますが、駆動用バッテリーを充電するためにアイドリングストップであるはずの信号待ちなどで停車中にもエンジンが始動することがあるのですが、これがアイドリングより高い回転数なのです、いわば空ぶかしの状態でブーンと響いてくるのです。

 ここは改良の余地があるのではないでしょうか、例えば停車後数分間は通常のアイドリング回転数程度で我慢して、どうしても、という場合には充電用回転にするとか、トヨタさんには少し考えてもらえませんかねえ。

 

 さて高速道路でのアクアは充分静かです、大きなパワーが必要なければなんと100km/hで走行中でもEVモードに切り替わることがあるのです、こうなるとタイヤやサスペンションなどのいわばエンジン以外の音がうるさいと感じるのですから、贅沢ですよね。 

 その100km/h前後からの追い越し加速にはいささか不満があります、この時はエンジンとモーターが協力して加速力を出すのでしょうがエンジンがまだ硬いのでしょうか、もう少し慣れてくればEcoモードをOFFにして思いきって踏みつければちゃんと加速してくれるのではないかと思いますが、今そんなことをすればメーターパネルに表示される瞬間燃費はこの時2km/L以下になります。 

 

 ちなみに今回のドライブ旅行での燃費は21.6km/Lでした、思ったより悪い数字が出てしまいましたね、アクアの場合、高速や長距離で特に燃費が良いということはなさそうです。

posted by 健太朗 at 11:45| Comment(4) | TrackBack(0) | アクアの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

アクア 第一印象

 アクアのユーザーになってまず感じたのは、エンジン音とクルマの実際のスピードが一致しないという異次元の感覚です。

 

       01
                                                     渥美半島のキャベツ畑をバックにしたマイ・アクア 

 

 ハイブリッド車の場合、エンジンをかけるというよりスイッチを入れるという感じですが、まずスタ-トボタンを押してメーターパネルに「READY」のアイコンが現れると発車できますが、しばらくしてエンジンがかかります、でもこの時点ではエンジンは駆動用ではなくヒーターを温めるため、もしくは暖機運転ですからアクセルペダルを踏んで発車してもEVモードなのでエンジン音は変わりません、ここで急加速したり登坂しなければEVモードのままですから50km/hくらいまでモーターで駆動します。

 

 ヒーターが少し温まって暖気運転が終わるとエンジンは止まってしまいます、でもクルマは走行中ですからタイヤの音とわずかなモーターの音が混ざって聞こえてきますが「えっ」と思うくらい静かなのです、エンストして惰性で走っている状態とでも言いましょうか、これが異次元感覚だと思うのです。
 

 もう一つは車室内の暗さです、黒を基調にした内装がスポーティーだというのですがなぜでしょう、ラウムのベージュの内装から黒に乗り換えるとことにそう思います。

 でもお洒落なブリリアント・レッドというオレンジに似た赤とグレーっぽいベージュのシートなどは気に入ってます。

 

 ま、今のところ第一印象ですから細かいことはこの次、ということにしますが、おおむね可もなく不可もない一般的トヨタ車のセオリー通りだというところです。

 それが大きな魅力の一つでしょう、・・・と思います。

posted by 健太朗 at 21:48| Comment(5) | TrackBack(0) | アクアの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする