2009年09月10日

9月11日、という数字の話

 少年問題を扱うある機関誌に、9月11日奇談として、次にような記事があった。

 曰く「9月11日は1年の第254日目に当たる。2,5,4の和は11となり、9,1,1の和も11となる。9月11日以降の1年の残り日数は111日ある。
 倒壊したニューヨークの貿易センタービルの2棟は11に見え、衝突した最初の旅客機は11便だった。
  テロに関係する「New York City」「Afghanistan」「The Pentagon」の3語はすべて11文字。
  この特記された特徴には何か意味があるのか・・・云々」

 なんだかこじつけたような気もしないでもないが、この記事では、二度あることは三度ある、13日の金曜日、4号室の病室、と同じように人それぞれの思いがあるが、これを意味なしと喝破してよいものだろうか、として、21世紀の人類はスピリチュアルな世界に無関心であってはならないことを教えている。と言っている。


 20世紀の終わり頃、銀河系の星々が一直線に並ぶ、とか、十字に並ぶ、とか、そのときに人類が滅亡する、いや次元上昇して平和になるとか、それがいつだったか忘れたがその時期を過ぎても何事も起こらなかった。

 そういえば、ノストラダムスの大予言は、1999年7の月に空から大王が降ってくるとか、これも何事も起こらずに過ぎてしまった。

 しかし、現在世界中で起こっている出来事、いや、人間がやっていることを見てみると、地球という星が、果たして永遠かどうか、疑問に思えてくる。

 人間を初めとして有りとしあらゆるものに寿命があるように、地球にも、
また人類という生命体にも寿命があるのだろうか、だが人類自らが人類滅亡の種を創っていては、これは寿命とは言えない。

 

  人類が 「永劫に持続可能な文明」 というものを築くことが出来るのだろうか。 
  

 もしもわれわれが、持続可能な文明を築きたいのなら、人類の想念の中から、そして人類が使う言葉の中から、「憎悪と報復」 を追い出して、「愛と感謝」 に変えなければならない。


 その方法はスピリチュアルな世界にこそ、あるのではないだろうか。

posted by 健太朗 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

長崎の鐘

        ノーモア被爆者

         こよなく晴れた 青空を
   悲しと思う せつなさよ
   うねりの波の 人の世に
   はかなく生きる 野の花よ
   なぐさめ はげまし 長崎の
   あゝ 長崎の鐘が鳴る

  新しき朝の光のさしそむる  荒れ野に響け長崎の鐘
 

   安らかに眠って下さい,過ちは二度と繰り返しませんから


     Yes, We  can !

    私たちには出来る。
  絶対に出来る。
  必ず出来る


    核廃絶

  私たち人類には 絶対に出来る。

posted by 健太朗 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

自動車関係諸税

 ジャフメイトの10月号に自動車関係諸税の一般財源化を考えようという記事があった。

 そこで私のクルマは一体どれくらいの税金を払っているのかと言うことを少しだけ考えてみた。

 私のラウムはこの2月に新車をおろしてまず消費税、取得税と重量税を払った。
 このうち重量税はこののち車検ごとに払うことになる。
 そして自動車税は毎年払う。

 揮発油税はガソリンを入れるたびに払う、その際消費税も払うが、これは二重課税の部分がある。

 私がこのラウムを10年間、8万Kmを走るとして次のようになる。
 まず購入時の消費税、89,410円。
       取得税、75,800円。
       重量税は56,700円、
 これは車検を4回受けるのでかける5で、    283,500円 となる。
 自動車税は年間、34,500円、10年で、     345,000円 となる。

 次に揮発油税だが、8万キロ走るのに必要なガソリンの量は、今年2月まで乗っていた旧型ラウムは10年間で81,667キロ走って9,575リットル消費したのでこの数字をとる。
 ガソリン1リットルにかかる揮発油税は、53.8円。
これに9,575をかけると、515,135円となる。

 ガソリン価格、今週の全国平均は162円、これは税込み価格だから消費税は、1リットルあたり8円、これに9,575リットルをかけると、
76,600円 となる。

 まことに大雑把な計算だし、10年の間には変わることもあるが、全部足すと、私がラウムのために10年間で支払う税金は、       1,385,445円 となった。

 こんなに税金を払うのだ。
 この税は道路特定財源となる。そしてこれは私にとってばかでかい数字であるが、これで1mあたり1千万円といわれる高速道路を造ると約14Cmしか造れないのだ


 この財源を一般財源化しようなどの議論をしている政治家先生方は、何億何兆という数字をもって議論しておられるのだが、その税を払う私たちは紙切れ一枚、1円でも節約して払っている税金であることを忘れて欲しくないと思う次第である。

posted by 健太朗 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする