2010年04月26日

自動車重量税が安くなった??

 自動車に関するニュースはいろいろなメディアから毎日チェックしているつもりではあるが、やはり現場を離れるとついつい見逃してしまうこともある。

 自動車重量税のニュースがそうだ。

 民主党のマニフェストでは重量税、自動車取得税、ガソリン税などの暫定税率が撤廃されることになっていたが、いつの間にかそれは見送られることになったらしい、しかし重量税だけはこの4月からすこし安くなっている。

  新しい税率は、自家用乗用車の場合、車両重量0.5tにつき年間5000円、これまでの暫定税率では6350円だったので21%軽減されたことになる、例えば、重量が1tから1.5tの小型乗用車の場合、車検の時に2年分で3万円支払うことになる。いままでは3万7800円だったので、7800円安くなった。


 しかし本来、重量税は0.5tにつき年間2500円なのだ、本則税率という。つまり後の2500円は公約違反の暫定税率だ、まだ2倍の負担を強いられているということになる。

 自動車のオーナーはこのような、政治とカネの問題?、にも充分気をつけて貴重な一票を投じなければならない。


 ちなみに、軽自動車は年間4400円から3800円となった。

 
 そしてハイブリッド車やクリーンディーゼル車などの「次世代車」と言われるクルマの場合は暫定税率が撤廃されたかたちとなって、例えばプリウスの場合、2年分の税額は1万5000円となる。

 どこかで「エコ」という言葉が空耳のように聞こえくる。

 ついでにエコカー減税の話。
 エコカー減税で重量1.5t以下の自家用乗用車の重量税(3年分)は「75%減税」のエコカーだと1万4175円だったのが1万1200円となるが、その差は2975円とほんのちょっぴりだ。
 公約違反を誤魔化されているようでなんだか「いらいら」しませんか。

 もう一言。
 重量税はもともと、道路特定財源として創設された税なのだ、それが2009年度から一般財源となっている。

 それならと民主党の公約である暫定税率撤廃に期待したのだが・・・。



posted by 健太朗 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

犬好きのキャリーバン

 まぁこれは比較的最近の話だが全く迷惑な話だ。


 わりに綺麗なキャリーバンを下取りした、これも繊維関係の会社で使っていたものなので、ちょっとくらい汚くても掃除をしっかりすればいい中古車になるとたかをくくっていたのだが・・・。

 

 なにしろ京都の呉服業界の不況は凄いもので、好景気な時には運送屋のトラックなどで混雑していた室町通りが、今や烏丸通りの抜け道になっている。
 このキャリーバンを使っていた会社の社長も暇なものだから、何とか言うかわいいわんちゃんと遊んでいるうちに大型犬が欲しくなったとかで、数ヶ月前からゴールデンリトリバーのでかいやつを飼っているという。
 で、この犬を運動させるためには街中ではだめなそうで、どこかの公園までこのキャリーバンに乗せてゆく。

 

 これがなぜ迷惑かというと、におい、である。 臭い、匂い、ニオイ・・・・。


 クルマに乗り込んだとたん、うぅっ、息を詰めたくなる臭い、こんな凄い臭いでも不思議なもので毎日犬と接している飼い主にとってはくさいとは感じない、くさいどころかいい香りなのだから面倒だ。

 

 私は犬は嫌いではないし、ご近所のわんちゃんはいずれも私によくなついてくれるが、自分で飼ったことはないので、犬になめられることも犬の鼻をなめることも好まない。
 もちろん臭いも全くいやなのだ。

 だからこんな凄い臭いのするクルマを中古車として小売りすることは出来ない、クレームが付くに決まっている、と考えるのだ。

 

 そこでまず、車室内の簡単にはずせるものはすべてはずす。

 マット、シート、内張、カバー、等々である、これらを洗剤でよく洗ってよく乾かす、それからダッシュボードにカバーを掛けて室内全体を洗剤でよく洗ってよく乾かす。

 これらは比較的シンプルな商業車だから出来ること、これが乗用車だったら以前紹介した、水浴びをしたマークⅡ、のように大変なことになる。

 とはいえこれでも結構大変な作業だ、3日ほどかかってすっかり臭いが無くなった、とはいかなかった。

 こびりついた臭いは、どうしても消えてくれない。
 だがシートなどに鼻をくっ付けてくんくんやっても洗剤の臭いがほんのり香るだけだ、マットもダッシュボードもそうだ、でも閉め切ったドアを開けたとたんに匂ってくる。
 どこに臭いの元が潜んでいるのだろうか。

 

 そうこうしてるうちになんとこのクルマに買い手が付いた、納車日も決まった、時間がない。

 ファブリーズというものがあるそうな、ものは試しで使ってみた。
 臭いが消えた。


 明くる日出勤してドアを開けたらやっぱり匂った。
 納車日、ファブリーズを一本使い切って納めた。

 

 一月たってもユーザーからクレームは来なかった。
 そこでこちらから、調子はどうですか、と訪問してうかがった。

 なんと、そこで私が見たものは。

 ガレージに置かれたキャリーバンの中から、2匹のジャーマンシェパードが私を威嚇するようにバウワウと吠えていた。

posted by 健太朗 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

クラシックカーラリー


 火曜日、我が家の近くにクラシックカーがやってくるというので、御室仁和寺へカメラ一台って出かけた。

 

05

 

 これはクラシックカーで各地の文化遺産を巡りながら保護を訴える「ラリーニッポン」という催しで、4日前に東京を60台でスタートしたというのだが、仁和寺にゴールしたのは53台という事だった。

 それでも古くはブガッティのタイプ22か35だと思うが1920年代の名車から私の好きなMG はMタイプ、TDミジェット、TFそれにMG A、フィアットは600アバルト、ジャガーXKやタイプEなど、国産ではトヨタ2000GT・フェアレディにホンダS800と、とてもここには書ききれない素晴らしいものを見せてもらった。

 

08

(御室の東門をくぐるMG TDミジェット)

 これほど多くのクラシックカーをいつもの見慣れた景色の中で見られるのは滅多にないこと、クルマ好きには夢の世界だ。

 

07

          (アルファロメオ)

 

09

          (BMW)

 

02

     (ACエース ドライバーは東儀秀樹さん)

 

03

         ( MG A)

 

06
         ( トヨタ2000GT)

 

04

         (本来、車が走る場所ではない)

 

 ただ、参加者の一人は   「クラシックカーや、世界遺産という歴史あるものを大切にすることの素晴らしさを多くの人に感じてもらえたのでは」  などと話された、とニュースサイトで読んだ。

 だが、それは確かにそうだろう、クラシックカーを守る文化意識は日本ではまだまだ低く、一部のお金持ちの道楽なのだ。 しかし、

 

01_3

  ( ここに自動車が入るのは、今上天皇行幸以来のこと)

 しかし御室境内の参道は普段、じゃりを踏む足音と少し前ならまだ虫の声が聞こえる静かな場所、参道の脇にはいろいろ珍しい種類のサクラの木が植わっているところだ、サクラは土壌が硬くなるのを嫌う植物だ、滅多にその苔むしたサクラの根元に踏みいる人はいないはずなのだ。

 だが、この日ばかりは砂利道をすっかりクラシックカーに占領されて、見物の人はこれらのサクラの木に登らんばかりに寄りかかってカメラを構えている。

 あぁあ、とため息が漏れた。いったいなにが大切なのだろう。

posted by 健太朗 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする