今度はKal-El.comと名付けました

  我が家の天井裏収納庫は私なりに整理整頓はしていますがこんなに荷物が多くなりますと、もはや整理をするより荷物を減らすことのほうが先決だ、と思って手を付け始めたところ、大量のパソコンパーツが気になって前に進めません。

 自作パソコンに手を出してからもう15年、その間に使ったお小遣いも〇〇ですが、もう使わなくなったパーツ類もたくさんあります。

 全部まとめて捨てればよいのですが、これが実は捨てるのも大変です、まだ箱に入って片づけてあるものもありますから分別から始めなければなりません。

 そこで思いついたのは、ケースに組み込むるだけ組み込んでパソコン本体として捨てる、という方法です。

 

      Kalelcom02_4Kalelcom01
                      古いケースに、     

                  Kalelcom01_2 外して置いてあったマザーボード、ペンティアムディュアルコアが載っています。

 

                     Kalelcom02_4                                           なんとここにビッグタイフーンなんか組み付けて、

                 Kalelcom01_3
  マザーボードにはファンレス・グラフィックスカード、それを冷やすためのファン、USBカードを付けて、後ろにはUSB端子とファンコントローラー、そしてHDDは3台付けてみました。

 

        Kalelcom_3         Kalelcom_5


  前面には光学ドライブ2台、FDD2台のうち1台はカードドライブ付き、USB端子付きカードドライブ、そしてファンコントローラーを付けるともう一杯です。
  後面はESATAと外部電源の端子、LANカ-ドなどで埋め尽くします。

 

  さあそれで、マザーボードとDVDドライブ、それにHDD、これだけ配線して試しにCMOSの日付と時間を合わしてWindows7をインストールしてみました。

 裸のままでは危ないのでWindowsディフェンダーをオンにしてWindowsアップデートをしてみました、するとどうでしょうほとんど自動的にアクティベーションを済ませて、よそ見している間に勝手にWindows10にアップグレードされてしまいました。
 そこでこのジャンクパソコンにKal-El.comと名付けました、.comは集大成(compile)で、私の自作パソコンの総まとめですね。

 今のところ捨てるはずのパーツを組んだジャンクのようなパソコンを使うつもりはありませんが、このHDDを使った新しい自作パソコンを組み立てることもできるわけで、なんだか楽しみが一つ増えたようです。

 とりあえずこれはパソコン1台として残しておきます。

 その他、捨てるものは、P5BDXマザーボードを始めPentum4・seleronCPU、ファンレスクーラーや電源、各種ボードなどいずれもWindowsXP・Vistaのころのパーツですから、全く役に立ちませんのでもう一つのケースに組み付けるというより放り込んで、廃品回収に出すことにしました。

 これで屋根裏収納庫の片づけに弾みがついたというものです

 

VAIOのHDDをSSDに換装

   今日もまたパソコンのはなしだ。

   この春買ったノートパソコンSONY VAIO、今ではすっかり私のお友達になっている。

   だがトラブルや不満も少しはある。

   6月にはVAIO・メモリ増設のページでレディブーストを設定するとUSBメモリが壊れる、というはなしを書いたが、その後も全く解決していない、エレコムのサポートに相談したら不良品だということで交換してくれた、2度目は相性問題だということで返品に応じてくれた。

   3度目、SONYにも相談してキングストンのメモリを使ってこれはうまくいったと思っていたら3か月もたってまったく同じように壊れてしまったのだ。

   私はエレコムに対して全くクレーマーになってしまった、申し訳ないことである。


   このVAIOで不満は起動やアプリの立ち上がりが遅いこと、メモリを8GBに増設して少しは早くなったが、それでもPentium Dual-core E5200よりCore i5-3230Mのほうが遅いというのは納得がいかない、べつに大した実害もないし不便もないがこだわりとはそういうものだ。

   で、この際、SSD換装を決意した、というわけだ。

Ssd03

   SSDはいろいろ考えた結果、前回のIntelはやめてコストパフォーマンスでサムスン850EVO250GBを選んだ、価格.comによると1GB/円が最新のSSDとしては最も安いということだった。

Ssd04

 

