2010年02月24日

ノートパソコンのダイエット

CPUが壊れた、妹のパソコンの話を書いたが、もう一台、「起動に30分もかかる」というのんびりしたパソコンがあった。

NEC LaVie LL550という2004年製のAMD Duron 1.0GHzが載ったノートパソコンで、家内と妹が当時2台買うと安くなったというので同時に買ったものだ、それでも10万円あまりだったと記憶している。

 

Laviel

 

妹は最近同じNEC LaVieの新しいのを買って、こののんびりしたノートは既にご隠居になっていたものだ。

 

起動に30分もかかるというのは、ディスクトップにアイコンがぎっしり詰まっているのが一つの原因、バックアップをとったらここだけで2GBあった。

 

たった20GBのCドライブは90%使用になっている。

 

姪っ子が使っていたのだろうかゲームソフトや韓流スターの写真や動画がいっぱい残っていてむべなるかなの状態だった。

 

電話で確かめながらバックアップを取り直すと必要なものはDVD一枚に収まってしまった。

 

そしてこれらをことごとく削除、アンインストールするとたった2分で起動するようになった。

 

しかしメーカー製ノートは私たちが使う自作ディスクトップPCと違って、POST画面が極端に短いので、Duron 1.0と言えども2分は長すぎる。私のKalEl3世というC2DXPパソコンはおよそPOST20(RAODの為に5秒ほど長くかかる)XP35秒でほぼ1分で起動する。軽いソフトばっかりだがわんさか入っている状態でだ。

 

だいたい最近のWindowsXP2004年当時よりウイルス対策やその他のセキュリティー対策でSP2以降OS自体がメタボになっていて、Duronには荷が重い。

 

しかもたった256MBしかメモリーが載っていないのにアイドリングで300MGくらい使っている、立ち上がっただけでメモリーがあふれているのだ。

なおかつその状態でCPU100%フル稼働だ、何かのソフトが動いているに違いない。

 

そこで、この古いNEC LaVieは起動1分を目指して更にダイエットしなければならない。

 

まず、WordExcelそして筆王以外のアプリケーションは大胆にアンインストール、おっと失敗した、何かのソフトにNX PADというのが含まれていたらしくタッチパッドの反応が無くなった、これはリカバリーからやり直しだ。

 

ちなみにこのパソコン、リカバリーCDの作成にことごとく失敗する。ということはHDDからのリカバリーしかできないので、HDDが壊れたらおしまいと言うことだ、何らかの対策が必要だ。

 

気を取り直して再度リカバリー、出来るだけいらないソフトを削除して、ディスクトップはクラシックなブルー画面に、アイコンはゴミ箱だけ、アニメーション効果などのパフォーマンスを無効にする、常駐プログラムは最小限に、などのダイエットに努め。

 

NECロゴだけのPOST3秒を含めて初回起動が63秒、2回目は52秒となった。

 

そんな折、弟の所からQosmioという東芝の、壊れたノートパソコンがやってきた、次回はこの話を。

posted by 健太朗 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

CPUも壊れることがあるのだ

去年の暮れ、パソコンが壊れた、と妹からヘルプ。

 

さっそく見に行くと、スイッチオンでPOST画面の後、黒い画面におびただしい文字列、ここで停まるのだ、英語だからなかなか理解できないがよく見るとCPUエラーの文字が見える。

 

CPUが故障するなんて事は滅多にないことだ、CPUクーラーの取り付けが悪かったりしてオーバーヒートしたとしてもフェイルセーフ機能が働いて停まってしまうが、冷えたら又回復する、しかしこのパソコンは自作ではなくショップブランドなのだ、それにもう5年もトラブルフリーで使っているパソコンなのだ。

まぁ、5年たっているから仕方ないというならそうかもしれない。

 

そう、このパソコンは2004年のTOWTOP製だ、マザーボードはBIOSTAR P4M80-M7、当時の単体価格は6000円前後のものだが、Pentium4 630 3.0GHzHDD 120GB、モニターセットで10万円ちょいの価格だった、HDD120GBは当時としては大きい方だった。

 

その当時のPentium4530530J5316304製品がすべて3.0GHzで並んでいた、ハイパースレッディングや64bit対応などの違いだ、もちろん630が最新で最高値だ。

 

ところが、このCPUをはずしてみるとなんと531だった、531630では2次キャッシュが違うのでこの差は大きい。

 

Pen531

      531の文字が見える

 

 私も妹も記憶を確かめ合ったが、今更どうにもならないしどうせ違いがわからないのだから笑いとばすしかない。

 

 

で、ちょうど私の530Jが余っているのでこれに付け替えたら何事もなかったかのように起動した。

 

元のCPUクーラーは相当埃がたまってはいたが、これが原因といえるほどではない、なぜCPUが壊れたのか原因は不明だ、しかしCPUも壊れることがあると言うことを知った。

 

Pen531c

       ほこりがこってり

 

と言うわけだが、ついでに全部ばらして埃を払い、手持ちの余った古いパーツを使って組み替えることにした。

 

まずCPUが壊れた原因として唯一考えられるのはCPUに大きな電流が流れたことによるもの、電源ユニットかマザーボードの電源回路、マザーは手持ちがないのでそのままにして、電源は少しやかましいが初代Kal-elの慶安のケースに付属していたものがあるのでこれを使用、メモリーも512MBからノーブランドDDR400 512MB×21GBに増量、更にグラフィックボードもA-Open FX5200DV128LPという古いものをここに移植、オンボードよりいいだろうという想いだ。

 

これで良くなったと思ったら、なんとHDDがいっぱいになっている、120GBのうち30GBほどしか空きがない、いったいなにがそんなに詰まっているんだろうと探してみると、DVDをコピーした時の一時ファイルだ。

 

ひとつ4BG余りのISOファイルが20個もDドライブを占領している。即削除したことは言うまでもない。そしてディスクのクリーンアップ、ボリュームチェック、それにデフラグを実行、デフラグはなぜかWindowsXPのデフラグがすぐ停まってしまうので驚速デフラグを一時的にインストールして実行すると真っ赤だったのがほとんど青一色になった。

 

Pc

        これで完成

 

妹はCore2Duoを載せてWindows7を入れたがっているのだが、そうなるとマザー、CPUHDD1TBの早いものに換えるとなると安く見積もっても数万円かかりそうなので、せっかく速くなったこのマシーンをもうしばらく辛抱して使うよう説得した。

 

という次第である。

posted by 健太朗 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

Kal-El4世・グラフィックボード

 玄人志向、HD2600と言うグラフィックボードが手に入った。

05508015398
 久しぶりにPC雑誌の読者プレゼントに当選したのだ。
 神様は一番いい時期に必要なものを用意してくださるものだと喜んでいたのだが

 どうも様子がおかしい。

 

 立ち上がりに1分から3分、点滅を繰り返す、ドライバーDVDのユーティリティーが立ち上がらない、でもドライバーはインストールされたようだ。
その上メールアカウントがめちゃめちゃに狂ってしまった。
これってグラボに関係あるのかな。

  

 で、試しにKal-El3世のP5B-DXに挿してみると、これがまたきわめて順調にセットアップできてしまった。
 玄人志向のDVDにはちゃんとVistaの文字も・・・、だったら一体何と相性が悪いのかわからない。

 結局、これはKal-El3世で使うことにしてKal-El4世のGA-G33M-DS2Rには3世で使っていたASUS EN7600GSを使うことにした。

 

20060322_en7600gs_silent_3d 

    もちろん今現在きわめて安定、Vistaがさくさく使いやすくなったことは前回書いたとおりである。
ファンレス仕様だが現在室温22度C、スピードファンの表示で64度Cになっている。ちょっと高い目だが問題はない。

 

3世の方のHD2600の方は、ファンの音が非常にうるさい、温度は122度Cを指している。
 いくら何でもこの温度は信用できないがやっぱりどこかおかしいことには変わりないようだ。

 

 しばらく様子を見ることにする。

posted by 健太朗 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする