2018年05月21日

コンソルソ・デレガンツァ京都2018 その弐

 今年は桜が早く咲いて4月1日にはすでに散り始めていましたが、時折花吹雪がちらちら舞い散る、普段は非公開の二条城二の丸御殿中庭に展示されたヴィンテージカーは、日本伝統の歴史的な元離宮の風景に溶け込んで、ヨーロッパのクルマ造りの素晴らしさを堪能することが出来ました。

 今回は1952年以降に作られた中で最も優れているクルマに贈られる(Late Cars from 1952)です。

1977年ランボルギーニカウンタックLP400

カウンタック.jpg

 この日同行した「セラ乗り」の友人はスーパーカー世代、カウンタック大好きで大人になった人です、子供のころ何かのイベントでカウンタックの前で撮った写真があるそうで、同じように大人になった姿を撮っていました。

 私はもう少し古いヒトですから余り興味がないのですが、ムカシ見た映画、たしか個人教授だったと思いますが、その中でナタリードロンの夫役ロベールオッセンが乗ってパリの街中を走行ったのが黄色いミウラだったので当時のスーパーカーで唯一印象に残っています。

 余談ですがナタリードロンの若き不倫相手となるルノーベルレーが乗ったのがあのソレックスでした。

 この日その友人とはこんな話で盛り上がったのですが、だれがきょうみあんねん、でしょうね。

 そういえばミウラも一般投票で最も得票数が多かったクルマ(People's choice)で受賞しています。

1971年ランボルギーニ・ミウラSV

ミウラ-01.jpg
 ランボルギーニの歴史を読むと面白いですね、波瀾万丈というかはちゃめちゃというかもっと詳細を知りたくなります。

 ランボルギーニの正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(製造小売業)です、ボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼという、なんだかクリスマスのスパゲティみたいな所にあります。

 創業者のフェルッチオ・ランボルギーニが戦後、軍が放出するトラックを民生向けに販売したのが最初です、そして1947年、自動車好きだった彼は小さなチューニングショップを開きます。

 そこでトラクターの自社開発に取り組み、モーリスエンジンを用いて排気熱で軽油を気化するシステムを開発します、これはエンジンを始動するときだけガソリンを使い、あとは安価な軽油で運転するというもので大ヒットしました、また1960年にはボイラーとエアコンの製造販売でも成功します。

 財を築いたフェルッチオは名車の収集をするようになります、ところがどの車も暑すぎたり、狭すぎたり、スピードが十分出なかったりと、とても満足できるものではなかったため、クルマの生産をし始めます、「助手席に座るレディのメイクアップが(汗で)落ちないような快適な車を作りたい」という動機でした。

 このころ愛車フェラーリのクラッチの欠陥見つけます、分解してみるとフェラーリのクラッチと自社のトラクターのクラッチが同じボーグ&ベック製のクラッチ板であったのです、しかも全く同一のパーツがトラクター用の10倍の値段で売られていたのです、「この商売は儲かる」と思ったフェルッチオは高級スポーツカーを造る決意をします。

 1963年トリノショーに出た350GTVは独創性にあふれたボディライン、上質なインテリア等で評価を得ましたが、GTとしての居住性や使い勝手で酷評を受けます、しかし翌年、改修した350GTを市販車の第一号として市販車メーカーの名乗りを上げたのです。

イスレロ.jpg
 ミウラの隣に展示してあったイスレロ

 その後も350GT、400GT、イスレロなどとFR 2+2スポーツカーは順調に販売しますが、1966年、ミウラを発表します、ベルトーネのマルチェロ・ガンディーニによる流麗なスタイリング、V型12気筒DOHCエンジンをミッドシップに横置きし、350馬力のノーマルでも最高速度300km/hのスーパーGTは大いに期待され、100件を越えるオーダーが殺到しました。

 しかしその時点ではまだハンドリングの欠点やノイズ、冷却の問題があり、生産を続けながら改良を続けるしかなく、再後期モデルのP400SVではリアサスペンションを大きく改良しました。

ミウラ-02.jpg

 フェルッチオは「ミウラはショー・カー」と考えており、生産中の車の販売促進の宣伝になれば良かったわけで、ミウラの当初の完成度はまだ試作段階だったわけです。

 結果、ミウラの生産台数は750台程に終わったそうです。

カウンタック02.jpg

 カウンタック(クンタッシ)はガルウィングドアだと言いますが、実はガルウィングドアは翼のように真横上開きなのです、カウンタックのドアは車体前方に開きますからハサミやジャックナイフの動きからシザードアというのが正しいのです。

 そして後方視界の悪さから、ドアを上に開け身を乗り出してバックするのをカウンタック(クンタッシ)・リバースと呼ばれるそうです。

カウンタック03.jpg

 これはV12 5000ccエンジンを縦置きにしてその前にギアボックスを置くというレイアウトの為に、しかもキャブレターをダウンドラフトにしたことにより後方視界が極端に悪くなった為だそうです。

 その縦置きで巨大なV12エンジンと前後ともダブル・ウィッシュボーンのシャシと、マルチェロ・ガンディーニの超近代的なボディ(とシザードア)を組み合わせたカウンタックLP500は1971年ジュネーブショーで発表されましたが、実際にエンジンをミウラのものに変えたLP400が市販されたのは3年後でした、その間にランボルギーニの経営は危機に陥っていたのです、ボリビアで起こったクーデターにより、大量のトラクター販売契約を破棄されたことでトラクター部門はフィアットに移譲、自動車部門の株式の半分をスイスの投資家に売却したのです。

 その後もオイルショックの影響やBMW・M1の委託生産契約を破棄されたり、と色々あってクライスラー傘下からアウディ傘下となり、現在はつまりVWの元で名前を残しています。

 カウンタックはウォルター・ウルフ・カウンタックやLP500Rという少数モデルもあります、その後LP400S・LP500S・5000QV・などと続きますが1990年25thアニバーサリーモデルを最後に生産を終えます。

 コンソルソ・デレガンツァ京都2018で展示されていたクルマは1977年のLP400ですからカウンタックとしては初期型150台の1台ではないかと思います。

続きを読む
posted by 健太朗 at 13:43| 京都 | Comment(0) | 外車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

コンソルソ・デレガンツァ京都2018 その壱

 去る4月1日京都二条城で開催されたコンソルソ・デレガンツァ京都を見に行ってきました。

 二条城の二の丸御殿の中庭に展示されたヴィンテージカー・クラシックカーは主にイタリアのクルマが多く、実に華麗で歴史的な元離宮の風景に溶け込んで夢のような世界に酔いしれることが出来ました。

 コンクールではコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステと、ペブルブルービーチ・コンクール・デレガンスという2つのコンクールの審査員と、日本と欧米のクラシックカー・ジャーナリスト、それに見物客の1票によって、芸術的、歴史的価値などを厳正に審査されたそうです。

 展示車を列挙すると約30台と言われますので割愛しますが、私が特に印象的だったのはまず国産車の2台、1960年ダットサン・フェアレディ1200と1952年ダットサン・フェートンです、今回展示された中で国産車はこの2台だけでした。

 今回の目玉となる1952年アルファロメオC52ディスコ・ボランテとこれをオマージュした現代の8Cディスコ・ボランテ、8Cは3台展示されていましたがどれも個性的でしかもC52のコンセプトが上手く表現されて、こんなもの手を出せるものではないのに思わず欲しいなぁなんて思いました。

 C52の方はその名の通り空飛ぶ円盤をイメージさせるユニークなデザインは、世界に1台しかないクルマだそうで、イタリアのアルファロメオ歴史博物館からこの日のために来日したと言うクルマです。

 まぁ私が気に入ったクルマはさておき、ここでは審査の対象となった1926年フィアット509デルフィーノから1977年ランボルギーニカウンタックLP400まで27台の内受賞した12台を私が撮った写真で順次紹介します。

 まず1951年以前に作られた中で最も優れているクルマに贈られる(Early Cars to 1951)

1946年フィアット1100フルアスパイダー

フィアット1100-01.jpg

 フィアット1100のシャシにカロッツェリア・フルアがデザインしたボディを乗せたスペシャルだそうで見事に美しいロードスターです。

フィアット1100-02.jpg

 フィアット1100は、1932年(昭和7年)から生産されていた508バリッラという油圧ブレーキなどを備えた近代的な大衆車として人気だったクルマのモデルチェンジ版で1937年に出たヌォーバ・バリッラといわれる500トポリーノを大きくしたような2ドア4座セダンで、ダンテ・ジアコーサが設計した508Cのことです。 
 このコンソルソ・デレガンツァにも出品しているフィアット1100SMMのシャシを使っているものと思われます。

フィアット1100SMM-01.jpg
フィアット1100SMM

 写真で見ると「ああ、どっかで見たことがあるデザインだ」くらいに思ってMG・A等を思い出したりしますが、実際に見ると正に個性的で美しいボディです、こんな素敵な曲線は手仕事でしか出せないでしょうね、と思いました。 

フィアット1100-03.jpg
フィアット1100-04.jpg



posted by 健太朗 at 11:46| 京都 | Comment(0) | 外車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

マーキュリー・クーガー

昭和43年、高度成長期のまっただ中、京都の呉服問屋が立ち並ぶ狭い室町通りはいま思うと異常なほどの賑わいを見せ、運送業者や悉皆屋のクルマで絶えず渋滞していました。

ついでですが私たち自動車屋も忙しく、残業は増えるばかり、月給はうなぎ登り?でしたかな。

室町でも勢いのある呉服屋さんは、一本東の大通りである烏丸通りにビルを建てつぎつぎと進出していきました、その中の一軒の呉服問屋の社長さんはそれまで乗っていたセドリックスペシャルに飽き足らず、アメ車の中級車、マーキュリー・コメットに乗り換えをされました。

コメット.jpg

マーキュリー・コメットはフォードの車ですが、リンカーン・コンチネンタルのようなフルサイズではなく、フォード・ファルコンの兄弟車です、と言っても全長5m近くありますから堂々として大きく、当時の国産車に無い大きさですから私たち新米メカニックには、狭い整備工場に入れると作業がしにくいと不人気でした。

ですからコメットの印象は、左ハンドルですのでうっかりしてると市電停留所の安全地帯にぶつかりそうになる、でした。


 そんな折、当時フォードの京都での販売店であった日光社の馴染みのセールスマンがマーキュリークーガーの新車を見せに来てくれました、その時もらったカタログはすべて英文ですから私には読めませんのでここには写真の一部分だけ掲載します。

クーガー01.jpg
クーガー04.jpg
クーガー05.jpg

クーガーはムスタングのメカを使って造られたスペシャルティー・コンパクトカーだと言いますがムスタングより3吋長いと言うことですからかなり大きなクルマでした。

クーガー03.jpg

 でも試乗すると、ぶつかりそうになる、どころか実にスポーティーで楽しいクルマだと思ったものでした、V8の大排気量エンジンがあの大きなボンネットを持ち上げるようにスタートするとそのまま、ガソリンを垂れ流すようにゴボゴボゴボッと速度を上げてゆく様は、国産車の小さいエンジンをぶん回して走行るのとは真逆の大国アメリカのクルマだと半ば悲観的にさえ思ってみたり、やがて日本にもこんなクルマが出来るのだろう、などと思ってみたり、複雑ですが楽しい気分だったのをこのカタログを見ると思い出します。

クーガー08.jpg
クーガー09.jpg

 しかし昭和45年頃スペシャルティーカーとして出現したセリカに乗って、ああこれがニッポンのスペシャルティー・コンパクトカーだとつくづく思わされてがっかりするやら逆に、これで()いいのだ、と嬉しさもこみ上げてきたり、これまた複雑な思いでした。

クーガー12.jpg
クーガー06.jpg






posted by 健太朗 at 16:12| 京都 ☔| Comment(0) | 外車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする