マイ・ブーム クラシックカーディーラーズ

 セラに乗っている友人が貸してくれたDVDは、CS放送のディスカバリーチャンネルで放送している「名車再生! クラシックカー・ディーラーズ」と言う番組の録画でした。

この番組はイギリスのAttaboyTVの制作で、原題は「Wheeler Dealers」クルマ販売=自動車屋です。



32419_014.jpg


マイクと言ういわばディーラー役がメカニックのエドにレストアを託して販売し、「少しでも利益が出れば御の字です。」とドキュメント風のタッチで描くものです。

とにかく古い車を修理や補修、時には改良、改造までして現在の法律や規制、道路事情に合わせて、そして売れそうなクルマしてしまうプロセスを、レストア作業の内容を細かく描くところが面白く、CS放送が受信できない私は友人にせがんでつぎつぎに借り出して見ています。


モーリス・マイナーやMGAなどは私も携わったことがあるオースチンと同じエンジンが載っていますし、ダットサンはこれのコピーと言ってもいいほどのエンジンがあります。

またシトロエン2CVはパブリカUPを想い出し、シボレーステップサイドという50年代のトラックはセドリックのプッシュロッドエンジンと同じ造りです、またBMWFIAT500などは私もいじくった経験がありますから自動車屋時代に仕事が懐かしく、「あゝ俺と同じやり方や」などと思いを巡らせて夢中になって、まさにマイブームというところです。

それにしてもイギリスやアメリカではこのようにレストアするためには、いろいろな専門業者があるもので、70年代のモーリス・マイナートラベラーの木製ボディをオリジナルと同じに造ったり、VWシングの幌など簡単にできてしまうのですから驚きです。

日本ではそんな儲からない商売をする人など、まれでしょう。


そこで、このDVDをパソコンでダビングしようと思ったところ、これがどのソフトを使ってみてもダビングできません。

これはダビング10と言う規制によるものだそうで、ビデオレコーダーでHDDに録画した場合それをDVDにダビングは出来ますが、そのDVDをさらにダビングすることは出来ないことになっているのです。

その信号を回避するには、アナログ機器を使うかよほど古い機械を使うしかないようです、いずれにしてもこれは無理な相談ですね。

と思っていたら、YouTubeにはいくらでもアップされているし、アベマTVでもディスカバリーチャンネルが見られるのです。まったくどうなっているのでしょうね。

パソコンで見られるものは簡単に録画できますが、こんなに自由に見られるならまったくダビングする必要は無いし、それよりダビングして何度も見るほどのヒマはないとあきらめた次第です。

あれから1年たちました

  大晦日の夜、紅白歌合戦が終わるころ、近くの氏神神社にお参りしました。

 

  午前零時から始まる「歳旦祭」今年もよろしくと祈願し、鏡樽から御神酒をいただき、境内で搗かれたつきたての紅白のお餅をいただき、そして奉納太鼓の腹に響く音がやんだら近くのお寺から聞こえる除夜の鐘の音に惹かれるようにその鐘楼をめざします、そしてこの一年の四苦八苦を忘れよとばかりに力いっぱい梵鐘を撞くのです。

 

  毎年迎える年越しの我が年中行事ですが、今年は格別な気がします。

 

  去年の今頃、まだ病院暮らしでリハビリを頑張ってたんや。

 

  そんなことを想いながら鐘を撞くと、まるであの頃が遠い昔のような、懐かしい思い出のような気さえします、でもあのカーテンに囲まれた狭いベッドから見る天井やリハビリ室でのやるせない想いをまだ忘れ得ない自分がいるのです。

 

  そんなことを、この一年の四苦八苦として、鐘の音が忘れさせてくれたらいいな、と思った瞬間でした。

 

  しかし殊勝なことを言うようですが、病気になってからこの一年で学んだこと、それは「感謝」です、当たり前の言葉ですがこれが当たり前に思えないのです。

 

  この一年、何度も想ったのは病院から勤め先のデイサービスへ電話をした時のこと、「みんなで待ってるから」と施設長が言って下さった、そのひとことがすべての始まりだった気がします。

  その頃まだ手足が動かないどころか頭がちゃんと働かなくて、毎日使っていた携帯電話でさえ使い方がわからない、何度も失敗しながらやっとかけた電話、まわらないロレツと泪声で私が何を言ってるのかわからなかったと思うのですが、私には施設長のその一言がうれしくて、もったいなくて、それが励みになって、早く帰りたいと思う一心でリハビリを頑張る気になりました。

 

  あとはもう、一つひとつあげればきりがありません、友人知人への感謝、医師の先生、看護師、療法士、ほか病院スタッフへの感謝、それに家族への感謝、そして神仏や運命といった目に見えないものへの感謝です。

 

 この「感謝」を胸に今年一年もまた たくさん笑える一年 にしたいと思っています。

メダカの兄弟

 まったく調子に乗って熱帯魚の話ばっかり書いているが、ここまで来ればもう一話うちの奥方が飼っているメダカの話をしなくてはなりません。

 2年前の春先、京都駅近くでランチをしたあと地下の雑貨屋で見つけたのが水盤のような形のしゃれた水槽、家内が気に入ってこれにメダカを数匹入れたのがはじまりだ。
メダカといってもマーサというさかな屋で熱帯魚のえさになるはずのかわいそうなメダカさんだ。
少しばかりの水草を浮かべて、涼しそうだが丸い水槽は横から見るとメダカさんが大きくなったりゆがんだり、これじゃストレスがたまるでぇ、などと言っていたら案の定、最初の夏は水温が上がってしまったこともあってみんな☆に。

 2回目の夏は小さなすだれで日よけしたらこれが功を奏してほとんどが無事に夏越した。それどころか少し卵を産んでこれが孵って、ホコリに目玉を付けたようなかわいい赤ちゃんが泳いでいた、しかしメダカさんの親も子供や卵を食べてしまう習性があって、うちの奥さん、これは大変だと稚魚をスプーンですくって他の容器に移した。
これで安心していたが、夏、気温が上がると水温も同時に上がってしまってこの夏も悲しい結果になった。

 そして今年の夏の話だ。
 親たちの方はちゃんと去年の夏を越したのでいま、5匹のメダカさんが例の丸い水槽で泳いでいるのだが、これが調子よくぽこぽこと卵を産み付けるものだからうちのメダカ飼育係は見つけたらスプーンですくって別の容器の水草にくっつけていたら、またまた調子よく先のものから順に孵化していく、稚魚を見つけたらスポイトで吸い上げて今年は大きな水槽で育てることにした、100均で見つけた台所用の洗い桶である。

                    Photo


 涼しい場所においていたら先日来の猛暑にもなんのその、二つの洗い桶に私など老眼鏡をかけなければ見えない程の小さな赤ちゃんがうようよ泳いでいる。
 メダカ飼育係はスポイトで吸い上げるたびに数を数えていたらしく、その数なんと、600を越えているというから驚きだ、死亡率は1割以下だそうだ、そして未だ増え続けていると言うから、「熱帯魚のおやつに少しちょうだい」といったら怒られた。

 それにしてもこれがみんな育ったら洗い桶をあといくつ買ってきたらいいのやら、家中メダカだらけの夢を見そうな今日この頃である。