2016年08月10日

機械遺産 その1

  先月25日、一般社団法人・日本機械学会からスバル360が機械遺産に認定されたと言うニュースが入ってきました。

                                         36001

 8月7日は機械の日だそうで東京大学で認定表彰式が行なわれたそうです。

 機械遺産とは、歴史に残る機械技術遺産を保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に、日本国内に現存する機械技術面で歴史的意義のある遺産を同学会が認定するもので、平成19年より継続的に実施され、平成27年度を含め83件が認定されています。

 日本機械学会のことはよく知りませんがこれは2016年度分として指定されたものだそうで、他に岩手県の松川地熱発電所など7件が認定されているそうで、どうやら最新の機械技術ということではなさそうです。


             36002  

             
 でも大好きなスバル360が遺産認定されたニュースに接すると私はとても嬉しいです。

 調べてみると平成19年にマツダの10A型ロータリーエンジンが認定されて以来、自動車に関連する認定も数々あって興味深く感じました、そこで歴代の機械遺産、中でも自動車関連についてちょっと調べてみようと思います。

 

36003

 

 まずまずスバル360-K111型ですが、このblogのどこかに書いたように、昭和30年、通産省が発表した国民車構想に呼応して当時の富士重工(現、株式会社SUBARU)の百瀬晋六氏を主査に開発され、昭和33年3月3日発表されました。

 33年と言えば東京タワーを思い出します、東京タワーは昭和33年と高さ333mとぞろ目ですが、360はデビューの日付がぞろ目ですね。

 時代は高度経済成長期まっただ中、スーパーカブやソニーのトランジスタラジオが発売され、チキンラーメンを食べて第一回ウエスタンカーニバルでロカビリーに熱狂した頃です。


             36004


 そして軽自動車としては最初のヒット作となりました(当時の規格は全長3m全幅1.3m排気量360cc)、昭和33年から45年まで実に40万台弱が生産されたと言います、そのスタイルから「てんとう虫」というニックネームも生まれ、また「マイカー」という言葉が産れたのもスバル360からです。
 でも大卒初任給が1万3千円ほどの時代、最初のスバル360は52万5千円でした。


          36007


 最初に製造された初期型60台の内1台は群馬県のスバルビジターセンターに保存されています、初期型はフロントバンパーが二分割でボンネット後方のカウルベンチレーターもなく、ボディは少し角張っている感じがします。


          36006


 私が乗っていたのは35年型ですが既にずいぶん改良されていたようで、カウルベンチレーに加えてドア窓ガラスはスライド式で三角窓がありましたので、ごーごーと風が入ってきました。


             B


 360ccエンジンは16馬力、ミッションはノンシンクロの横H式パターン、ダンパーはフリクションダンパー、シートフレーム・ホイールキャップ・ヘッドライト枠などはアルミニューム製などなど、今から思えばユニークな点をあげればきりがありませんが、あの小さな車体にひろびろ室内は特筆もので、主査の百瀬晋六は180cm超の長身で脚も長かったそうで、またエンジニアの室田公三は背は低いが座高が高く、二人がダミー人形を使わず自分たちの身体でテストした、という伝説が伝わっています。


         36005


 また、それ以前の軽自動車の強引な縮小版ではなく、4人乗りミニカーのためのデザインという大前提がスバル360の信条であり機械遺産として高く評価された理由でもあるのではないでしょうか。

 今回、スバル360が日本機械学会から機械遺産として認定されたことで、機械技術面で歴史的意義のある文化遺産として大切に保存し、次世代に伝承して行けるのではないでしょうか。

posted by 健太朗 at 13:53| Comment(3) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

燃費について

 前回、ギャランの話の冒頭、燃費のお話を書きましたが、スズキも国が定める測定法によらない走行抵抗値で型式指定を受けていたとかのニュースが入りました。

 

 e燃費で実用燃費データを集計したランキング「e燃費アワード」の総合部門でこの3月、スズキアルトが24.3km/Lで優勝したばっかりです。

 そのアルトのカタログには37km/Lと書かれているのです。

 前回も書いたように、もともとカタログデータなんてものは信用できない数字なのですから、もしもスズキが測定をやり直して2kや3k少なくしたとしても、実用燃費との差は依然大きなものです。

 こんな状態で計測のやり方やわずかな数字の操作、もちろん規定外の測定だったことへ不快感や疑念がありますが、とばっちりを受けた従業員や下請けは大きな迷惑ですよね。

 

 昨日のmsnのニュースにこんなのがありました。

 アメリカのEVメーカー・テスラモータースが発売予定のモデル3に、40万台もの予約が入ったというのです、これは日産リーフが5年間かけて積み上げた販売台数だそうです。モデル3の価格は3万5000ドル、日本円で390万円、リーフの約320万円とほぼ同クラスだといいます。

 問題は満充電での航続距離で、モデル3がアメリカ基準で350㎞、リーフは日本基準で280㎞。これだけ見るとあまり変わらないようですが、日本基準の280㎞はJC08モードのつまりカタログデータ、これはお国が決めた測定方法でのデータであって、現実的には170㎞くらいということです。

