2018年04月27日

カタログコレクションから・ドリームCB500FOUR

表紙.jpg

  今回もカタログコレクションから、このカタログは縦35cm26.5cmと大きなものですが、パソコンとカメラの連携でまともなスキャン画像になったものです。

CB500.P1.jpg

昭和42年頃、とある染物屋さんのどら息子殿に買って頂いたもので、私が試乗する機会は納車時の数キロしかありませんでしたが、それ以前のCB750よりずいぶん軽快で乗りやすく感じたことを覚えています、CB750は重たくて重心もかなり低かったので私のようなやせっぽちがのるとカーブで寝かせるのに苦労しましたがCB500では一回り小さく軽かったのでしょう、しかし重心は4気筒エンジンのおかげで低いので安定したイメージです、これなら長距離でも楽だろうと思いました。

CB500.P2.jpg
CB500.P3.jpg

このためカタログ1ページ目の黒い部分は写真では分かり難いのですが、「静かなる男のための500と書かれています、当時は暴走族などとは言わずかみなり族という連中が大きな音を立てて走行っていましたが、そんなに悪さはせず、ただオートバイが好きな、いわばマニアだったのだと思いますが、このような「静か」を強調されたのですからこのキャッチコピーはそのマニアに対するものだったのかもしれませんね。

CB500.P4.jpg
CB500.P5.jpg
CB500.P6.jpg
CB500.P7.jpg

またこのカタログにはちゃんと定価が書かれています、当時のホンダのオートバイは一切値引きはありませんでした、ですから商談は実に簡単なものでした、余計なことを書きますが、好きな人が好きなものを買う、これだけの話で交渉の余地はありませんでした。

CB500.P9.jpg

この頃はまだ義務付けはされていませんが、ヘルメットホルダーが附いたバイクが増えてきました。

おそらくこのクルマが最初だと思いますが、パッシングライト・スイッチとイグニッション・キルスイッチが附いています、またフロントディスクブレーキもまだ珍しいものでした。

CB500.P10.jpg
私の自動車屋もこんなレトロな工具棚がありました。

裏表紙.jpg
posted by 健太朗 at 22:21| 京都 ☁| Comment(2) | バイクの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

パリジェンヌ・ソレックス

 ソレックスは20世紀初めからキャブレターとモペットを作っているフランスのメーカーだ。
 キャブレターのソレックスで私たちになじみ深いのはなんと言っても初代スカイラインGTに採用されたツインチョークトリプルキャブ、そしてモペットでは映画「個人教授」でナタリードロンに恋心を抱くルノーベルレーの、その学友が乗っているのがソレックスだ。ちなみにNドロンとRベルレーが二人乗りでパリの町を走るのはリトルホンダだ。


                     P1


 そのソレックスがダイハツで輸入販売されたのは昭和48年頃だったと記憶している、ちょうどその頃は石油ショックも手伝ってダイハツも業績不振だったらしく、ダイハツデーラーに勤める友人から頼まれて、このダイハツソレックスを格安で手に入れたものだ、これは1905年からフランスで作られているヴェロソレックスの最終型となった、つまり1988年にはフランス本国での製造は中止になって、現在ではハンガリーでごく少量、生産が続けられているそうだ。

          P2

 私が手に入れたのは白い車体だったが、実用には役に立たなかったので写真も何もないが、たった4ページのパンフレットが残っているのでここに紹介する。

          04

 坂道・向かい風も確かにへっちゃらだ、しかしそれは自転車としての話、日本でこれはナンバーを付けたれっきとした原動機付き自転車なのだ、原付としてはへっちゃらとは云えない。

          06

 速すぎない、遅い、最高速度を20Km/hにおさえて、その代わりスピードメーターも方向指示器も付いていない、法律との取引のようなものだ。

 そしてソレックスは確かに経済的です、1リッターあまりの燃料タンクで100Km以上走る、だが混合油を使わなければならない、ガソリンスタンドでベテランのサービスマンに、「混合油1リッター」というとじゃまくさいと言われ、若いサービスマンにそう言うとハイオクを混ぜてくれる。
 そこでこのバイクには初めから50ccほどの薬瓶のようなボトルが付いてくる、つまりレギュラーガソリン1リッター入れたらこの薬瓶のエンジンオイルをタンクに入れて車体ごと揺さぶれ、と言うわけだ。

          05

 商店街・裏通りもスイスイと走るが、エンジン音がうるさくて人々の注目を浴びる、その上自転車にも追い越される。

          07

 確かに自転車のようだが、組み立て式フレームと前輪に載せたエンジンは結構重い、このエンジンは49cc、0,7馬力、遠心クラッチを介して駆動ローラーを前輪タイヤに接触させて走るのだ。
 アクセルは二段階、但しハイでもローでもほとんど変わらない、スロットルバルブというものはなく、ちょっとガスを濃くするだけだ、だがチョークもしっかり付いている。
始動はデコンプを抜いてかける昔のディーゼル方式、ちょっと押しただけでかかるが、ペダルで踏み出すのはちと重い。

 そんなこんなで実用的ではないが私も家内もお気に入りで、休日には取り合いをして散歩に出かけた。
 
ヘルメットが必要になってからはほとんど置きっぱなしになったが、平成の初め頃まで我が家のガレージの装飾品になっていた。


 私は以前、プジョーの自転車に乗ったことがあるが、これも細部が粗雑で、ブレーキや主要なボルトナットなどを国産のものに換える必要があった。しかしソレックスは15年ほどの間に故障はたった1回、鉄製の燃料パイプが錆びて詰まったことがあった事くらいだし、外観にはほとんど錆びもなかったが、よく見るとプレス加工の車体の裏側はしっかり錆びていたしブレーキや例の駆動ローラーもすり減っていたと思う。

 平成2年くらいだったと思うが、自動車屋の管理ユーザーでもある、知り合いと雑談の折、ソレックスの話をしたところ、ぜひにと請われてとんとんと話が決まり割合高値の結納で嫁に行った。
 彼は素人ながらソレックスの車体とエンジンの一部を分解し、塗装をやり直し、粗悪なねじ類を国産に換え、新車同様にレストアした、そして今は彼のガレージの装飾品となっている。

posted by 健太朗 at 23:00| Comment(10) | TrackBack(0) | バイクの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

貴婦人 CL72

 カミカゼタクシーという無謀にすっ飛ばすタクシーが走り出したのは意外に古く、昭和30年代前半だそうだ、もうこの頃すでに自動車の性能が良くなりタクシーの賃金の話題が社会を賑わしていたのだ。(稼ぐ為に速く走ると言うこと)

 そして二輪車の方も凄いことになっていた、鈴鹿サーキットのレースは世界中からオートバイと人が集まっていた、特に250㏄クラスのホンダRCとヤマハRDのデットヒートは白熱した。

 日本のオートバイは昭和20年代後半には、なんと133社が林立したという、昭和、ツバサ、トーハツ、シルバーピジョン、ラビット、チャンビオン、ライラック、メグロ、陸王、それにブリジストンなど、ちょっと思い出すだけでもきりがない。
 しかしそれがホンダ、ヤマハ、スズキ、川崎メグロの4社に淘汰されたのは、朝鮮戦争が停戦になってからほんの数年の出来事だったそうだ。そしてそれから又数年のうちに世界中のオートバイメーカーがホンダに駆逐された、インディアン、ノートン、MVアウグスタ等が消えた。
 ちなみにこの時代オートバイのことを、単車、と言った、これはサイドカーの、側車、に対してこう呼んだらしい。

 そういう単車熱にうかされ、マフラーのサイレンサーの先を切断してばりばり大きな音を立ててすっ飛ばす連中のことを人はカミナリ族と呼んだ。
 近年の暴走族と違うのは、少し大きな音を立ててスピード違反をする以外、ほとんど悪さをしなかった、純粋にオートバイが大好きな連中だった。

 で、私もまだ美しい十代の頃、こんな連中の仲間入りをした時期が少しだけあった。
 ホンダCL72というそれはそれは貴婦人のように美しいスクランブラーに魅せられて、少ないお小遣いをはたいて買ったものだ。

                   Cl72

                     この写真は後期型、ブレーキが大きくなって
                      前はツーリーディングになった

 カムに乗る、という言葉がある、エンジンのパワーとトルクが互いに一番大きくなる回転域を保って走ることを言う、つまり充分にふけ上がった状態のことだ。
 CL72のマフラーは個性的で膨張部が全くない、従って排気音もまた個性的で、このカムに乗った時の音がこの単車の最大の魅力でもあったのだ、そしてスクランブラーの性格上それほどのスピードでなくともこの状態を体感することが出来る。
 ただし、少なくとも7000rpm以上廻っているのだからとっても賑やかである。

 その点CB72はスピードスターなのでこのような情緒はない、ちょっとスプロケットを交換しただけでローギヤで80Km/hも出てしまうようなくるまに乗ったことがある。
 CB72の場合はスプロケットの前後比を高くして高速タイプにするのだが、CL72の方は逆に低速タイプに改造する。(それでも逆に高速向きに改造したのは誰だったかな。)

 今のようにモトクロスがスポーツとして成り立っていない時代のことだから事故も多かった、私自身人馬ともに傷だらけになった記憶もある。

 しかし大概は街乗りで、アイビールックに倣って短めのコットンパンツにデニムや赤いチェックのボタンダウン、ハンチング帽や中国風のマシュマロのような帽子など、流行りのファッションでカミナリ族を気取ったものだ。

                   Cl72_2

                                     冬 宝ヶ池サーキットにて
                           私のは前期型のType1、思いっきりブレーキを
                           踏んでも滅多にスリップしない。

 ある夏の日、仲間達と日本海まで海水浴ツーリングに出かけたその帰り道のことだ、先頭を走っていた私は、ちょっとレーシング仕様に改造したホンダS600を見つけて併走、S6のサウンドとCL72のコーラスを楽しんでいた、私の後ろには7台のCL72とCBやCP、ヤマハYD1等がバックコーラスをつとめる。

 と突然、不調和音とも言える爆音とサイレンが聞こえた、CB450を改造した白バイだった、白バイの若い警官は私たちのグループを制止した。
「君たちはどこまでゆく」
私は京都へ帰ると答える。そして彼はこうのたもうた。
「今からは俺が先導する、俺を追い越したらスピード違反で捕まえるからそう思え」
 せっかくのツーリングが台無しだと思ったが、仲間達は渋々これに従うしかなかった。

 ところが、詳細は想像にお任せするが、白バイが先導するが故の走りやすさがあるもので、それから数時間、私たちはこの狂った白バイ野郎のおかげで、実に安全で快適なツーリングと誰にもとがめられないスピード違反とを楽しんだのだった。

 これも今ではおとぎ話のようなもんやな。

 

                    Cb72
                                 CB72  スーパースポーツだ。 

                    C70

                               C70 これがうわさのドリーム号だ。

 

 

posted by 健太朗 at 14:16| Comment(8) | TrackBack(0) | バイクの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする