カタログコレクションから くろがねベビー


 パソコンという機械は古くて悪い画像がケッコウ見られるようになりますからホントにありがたいものですね。

今回はムカシの写真からくろがねベビーのイラストカタログ(の一分)を紹介します。

ベビー01.jpg

くろがねベビーを造った東急くろがねという会社は、昭和32年、日本内燃機製造が日本自動車工業を吸収合併するかたちで発足した会社で、その少し前にくろがね・ブランドの低迷で東京急行電鉄の資本参加を得ていましたので、昭和34年には東急くろがね工業に改称しました。


その「くろがね」という名前は前身の「秀工舎」を創業した蒔田鉄司氏の鉄の和名「黒金」から名付けられたもので、白楊社製作所時代(昭和2)には「オオトモ号」という日本初の量販乗用車を開発しています、その後も「ニューエラ号」という347cc4ストローク・空冷単気筒エンジンの三輪車などを世に送り出してダイハツやマツダを凌駕し、昭和10年には「95式小型乗用車(通称くろがね4)」を戦線に送り出しました。

くろがね4軌.jpg
くろがね4軌

戦後も日本内燃機製造として三輪トラックの他マイティという小型トラックなどを製造していましたが、技術の遅れや販売力の弱さなどもあって、ミズシマやダイハツ、マツダに遅れをとっていました。

ベビー04.jpg

さてそこに登場したのがくろがねベビーです、設計者の太田祐茂氏は、オオタ自動車の創立者、太田祐雄氏の三男で、すでにオオタ自動車から独立して、自動車修理工場などを経営していましたが、東急くろがねが立ち上げた子会社「くろがね小型自動車製造」からの要請で軽トラック開発を引き受け、昭和34年、全日本自動車ショウでベビーを一般公開しています。

ベビー02.jpg 

太田祐茂氏はそれ以前にヤンマーディーゼルで「ヤンマー・ポニー」を試作開発していますが、ベビーはポニーとの共通点が多く見られるそうです、前は横置き半楕円リーフ、後はコイルスプリングによる4輪独立サスペンション、エンジンは縦置き水冷4サイクルで、オオタの4気筒エンジンを半分にしてOHV化したもので18馬力を発しましたがクランクシャフトにバランサーがないので振動が大きいことが欠点とされていました。

ベビー07.jpg

私が知っている「ひろしくんちのくろがねベビー」は振動よりも力のなさが印象に残っています、後世にはホンダN360のような高性能な4サイクルエンジンもありますが、その頃の軽自動車に2サイクルエンジンが多かったのはやはり当時の技術では2サイクルの方が簡易で高出力を稼ぎやすかったのでしょう。

ベビー03.jpg

ちなみに、当時のコマーシャルソングに「くろがねベビーの歌」というのがあったそうです、私は記憶にございませんが、作詞・作曲は野坂昭如・いずみたくでリリオ・リズム・エアーズというグループでレコーディングされたそうです、後半はあほだら経の節だといいますからいまで言うラップ調の歌だったかもしれません。

ベビー05.jpg

ベビーは発売当時の昭和35年には16,497台を生産してくろがね再起の起爆剤と期待され、ベビー量産工場として埼玉県に新工場まで開設されましたが、2サイクルのスバルサンバーやスズライトキャリーに追い打ちをかけられ、昭和37年にはその短い生涯を終えることとなりました。

ベビー06.jpg

しかし、くろがねベビーはくろがねやオオタの技術を受け継いだ最後の自動車として記録に残っています。

その後、東急くろがね工業は再建を果たし、ニッサングループに入り、「日産工機」としてスカイラインやフェアレディのエンジンを造っています。

ベビー08.jpg




ひろしくんちのくろがねベビー

 幼なじみのひろしくんともう一人の三人組はちょい悪中学生だったようで、担任の美人先生はちょくちょくひろしくんちの応接室に私たち三人を集めてお説教を説いた。
 もしかしたらそれが先生の楽しみだったのかもしれないが、その後の私を見てあのお説教に効果があったのかどうかは疑問だ。
 そのひろしくんち、なんでも度量衡機器かなにかを販売する会社をやっていて、その会社にくろがねベビーがあった。
image/_photos_uncategorized_2008_09_14_photo_7.jpg
 実はくろがねベビーについての資料はほとんど持ち合わせず、カメラで写したカタログ写真が数枚あるだけなので、私の記憶が違っている部分があるかもしれないが。

 東急くろがねというメーカーは、オート三輪のメーカーで、他社に先駆けて水冷エンジンを得意としていた、そしてそれは頑丈だという定評があったようだ。
 そのくろがねがスバルサンバーより数年早く(昭和34年)、先進の軽自動車を発売するのに空冷エンジンでは具合がよくなかったようで、水冷2気筒エンジンをリヤに積んでいたわけだが、これがサイフォン式と言う水冷方式で、ウォーターポンプを持たないで水温の差を利用する、つまり対流を利用して循環を行うという、これはT型フォードと同じだと先輩に教わった記憶がある。

 

 スバルサンバーもそうだが、リヤエンジンにすることで、キャビンとエンジンルームの間のスペース、つまり荷台の床を思いっきり低くできるという利点があり、また当時の法律ではトラックの荷台にきちんとシートを備え付ければ二人の乗車が可能だったので、こういう用途にも適していた、ひろしくんちのベビーもこのキャンバスワゴンというタイプだった、ところが。

 

 

image/_photos_uncategorized_2008_09_14_photo_8.jpg

 

 

 ある時、ひろしくんちの社員さんの一人が私たちをドライブに連れてってやるというので、三人は喜んで車上の人となった。

 このクルマの音を言葉で表現すると、エンジンは「ぎゅうぎゅう」排気は「ぱりぱり」、とこうなる。

 そして問題は東山ドライブウェーを登りの途中に起こった。

 

  坂道がいよいよ急勾配になったとき、もちろんこの360cc18馬力の軽自動車がトップギヤのまま上れるはずはないが、セカンドでもだめ、ローギヤでもいくらアクセルを踏みつけてもエンジンがうなるばかり、ついには止まりそうになる。

 

 私はこの時、「冷却水はだいじょうぶ?」などと生意気言った記憶がある。
 サイフォン式の、当時のラジエターキャップはときどき冷却水をオーバーフローさせることがあると言うことを自動車雑誌で読んで、知っていたからである。

 

image/_photos_uncategorized_2008_09_14_photo_9.jpg

 

 それにしても実際に異常がないのに馬力が足らずに坂を上らないという経験をした、またはそれに乗り合わしたという経験をした人は少ないと思う。

 

 そこで私はバックで登ることを提案した。もちろん1人の大人と3人の中学生がいろいろ議論をしたあげくのことだ。

 

 何しろその頃の東山ドライブウェーは有料だったのだ、途中で引き返すことなどもったいなくてできない。

 

 非力なくろがねベビーは見事、バックで将軍塚まで登り切ったのである。