  TLCという方式は書き換え可能な回数がMLCより少なく、耐久性にかけるという定説になっているが、それでも計算上はパソコンを普通に使う限りパソコン本体より長持ちする、というサムスンの宣伝に乗ることにしたわけだ。

   換装はいとも簡単だった、SSDにはデータ・マジシャンというアプリが同梱されていて、これをインストールすると、HDDのプログラムとデータを丸ごとSSDにコピーできる、Windowsを一からクリーンインストールする必要がないのでこれは楽だ、それでも50GB足らずをコピーするのに50分ほどかかった、先日Windows 8.1をアップデートするのに2時間もかかったことを思えばこれは短時間だといえる。

   あとはVAIOの裏面のカバーを開ければ差し替えるだけだ、この点はVAIOの長所だ。
 はずしたHDDはWindows やリカバリーパーティションを残したまま安いケースに入れておけばデータ用外付けHDDになる。   

Ssd02                  HDDをはずして・・・

Ssd01_2                    これで完了

  それで、速くなったのか?、そう、はやくなった。

Hdd                     HDD

Ssd                                                            SSD

 マジシャンにはベンチマークソフトも付いていて、写真の通りだが、この数字が表わすほどの体感はない、だが、30秒から40秒かかっていたスタートアップがロック画面まで11秒、パスワードを入れてわずか3秒と驚くほどの速さだ、シャットダウンが20秒から5秒に、スリープからの復帰が1.5秒にになった、更にワード、エクセルなどが1秒以内で立ち上がり、アウトルックも1秒余りで同時に10通ほどのメールをダウンロードする、インターネットエキスプレスは0.5秒で2つのタブを表示する、さすがにフォトショップは5秒ほどかかるが、これで少なくとも何かを始めるのに、待つ、ということはなくなった、当初の目的は達成したというわけだ、目出度し×2.。。。

 

Windows8.1 スタートボタン

   VAIOにはVAIO Careというアプリが付いていて、ときどきVAIOの状態やアップデートの情報を知らせてくれる。

 そのVAIO CareWindows8.1へのバージョンアップを言ってきたので早速実行してみた。

 

Vaio_care_2

 

 Windowsは今までサービスパックという形で、主にセキュリティの対策を提供してくれたが、機能を強化するのはXPVistaに、また7から8にと大幅なモデルチェンジの時だけだったしそれには2年から4年の期間があった。

 しかし今回8から8.1に替わったのは市場の不評を受けて短期間で小改良し、しかも無料でアップデートの形でのバージョンアップだ。 

  それは何といってもスタート画面の使いにくさによるものだった、Windows8をタブレットで使うならこれでもいいそうだが私のようにPCでデスクトップを使うものには、そして歴代のWindowsから乗り換えたものにはスタートボタンがないのは実に使いにくいと思っていた。


1001_px450

 

 しょっちゅう使うアプリケーションはタスクバーにアイコンを並べておけばいいし、ノートパソコンの場合はシャットダウンしないでスリープから直接デスクトップを開くとか工夫次第で便利に使えるが、めったに使わないアプリを使おうとするとちょっといらいらすることになる。

 Photo               これはStart Menu8のスタートボタン

 

 そこで私は、Start Menu8というフリーソフトを使っていた、これは以前のWindows7などと同じようにタスクバーのスタートボタンをクリックすると上にスタートメニューが立ち上がるというもので、慣れているだけにたいそう便利なものだ。

 Win

 

 で、8.1になるとどうなるかというと、確かにスタートボタンはあるが普段は隠れているし、これをクリックしても現れるのは以前のスタート画面なのだ。

Windows81_2             こちらはWindows8.1のスタートボタン

 

 これならやっぱりStart Menu8を使い続けるしかないなと思った次第だ。

 

 しかしそのスタート画面自体は少し使いやすくなった、すべてのプログラムにあたるデスクトップのアプリが表示される画面への切り替えがボタン一つで出来るようになった、あとは多少意匠が変わったのとカスタマイズの方法が変わったようだ、でもあんまり使わないから…。

 

 サインインする前のロック画面が変わって抽象的な模様になった、これは画面右のチャームというメニューからカスタマイズできる、例えばデスクトップの背景と同じものにする、なんてのはどうだろう。

Windows81