2009年10月17日

ネットブックの画面が小さいので・・・

 出かける時にでも使ってみようと55,000円で衝動買いしたASUSのネットブック、いつも使っている自作のディスクトップパソコンに比べると、薄くて、ちっちゃくて、綺麗で、かっこいい、と気に入ってLoisと名付けたのだが、実に小さくて見にくくて使いにくい。

 ホントを言うと公衆無線LANの契約をしているわけでもないので、出先で使うことなんてほとんどない。
 結局はリビングでテレビでも見ながら使うか、ベッドで使うか、くらいのことだ。

 およそネットブックの性能というのは必要にして最小限のものだ、AtomというCPUはわずか4Wで動くというのだから65Wで動くCore2Duoと比べたら非力で当たり前なのだ。
 それでも家内が使っている5年前のアスロンを乗せた、10数万円もしたノートパソコンより格段に早い。

 でもでもやっぱり使いにくいと思うのはi945チップセットに内蔵されたグラフィックに  1,024 x 600(WSVGA)という解像度は荷が重いのか、それともそれだけの解像度の10.2型ワイドという小さい液晶画面を見る私の少し老眼が進んだ目が力不足なのか。どうなんだろう。

 とにかくこの小さいワイド画面は、特に上下が狭い。
  IE8の上部のツールバーなどの領域が、いつも使っている17インチの古いモニターでは何ともないのにこのネットブックの画面では非常に分厚く感じる。
 Safari等のブラウザを使えば少しはましだが、それでもなしな程度だ。

 そこで、PCオンラインというサイトの記事で見つけたのが、ChgDispRes、これ、どう読めばよいか判らないが、change、display、resolutionを組み合わせだろう。

 ネットブック用画面解像度変更ツールだ。

 実行してタスクバーにおくと1,024 x 600を1,024 x768に変更してくれるのでこんな風になる。

02
 1024×600








03
 1024×768をダウンスケールして表示








  上下を圧縮するので少し平べったくなる、たぶんグラフィックスチップに負担がかかっているのだろうちょっとぼけたような描写になるし、スクロール時にはかくかくとこま落ちのようになる、目に優しいとは言えないが、それでも全体が広くなって見やすくなる。
 これならIE8のズームアップも生きてくるのではないだろうか、だが決して使いやすいものではない、常駐させないのならシャットダウンする前に元に戻しておいた方がよい。

 興味のある方は試してみてはいかがだろうか、だめならファイルごとゴミ箱に捨てれば削除できる。

posted by 健太朗 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブックの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

Lois (Eee PC) に ATOK をインストール

 私は初めてパソコンにふれたとき、それがたまたま一太郎をインストールしたパソコンだった、以来ワードより一太郎に親しみ、おかげでワードの使い方がいまいち心許ない。

 しかも仮名入力であるからATOKとMS-IMEの関係もまたしかりである。

 

 Eee PCにはスターサイト・ライターというワードによく似たワープロソフトがプリインストールしてあるので、少しはワードに親しもうとあえて一太郎をインストールしないで使っているのだが、やっぱりどうも使いにくい。出先で使おうとするとなおさらだ。

 これはソフトやハードの善し悪しではなくて、慣れの問題だ。

 

Photo

 

 まぁワード風のデザインは追いおい慣れるとしても、入力をちょっと間違えたときなどIMEでは辛気くさくて仕方がない。

 若い方はともかく、パソコン使いにもたもたする世代の方々には同じような思いの方もおられると思う。

 

 そこで、せめてATOKだけでもインストールしたいと思ったのだが、ネットブックというジャンルのパソコンには光学メディアドライブがない。つまりソフトのCDが使えないのだ。

 

 なので、まずLANでつながっているパソコンでメディア共有設定をして簡単インストールしようと思ったのだが、「アクセス権がない」というエラーが出てどうしてもうまくつながらない。

 

 それじぁと気を取り直して、SDカードにCD丸ごとコピーして、ATOKだけをインストールするという方法をとった。

 これは意外と簡単で、SDカードにコピーするのに10分ほどかかったが、そこからEee PCにATOKをインストールするのは非常に早くほんの1~2分で終わった。

 

 たぶんこの方法だともっと大きなソフトでもCDからインストールするより早いのではないかと思う。

 近頃USBメモリーに入ったソフトを販売しているが、あれなどネットブック向きかもしれない。

 だが、最新のソフトはDVDを使っているので安いSDカードではコピーに時間がかかる心配がある。

posted by 健太朗 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブックの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ネットブック・Lois

Cimg1935 

 

 前からほしかったので衝動買いだとは思いたくないが、 ジョーシンで少し安かったのでつい買ってしまった 。

 

Lois 

  ASUSのネットブック、EeePC S101だ。      
  Loisと名付けた。

 

   本当は懐が寂しいのでEeePCでも安価なS901にしようと思ったが、お店で見ているとEeePC S101は、数あるネットブックの中でも最も薄くて美しく、私の目に魅力的に映ってしまった。 

 

 

でもやっぱりこの小さくてまっ黒なキーボードは万年初心者にはちとつらい。 

 

Lois_2 

     キーボードは白がよい。 
    
   画面の小さいのは覚悟の上だが、これはまあ弱い老眼鏡をかければどうということはない、しかしモニターはやっぱり大きいに越したことはないようだ。
    
まあ、不満は私の勝手でASUSのせいではないし、901よりずっと良かったと思っている。元々これは持ち運び用と割り切って作られているものなのだ。

 

Loisbag 

 

 ちょっとしゃれたバッグとマウス用の袋も

着いているので持ち運びには便利だ。

      

 

 

 

 

  EeePCはHDDではなくSSDをつかっているので、立ち上がりが早いのがうれしい。      
      
  だがたった16GBの容量しかないのでデータの保存に工夫が必要だ。      
新品を下ろして最初のセットアップ直後のCドライブの使用領域は3.68GB、Windows Updateを実行して4.53GBになる。      
      
Loisc 

 

  特にアプリケーションソフトを追加しなくてもWindowsは使用領域を増やしてゆく、だから追加ソフトは最小限にしなければならない。 だが、Star SuiteやWindows Liveなどフリーか又は安いソフトが結構沢山インストールされているので、これらをうまく使っていけば何とかやっていけると思う。 

 

  そしてデータの保存は一時的なもの以外はSDカードかUSBのデバイスを使う必要がある。

 

 もうひとつの方法にEee StorageがあEeeる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはASUSのサービスでWeb上のストレージを60GB分使えるのだ、しかも他のパソコンからもこの領域にアクセスできるというから一見便利なようだが、これが非常に使いにくくわかりにくい、マニュアルにもWebにも十分な説明がなく、不必要なホルダーが沢山あってどこにデータを保存したらよいのか、これがなかなかわかりにくいのである。    
      
    試しにS101でEee Storageにデジカメ画像を数枚保存して他のパソコンで開けようとしたら、丁度フリーソフトをダウンロードするのと同じような要領でブラウザからダウンロードすることになる。

 

05_2 

 

 これなら外付けのHDDを使うほうがよほど便利だ。 

  付属のマウスは非常に使いやすい、だがせっかくBluetoothが着いているのだからもう少しおごってほしかった。

 

Lois_3 

 

 まぁ使い勝手はぼちぼち慣れるだろう、今のところこの小さくて美しいパソコン「Lois」は、私の新しい恋人としていつも手元でやさしく微笑んでいる。

posted by 健太朗 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブックの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする