スバルスポーツ

 スバルとトヨタが一緒になってスポーツカーを創るという。

 日本で一番個性的な車を作るスバルと、どんなジャンルの車にも対応できる技術と資本力を持ったトヨタのコラボレーションは実に楽しみだ。

 

         001

 

 

 

 

 

 

 

 そこでちょっと昔のスバルとトヨタのスポーツカーを紹介する。
 1961年の東京モーターショーに出品されていたスバルのリヤエンジンスポーツカーだ。
これはスバルサンバーのシャシとスバル450のエンジンを組み合わせたプラスチックボディのオープン2シーターだ、当時で言うならFIAT850スプリントのようなクルマだが、50年近く昔のこととは言え、空冷2サイクル450ccエンジンと、軽トラックシャシが 本格的スポーツカーといえたのかどうか、と思うのだが、この年の自動車雑誌から拾い読みすると。

 「東京モーターショーに多数のスポーツカーが発表になったことは我が国の自動車社会の健全な発展のために喜ばしいこと」
 と前置きした上で、「 馬力辺り重量は17.4HPで」「これではせっかく軽量のプラスチックボディを採用した意味もない」
 とこき下ろし、「スタイルは人目を引くには十分であるが、フロントのオーバーハングの長すぎるのはちょっと気になる」


002 
「この鼻先の長さは日本名物の悪路にはちょっと無縁かもしれない」が「スバルスポーツがpoor man's Abarth(?)として、日本の道路を走り出す日も近い」
「その将来はかなり注目すべきものといえよう」と締めくくっている。

 この Abarth のスペルは間違っているようだが、poor man's Abarthとは、直訳すると「貧乏人のよりどころ」というほどの意味らしい。


003_2

 

 スポーツカーにpoor man's をつけて「心情的スポーツカー」と読ませる記事を読んだことがあるが、やはりこのスポーツカーに本気で期待する人はいなかったようだ。
 これ以後スバルスポーツの話題は聞かないのでやはりこれは単なるショウ向けの試作車で終わったようだ。

 だがおそらく水面下ではいろいろな試作車やスポーツカー構想もあっただろうが、このスバルスポーツの開発が発展的に続いていたら、例えばポルシェのような、例えばミニ?フェラーリのような、そんなスポーツカーが出来ていたかもしれないと考えると、うきうきするようなロマンではないだろうか。

 同じ'61年のモーターショーにトヨタもスポーツカーを出品しているのでこの次はそれを紹介する。

 

スバルの誕生日

 今日、3月3日はスバルブランドの50周年になるそうだ。
http://response.jp/issue/2008/0303/article106454_1.html
 この記事にある写真のこの部分、これが何かというと、フリクションダンパーというショックアブソーバだ。


Photo_9  

 今は普通ショックアブソーバというと筒型の細長い形をしている、これは竹の水鉄砲のような構造で、液化ガスの抵抗によって衝撃を和らげているのだ。
 一方フリクションダンパーは、グリスに浸かったドラムブレーキのようなものだ、シューとドラムの抵抗によって衝撃を和らげている。

 この方式を使っていたのは初期のスバル360だけだが、外国ではいくつかの例があるらしい。

 私が乗っていた360もこの方式で、時々グリスアップをしてやらないと、あのふわふわてんとう虫がぎこちなくなり、ついにはぎしぎしと歯ぎしりのような音を出す。

 むかしのクルマは故障じゃなくても手間がかかったのである。 

幼なじみのてんとう虫・その後

Gud_rhj9



 
スバル360というクルマは私の自動車大好き人生の中でもっとも印象に残る一台である。

 幼なじみのてんとう虫以後もいろいろと360には関わりを持つことになった。
 コンテッサの父ちゃんの車もそうだが、他の遊び仲間の360ではよく夜のドライブに出かけた、お互いの彼女と4人でだ。


 1962年のマイナーチェンジ後の360は性能も上がって格段に丈夫になっていたのだ。当然だが、それはあの逢坂山の上り坂も苦もなく登っていった。
 それから自動車屋の先輩のクルマはエンジンを450ccに改造していた。スバル450は6速ミッションだがこれは3速のまま、びっくりするほどよく走るクルマであった。もちろん違法なのでよい子はまねをしないように。

 「ハービー」という映画ではVWカブトムシのハービーが人間のような性格があって、幾度もマギーのところに戻ってきて、ついにレースに優勝する。

 現実はそんなドラマのようではないが、あのてんとう虫を売っぱらってから数ヶ月たったある日曜日、例の遊び仲間の360でぶらぶらと京都市内を流していた。
 東山泉涌寺の辺りで、横着な二重駐車をしているクルマをぶつぶつ言いながら追い越しざま、ふとその白いクルマを見ると何か懐かしさを覚えた。
 それは間違いなくあの幼なじみのてんとう虫だったのだ。白く塗り替えられてはいたが私にはわかるのだ。ナンバーが変わっていなかったので間違いない。
 と思いながらその360を眺めているうち、私はどうやら3重駐車をしていたらしい。悪いことに後ろにはパトカーが・・・。

 更にそれから数ヶ月たったとき、高校の先輩のガンさんが、ふらりとクルマに乗って立ち寄ったそのクルマを見て驚いた。 


 なんとあの幼なじみのてんとう虫だったのだ。


 そのときはナンバーは変わっていたが、私にはわかるのだ。同じ種類の犬を見ても飼い主にはわかるのと同じだ。

 どや、さすがのおまえもこれはよお運転せんやろ。

 と言う言葉を尻目に、あの横エッチのチェンジレバーを膝でこつこつやりながらすたすた運転したものだから、クルマ通のガンさんも目を白黒させていた。


 そしてそのとき、あのリヤシャフトのことことという音を私は確かに聞いた。