 一方アメリカでは、350㎞走れると謳って走れなかったら即裁判沙汰だそうで、ですから実際にモデル3が走れる数字と思われます。

 

 実はリーフも、アメリカでは航続距離170㎞と謳っているのです。

 

 このニュースの記者はさっそく日産本社より最新鋭のリーフを借り出し、航続距離のテストをしたそうです、満充電にしてリーフのスイッチを入れた瞬間、メーター上の航続距離は「225㎞」と表示されたそうです、いきなり280㎞-55㎞、看板に偽りありですね、結局、時間の都合ですこし「計算上」と言うことになったそうですが、航続距離は、やはり「170㎞前後と思われたのであります」、ということですが、これを日産自動車広報部に問い合わせたところ「良い電気自動車をご提供できるよう、鋭意開発中です」とのコメントだったそうです。

 

 アメリカでは裁判沙汰ともいう燃費データも日本では、最新鋭のEVでさえ40%もの誤魔化しがまかり通っているのです。

 だったら日本でも170km/Lだと言えばいいじゃないですか。

 e燃費JC08モード燃費達成率ランキングでは90%以上を達成したクルマも沢山ありますが。

 

 もちろんメーカーにも非がありましょうが、国にもユーザーにももっと考えてもらわなければならないことがあるのではないでしょうか。

 私のアクアもJC08モード37km/L、実用燃費23.13km/Lで達成率62.51%です、やはり40%もごまかされています、大きな声で言いましょう、これは不満です。

 

 せっかくインターネットが身近にあるのですから、e燃費のようなサイトでは沢山の人が投稿して、実態がないはずの実用燃費が平均的な(実態のある)数字として出ているのです、この実用燃費の数字をサイト名とデータの日付を明らかにした上で、カタログデータにしたらいいのではないでしょうか。

 

posted by 健太朗 at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

久しぶりにワックスかけをしました。

 

  先日この暖冬のおかげでちょっとやる気を出しまして、固形ワックスをかけてみました、それで、やっぱりこれが一番と思ったのです。

 2年前に病気をして以降、右手の力が充分でなかったこともあってか、クルマの掃除が億劫で洗車もワックスかけもさぼっていて、ラウムも最後は薄汚れたままでした。

 アクアになったら、少し濃いブルーですから汚したままと掃除をした時の差が大きく見えます。

 そこで、楽してきれいにしたい、なんて考えて、おそうじ楽々グッズをいろいろ試してみました。

 

 以前、DYIショップで買ったウエットシートが使いやすかったので、ソフト99のフクピカを使ってみました、これは△です。以前使ったものはぞうきんの代わりのようなものでしたのでざっと汚れを落とすだけでしたので、しかも前のラウムは薄色でしたので使いやすかったのですが、濃いブルーのアクアに洗車せず拭くだけでワックスの効果を期待するようなウエットシートはちょっと無理ですね、汚れと反応して白いワックスむらが出来ます、でも洗車してからフクピカを使うと空拭きをしないワックスのように使えます。

 次にシーシーアイのスマートミスト、という液体コート剤を使ってみました、これは洗車した後、ぞうきんにしみこまして拭きあげるというものですが、結構ツヤもでるし、持ちも良いのでこれは○です、雑に使ってもむらが出ないのが良いのですが汚れた塗装面にコート剤を使うのは良くありません、そしてお値段がちと高いのが庶民向きではないのです。

 

 今回は思い切って時間をかけ、ソフト99のハンネリでさっと汚れを落とし、クリンビューのイオンコート・ナビワックス・超ツヤ耐久という固形ワックスで仕上げました、これはもう何年も前から使っているもので、少し硬くなっていましたがムカシの固形ほどではなく拭きとりやすくてスカッときれいになりましたし、雨の後もサッと拭けばきれいになります。

 やっぱりずぼらせずに昔ながらのやり方が一番良いと思った次第です。

 

 ついでに窓のおそうじグッズも。

 ガラコ・ウエットシート、これは×です、ウエットシートですからガラスはピカピカになりますが、撥水が十分ではありません。

 この手のガラスコート剤は、以前から元祖レインXの液体ボトルタイプを使っていますが、やっぱり研磨剤入りのガラスクリーナーで汚れ落としをしてからレインXをティッシュにつけて丁寧に塗りこむのがいいようです。

 

 プロスタッフの窓ふき上手、これもウエットシートですがこれは○です。窓の内側を拭くのに適しています、弱い界面活性剤が入っているようですので曇り止め効果もあります、ぞうきんで水拭きするように窓を拭いて余ったら内装にも使うといいでしょう。

 曇り止めにはトヨタ純正のガラスクリーナーリキッドを使っています、これも古いものですが重宝してます。

 

 かなり以前にこのblogでやる気があったらどんなワックスでもいいよ、とにかくやってみなはれ、てなことを書いてますが、今の時代いろいろ使ってみて自分に合うものを探し出すのがいいようですね。

posted by 健太朗 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする