2011年08月16日

フリーズの原因がわかった

 最初はプチフリーズだった。


 今年5月の記事に我が愛機、Kal-El4世にフリーズや突然画面が消える症状があることを書いた、このときはWindows7そのもののプログラムの異常を疑っていた、またはSSDの異常も考えていた。でもよく思い出してみればプログラムドライブをSSDに換える前にも些細なプチフリーズはあったと思う。

 7月に入って風呂や台所などのリフォームで落ち着いてパソコンの前に座ることは少なかったが、それでもときおりこの症状はあったのだ。
 で、先日43のおじさんからコメントをいただいて私はIEが怪しいと返事したが、以前のように頻繁にパソコンを使うようになると、IEだけではなく他のソフトを使っているときにも症状が出るようになり、ついにファミリアロータリーの記事を執筆中にも画面が真っ黒になった。
 おかげであの文章は2回書いたのだが、どうも1回目の方が良かったような・・・。

 これは何とかしなくっちゃ、とばかりにいろいろやってみた、まずはハードからということでマザーボードのスロットや配線などの点検、特に異常はなく、ファンの回転、CPU、チップセット、メモリなどの温度も異常なしだ。

 SSDそのものを点検する術を知らないので、Windows7の修復インストールをやってみることにしようと思った、だがその前にすることはないか、と考え考えしているときにふとひらめいたのが、メモリ診断だ「そうや、Windows7には標準で付いてる」。

 コントロールパネルから管理ツールを開けるとWindowsメモリ診断がある、無駄でも良いからと思って試しにやってみたらなんと、始まって1分くらいで「状態 : ハードウェアの問題が検出されました云々」とメッセージが出た。

          Photo

 

 ビンコ゛!!

 Kal-El4世にはKing BoxのDDR2-800(PC2-6400)  2GBの2枚組をデュアルチャンネルで2009年3月から使っている、メモリ診断が始まってすぐにエラーが発見されたことから、1番スロットに挿してあるメモリが悪いのだと思うのだが、同じものを買い足して使うというのは相性問題の心配があるので得策とは言い難いのだそうだ。


 そこで以前Kal-El3世で使っていたノーブランドPC2-5300-512MB 2枚に付け替えたところ、現在までまったく症状は出ていない。

 まったくメモリーの性能というのはわからないもので、つまりメモリが遅くなっても体感的にはなにも変わらない、ただデスクトップガジェットのCPUメーターに付いているメモリ使用量のメーターがほとんど満タンになっている、メモリー容量1GBでは足りないのは明白だ。

posted by 健太朗 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

SSD ・ 半年

久しぶりに自作パソコンの話題。

 昨年11月、我が愛機にSSDを導入してWindowsの立ち上がりが速くなったと書いたが、あれから約半年がたって、さてさて今の感想を書いてみようと思い立ったわけである。

 いったいあれから我が愛機に何が起こっているかといえば、とにかくOSやアプリケーションの立ち上がりが速く、さくさくと動作する何をやってもスムーズなマシーンになったのだ。

 と、実は書きたかったのだが、事実は少し違う。

 確かにその通り、さくさく動くことがほとんどなのだが、時々とんでもなく辛気くさい「プチフリーズ」なるものが起こるのだ。
 例えば、私は毎日Webブラウザの画面の一部を個人的な記録として、Windows7に付属のスニッピングツールを使ってキャプチャするのだが、このスニッピングツールを続けて使った際に起こるプチフリーズ、通常はタスクバーにあるアイコンをプチッとすると瞬時に立ち上がるのだが、2回目か3回目には必ず10数秒も待たされる、はじめはわからないから何回もプチプチとクリックしてくちゃくちゃになってIEを再起動する羽目になったりしたが、ちょっと待てば良いということがわかると何でもないことなのだった。

 何でもなくないのが原因不明の完全な「フリーズ」である。

 これはWindowsそのものがフリーズしてしまうので強制終了するしかない、これが最近では数日から数週間に一度は起こっている、ただ、多くはIEで起こっているので大切なデータを失うような事態にはまだ至っていない。


 試しにDVDから修正インストールを実行したら、しばらくは直っていたのだが、最近またぞろフリーズするようになった。

 以前、43のおじさんから「 フリーズしたときの強制終了した時などに起こりそうな、電気的ショックとかでデータが壊れないのかが不安」との指摘があったが、強制終了したからデータが壊れたのか、データが壊れたからフリーズするのか、ここのところがよくわからない。

 更に悪いことにはつい先ほど、突然画面が消えるというトラブルに見舞われた。

 これはリセットボタンで再起動した後は何事もなかったかのようにさくさくと動いているので今この文章を書いているという次第だ。
 いずれにしてもちょっと爆弾を抱えてしまった我が愛機、Kal-El 4世、いずれ再インストールを実行する羽目になるかもしれないと戦々恐々の今日この頃である。

posted by 健太朗 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

切替機の故障

          Bskmra201main

                                  BSKMRA201

 しまった !! と思ったときはもう遅かった、うっかり電源を切ってしまったのだ。


 私のパソコンデスクの下には2台のタワー型デスクトップパソコンがある、名付けてKal-El3世とKal-El4世だ。


 しかし幅80センチのパソコンデスクにはモニター、キーボード、マウス、スピーカーはそれぞれ1セットしかない、ないというより置けないのだ、そこでパソコン切替機のお世話になる。
 そして、電源のコントロールはスイッチ付きのタップを使っている、待機電力というやつを節約するためだ、自作も含めてほとんどのパソコンはコンセントを指しておくとUSBやマウス・キーボードなどがいつでも使えるようになっている、設定を変えればこれらのデバイスから電源オンにできるようになっているのだ。


 けっこう私は保守的なけちんぼで、電源はスイッチで、いらない電気は消しましょう、という性格なのだ。
 だからスイッチ付きのタップを使っているのだが、このスイッチをプリンターと間違えてパソコンの方を切ってしまったのだ。

 

 まぁだいたい普通は電源を落としたからと入ってハードが壊れることはほとんどない、でもこの切替機は壊れてしまったのだ。


 こうしてパソコンを2台置くようになってから、もうかれこれ7-8年になる、つまり今まで使っていた切替機は古いのだ、それにこいつははじめから調子が悪く、うまく切り替わるかどうかはこいつのそのときのご機嫌による、ボタンを押して画面が切り替わってもマウスだけが認識されない、なんてことはしょっちゅうだ。


 よくまぁ長い間使ってきたものだ、と、これだけ悪口を書くのだからこいつのメーカー名は書かないでおこう。

 で、ヨドバシカメラが京都駅前の近鉄跡にできたのでちょっとのぞいてきてやろうと思って、クルマ出かけたが、なんと5000円の買い物をしなければ1時間500円の駐車場代を払いなさいという。

 なんだかなぁ、とおもったがそれならこの際、壊れた切替機を交換しようかと思って、
一応ネットで調べて某メーカーの4000円程度のものを選んでおいたのだが、ヨドバシではこれが5000円以上していたので、店員さんに相談したところ、バッファローの方が安くて信頼性があるという意味のことを遠回しにおっしゃる、のでこちらにすることにした。

 

 モニター、USBマウスとキーボード、それにスピーカーも切り替えられて手元スイッチ付きだ、これで4400円あまり、駐車場は5000円やし こまったな、と思って店員さんにそっと言ってみたところ。
 じゃあ、レジがすんだらもう一度ここへ来てください。ときた。


 結局2時間無料にしてくれた、なんて親切な店員さん、ありがとうと言って別れたが、余った時間、ぶらぶらしていたら他に5000円以上の買い物をしてしまった。

 

 今この切替機は私のパソコンデスクの裏でまじめにやってくれている、手元スイッチ(ぽちょっ)で確実に切り替えてくれるのが実にうれしい。

posted by 健太朗 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする