2011年12月19日

久しぶりの自作パソコン、でもローエンド

 10年近く使った妹のパソコン(TOW TOPのショップブランド)のCPUがこわれて、手持ちのPentium4 530Jを使ってリフォームしたのはもう2年も前だ、そのパソコンがまたまた立ち上がらないという。

               03


 今回もまたPOST画面の途中で止まってしまう、だがなんの意図もなく偶然F1を押してみると普通に立ち上がった。
 そこで一つずつデバイスを外して行くとFDDが原因であることがわかった、FDDを外して、例によってCドライブを徹底的に大掃除したら、Windows XPなのに1分足らずで起動するようになった。
 熱ぅい530Jも捨てたものではない、そしてBIOSTAR P4M80-M7というマザーボードもたいしたものだ。

 ところが、このパソコンのユーザーであるわが妹は、Windows7の最新型に作り直してちょうだい、ケースは気に入ってるから使って、ブルーレイを見られるようにしてほしい、ただし予算5万円、Win PCには3万円台で組めると書いてある。etc etc とのたまうのだ。

 そこで、次のパーツを選んでみた。

 CPU   インテルCore i3-2100 BOX品     9.310
 マザーボード  アスースP8H61-M LE REV 3.0     3.980 
 メモリ  CFD W3U1333Q-2G (PC3-1066)2GB×2      1.950
 BDDD  LG電子BH10NS38 BL バルク品      7.780
 電源ユニット  ケイアンBULL-マックス KT-F500-12A     3.960
 OS  DSP版 Windows 7 Home   13.800 
 カードリーダー   ノーブランド         880
 IDE-SATA変換アダプタ  イージーデラックスCB-IDEBSATA-02        980 

 価格はカードリーダー(店頭のワゴンセール)を除いて価格.comを利用した通販の価格だ、マザーボードはなぜか売り場の表示より安くなった、DSP版 WindowsはUSB3.0の拡張ボードとセットだ。
 全体としてはちょっとバランスが悪いようだが注文はクリアできるし、プリンターなどの買い換えにも対応できる。

 だがこれですでに4万円を少し超えているのにハードディスクがない、HDDはタイの大洪水の影響で価格が3倍にも高騰している、これだけは今買えないのだ。
 1TB1フラッタのものが理想だが、当面は手持ちの、日立320GBを長期貸与とする。
 古いHDDはまだ使えそうなのでIDE-SATA変換アダプタで繋いで 全自動バックアップ用として内蔵する。
 普通の場合、つまりIDEをIDE接続してデータ用にする場合ジャンパをスレーブにするが、変換アダプタを使った場合はマスターにしないと認識してくれない。

               02


 さあこれで組んでみてどうかというと、私のKal-El4世Pentium Dual-core E5200とintelの80GBSSDより少し劣るがまあまあさくさくした感じだ、まぁ私の感覚だから当てにならないが・・・。
 立ち上がりは1分弱、私のと同じくらいだ、ただしこのマザーはPOST画面が極端に短い、HDDを最新のものにすればもう少し速くなって特別重い仕事をさせない限り不満はないだろう。

posted by 健太朗 at 14:14| Comment(10) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

フリーズの原因がわかった

 最初はプチフリーズだった。


 今年5月の記事に我が愛機、Kal-El4世にフリーズや突然画面が消える症状があることを書いた、このときはWindows7そのもののプログラムの異常を疑っていた、またはSSDの異常も考えていた。でもよく思い出してみればプログラムドライブをSSDに換える前にも些細なプチフリーズはあったと思う。

 7月に入って風呂や台所などのリフォームで落ち着いてパソコンの前に座ることは少なかったが、それでもときおりこの症状はあったのだ。
 で、先日43のおじさんからコメントをいただいて私はIEが怪しいと返事したが、以前のように頻繁にパソコンを使うようになると、IEだけではなく他のソフトを使っているときにも症状が出るようになり、ついにファミリアロータリーの記事を執筆中にも画面が真っ黒になった。
 おかげであの文章は2回書いたのだが、どうも1回目の方が良かったような・・・。

 これは何とかしなくっちゃ、とばかりにいろいろやってみた、まずはハードからということでマザーボードのスロットや配線などの点検、特に異常はなく、ファンの回転、CPU、チップセット、メモリなどの温度も異常なしだ。

 SSDそのものを点検する術を知らないので、Windows7の修復インストールをやってみることにしようと思った、だがその前にすることはないか、と考え考えしているときにふとひらめいたのが、メモリ診断だ「そうや、Windows7には標準で付いてる」。

 コントロールパネルから管理ツールを開けるとWindowsメモリ診断がある、無駄でも良いからと思って試しにやってみたらなんと、始まって1分くらいで「状態 : ハードウェアの問題が検出されました云々」とメッセージが出た。

          Photo

 

 ビンコ゛!!

 Kal-El4世にはKing BoxのDDR2-800(PC2-6400)  2GBの2枚組をデュアルチャンネルで2009年3月から使っている、メモリ診断が始まってすぐにエラーが発見されたことから、1番スロットに挿してあるメモリが悪いのだと思うのだが、同じものを買い足して使うというのは相性問題の心配があるので得策とは言い難いのだそうだ。


 そこで以前Kal-El3世で使っていたノーブランドPC2-5300-512MB 2枚に付け替えたところ、現在までまったく症状は出ていない。

 まったくメモリーの性能というのはわからないもので、つまりメモリが遅くなっても体感的にはなにも変わらない、ただデスクトップガジェットのCPUメーターに付いているメモリ使用量のメーターがほとんど満タンになっている、メモリー容量1GBでは足りないのは明白だ。

posted by 健太朗 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

SSD ・ 半年

久しぶりに自作パソコンの話題。

 昨年11月、我が愛機にSSDを導入してWindowsの立ち上がりが速くなったと書いたが、あれから約半年がたって、さてさて今の感想を書いてみようと思い立ったわけである。

 いったいあれから我が愛機に何が起こっているかといえば、とにかくOSやアプリケーションの立ち上がりが速く、さくさくと動作する何をやってもスムーズなマシーンになったのだ。

 と、実は書きたかったのだが、事実は少し違う。

 確かにその通り、さくさく動くことがほとんどなのだが、時々とんでもなく辛気くさい「プチフリーズ」なるものが起こるのだ。
 例えば、私は毎日Webブラウザの画面の一部を個人的な記録として、Windows7に付属のスニッピングツールを使ってキャプチャするのだが、このスニッピングツールを続けて使った際に起こるプチフリーズ、通常はタスクバーにあるアイコンをプチッとすると瞬時に立ち上がるのだが、2回目か3回目には必ず10数秒も待たされる、はじめはわからないから何回もプチプチとクリックしてくちゃくちゃになってIEを再起動する羽目になったりしたが、ちょっと待てば良いということがわかると何でもないことなのだった。

 何でもなくないのが原因不明の完全な「フリーズ」である。

 これはWindowsそのものがフリーズしてしまうので強制終了するしかない、これが最近では数日から数週間に一度は起こっている、ただ、多くはIEで起こっているので大切なデータを失うような事態にはまだ至っていない。


 試しにDVDから修正インストールを実行したら、しばらくは直っていたのだが、最近またぞろフリーズするようになった。

 以前、43のおじさんから「 フリーズしたときの強制終了した時などに起こりそうな、電気的ショックとかでデータが壊れないのかが不安」との指摘があったが、強制終了したからデータが壊れたのか、データが壊れたからフリーズするのか、ここのところがよくわからない。

 更に悪いことにはつい先ほど、突然画面が消えるというトラブルに見舞われた。

 これはリセットボタンで再起動した後は何事もなかったかのようにさくさくと動いているので今この文章を書いているという次第だ。
 いずれにしてもちょっと爆弾を抱えてしまった我が愛機、Kal-El 4世、いずれ再インストールを実行する羽目になるかもしれないと戦々恐々の今日この頃である。

posted by 健太朗 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする