2020年03月16日

足のいいやつ・カリーナ

カリーナ1600SPDX.jpg


 1970年(昭和45年)は万国博覧会が開催された年です。

 しかしこの年は激動の年で、「時代が一つ変わったな」と感じた年でもありました。

 三島由紀夫が市ヶ谷駐屯地で割腹自殺を図り、赤軍派による日航機「よど号」ハイジャック事件、デビ・スカルノ元インドネシア大統領夫人がパリに逃亡し、またボーイング747ジャンボジェット機が就航、トミカの国産車ミニカーがヒット、世界初の缶入りコーヒーや電子ジャーなどの画期的な家庭用電化製品が次々と発売されました。

 そして昭和30年代からの高度成長期は膨らみ、鉄道の無煙化によりD51蒸気機関車が引退し、デゴイチさよなら運転では東京駅を新幹線と同時に出発する姿がカラーテレビで見られました、また世界中を熱狂させたビートルズがポールマッカートニーの脱退で解散しました。

 そんな年の12月、セリカとともにカリーナが登場しました。

カリーナGT02.jpg

 和製ムスタングとも揶揄されたセリカのセダン版として登場したカリーナは、カローラとコロナの間を埋める小型スポーツセダンでありまして、「足のいいやつ」というキャッチコピーはそのキャラクターを象徴してアクション俳優の千葉真一がコマーシャルに出演していました

カリーナ1600スーパーデラックス.jpg

 シャシはセリカと共通で前ストラット、後4リンクリジットとハンドリングに注力した先進のメカニズムを採用していました、まだコロナもカローラもクラウンでさえ後ろはリーフスプリングの時代に、です。

 エンジンもセリカと同じT型1400cc1600ccでしたが、後には2T-G1600ccツインカムや3T型1700cc、それにR型2000ccツインカムのGTも用意されました。

カリーナ05.jpg

 当時のトヨタ車にはなかったスポーツセダンというより「スポーツを忘れないセダン」といった立ち位置だったと思います。

 私の印象ではRT40コロナの落ち着いた乗り心地と違って、また初代カローラの軽快なフットワークでもない、どこかばたついた未完成な仕上がりに思えたことを覚えています。

カリーナ06.jpg

 またT型エンジンも、この頃から始まっていた排気ガス対策のせいか、重苦しくかったるい印象が晴れないエンジンだったように思います。

しかしこの初代カリーナのセールスは好調で45年12月から52年8月まで7年間、モデルチェンジなく71万台あまり販売されたベストセラーなのです、トヨタにはこういう隠れたベストセラーが多くあるから面白いですね。

 思えば素っ気ない長方形のグリルに丸形4灯ヘッドライトを埋め込み外側ロービームだけ四角い枠をつけて角形に見せる小細工はちょっとユニークに見えるし、縦長方形のテールランプも赤一色で個性的だし、もうなくなりつつあった2ドアセダンもスポーティーで魅力的ではありました。

カリーナバン01.jpg

 ボディタイプは後に2ドアハードトップや3ドアリフトバッククーペ、そしてバン、ワゴンも追加して、コロナ以上のバリエーションになりました、という割には街で見かけることが少なかったかな、と思うのです。

カリーナGT03.jpg

 私の自動車屋でもマイナーチェンジ後の1600GTを一台売ったにすぎないクルマでした。

カリーナGT04.jpg

 そしてモデルチェンジして昭和50年代の2台目3代目は少し売れましたが、「クルマに個性がなくなったなあ」と思わせる第一人車だ、と思っていたら4代目ではコロナと統合されてしまいました。

カリーナGT01.jpg























posted by 健太朗 at 11:48| 京都 ☁| Comment(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

タケちゃんのセリカ

 表題のタケちゃんは仮名であるが、私の妹の亭主です。

 現在はちょっとした病気で臥せっているが、現役バリバリの頃は、私のような職人ではなく京都の伝統産業である、きもの、を扱う室町の会社で、京都でも一二を争うような成績を上げる営業マンでありました。

 そのタケちゃんが社内恋愛で妹と結婚した頃、乗っていたのが初代セリカなのです。

1970トヨタセリカGT東京モーターショー.jpg
1970東京モーターショー

 セリカは昭和45年、大阪万博の年に発売されたノッチバック・クーペで同時に登場したカリーナと車台を共通しています。

 特徴は他のスポーツタイプのように高性能エンジンを積んで足を固めるだけではなく、スペシャリティ・カーとしてどんな顧客にも最適な仕様のクルマが仕立てられように「フルチョイス・システム」を採用したところにあります。

 昭和45年といえば日本は高度成長期の真っただ中にあり、急速にクルマが普及した時代で、人々の生活レベルが向上してクルマが生活需品になりつつありました、また若い人たちにも個人で車を所有できるような社会の雰囲気が醸成されようとしていました。

 そんな中にあって、実用的なクルマの使い方よりドライブの楽しさや自分好みの車を所有する満足感を求める人々が増え、これに刺激を受けた日本車各メーカーは、スカイラインスポーツやシルビアなどのクーペを開発していました。

 またアメリカでは1950年代のサンダーバード、60年代にはムスタングがヒットを飛ばしていて、ここからスペシャリティ・カーというジャンルが生まれたのです。

 その波に乗るようにトヨタは昭和44年第16回東京モーターショーにEX-1というコンセプトモデルを出品しました。

1969トヨタEX-1.jpg
EX-1

 そしてこれを現実のものとした国産初のスペシャリティ・カーがトヨタ・セリカでありました。

1119078.jpg
初代セリカ

 セリカのデザインはほかのどのクルマにも似ていない、それこそスペシャルな2ドアの2+2クーペであってEX-1そのままの個性的な美しさは、素早く当時の若者に受けいれられ大ヒットとなっていきました。

1119079.jpg

 個性的なデザインとは逆にシャシは前述のようにカリーナ4ドアセダンと同じ前ストラット後4リンクリジット、前ディスク後ドラムブレーキと極めて普通でしたが、代わりに販売にはデイリーオーダーシステムによって、1400cc~1600ccの4種のエンジンや4速・5速MTと3速AT 、その他車体色や内装、それにオプションなどフルチョイスシステムによって100万とおりともいわれる自分だけのクルマが作れるようになっていて、価格も57万円台から100万円前後までと幅広い選択ができたということです。

1970トヨタセリカGT東京モーターショー_0003.jpg
シンプルなET

 ま、現実にはこのシステムをフルに活用した人は少なかったようでして1-2年の間になくなってしまったようです。

 タケちゃんのセリカも普通にSTというコータイズブルーの2TB1600ccOHVツインキャブレターエンジンの5速MTの仕様でした。

1970トヨタセリカGT東京モーターショー_0004.jpg
1600GT

 そのかわり、このような普通の乗用車のようなクーペに満足できない人のために1600GTやGT-Vまたリフトバックが用意されるようになりました。

1970トヨタセリカGT東京モーターショー_0001.jpg
1970東京モーターショーSV1
後のセリカ・リフトバック

 普通の乗用車とはいうが、900kgに満たない車体を1600cc2キャブのエンジンと5速MTで走らせると、それなりにスポーティなクルマだったとの記憶があります、軽いクラッチとシフトやアクセルの操作感は、この頃のトヨタ車に共通の扱いやすいさがあったと思います。
 また親戚兄弟が集まってみんなで出かけたドライブやレジャーでもタケちゃんのセリカは今でも好印象が残っています

1970トヨタセリカGT東京モーターショー_0002.jpg
LTというグレード










posted by 健太朗 at 17:24| 京都 ☁| Comment(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

カタログコレクションから・カローラ70

 令和元年になりました、どうかこの時代が令く和ぐ時代でありますように。

 令和の第一回はクラシックカローラのお話です。

カローラ70-01.jpg

 昭和54年に発売された4代目AE71カローラに初めて乗ったときの第一印象は、歴代カローラで一番乗り安い、というものでした。

カローラ70-02.jpg

 視界の良さ、シートの座り心地、細かくなったリクライニング、ハンドルの握りやすさ、軽いクラッチ、アクセルペダルの倍率、前輪ディスクブレーキの効き味、そしてエンジンの滑らかさ、細かく言うときりがありませんがそれまでのカローラと較べて全体的に造りがよくなったという印象でした。

カローラ70-04.jpg

 しかし昭和63年に自家用として乗ったAE91・6代目カローラは遙かに進化していましたから、この印象はあくまで昭和52-3年当時のお話です。

カローラ70-06.jpg

 つまり、カローラは日々進化、否モデルチェンジ・マイナーチェンジの度に進化し続けてきて、初代KE10から数えて現在のカローラスポーツは12代目になるのです。

 5代目のE8系から前輪駆動になって乗り味も少しく変わりましたので、4代目のE7系までをクラシックカローラと位置付けます。

カローラ70-03.jpg

 でもどうでしょう、カローラと聴いて何の取り柄もない、そしてつまらないファミリーカー、おじさん車だと思っている方も多いでしょう。

カローラ70-05.jpg

 たしかに私もカローラを話題にするのはちょっと難しい、と思います、それはカローラに飛び抜けた特徴がないからでしょう。

 80パーセント主義などといわれたのはこの4代目E7系の頃からではなかったかと思います、しかしこの80パーセント主義と言うのは充分魅力的なのです。

カローラ70-07.jpg

 特別性能がよいということもない、スポーティでもない、その代わり故障しない、整備性が良い、誰にでもその持てる性能を引き出し、安全に走行ることが出来る、これぞ大トヨタのクルマ、ちょっと言いすぎかもしれませんがこれがカローラの魅力なのです。

カローラ70-08.jpg

 「そりゃおまえがおっさん、いやじいさんやから」という声が聞こえてきそうですが、4代目カローラが世に出たときは私はまだ30代でしたよ。

カローラ70-10.jpg

 日本の自動車がまだ今のように完成された機械ではなかった時代に、自動車屋になってそれなりに苦心してきたものにとって、昭和も50年代になるとどこをとっても平均的なクルマは実に扱いやすい機械であって、扱いやすい商品でもあったのです。

カローラ70-09.jpg

 キャッチコピーは『いい友、誕生』。2・4ドアセダンの他に2・3ドアクーペ、3ドアリフトバック、2ドアハードトップ、そして3・5ドアライトバン、3・5ドアステーションワゴンと多様なラインアップが有り、エンジンもK型OHV1300、A型OHC1500、T型OHC1800、それにT型DOHC1600、さらにC型ディーゼル1800と揃え、ミッションも4・5速MTと2・3・4速ATと多彩に用意し、サスペンションはリア、リーフ・リジットと4リンク・コイル、これに車体色を組み合わせると数百通りのモデルが出来ると言われました。

カローラ70-11.jpg

 また、マクファーソンストラットや全車ディスクブレーキ、それに4灯ヘッドライトの採用もこの4代目70シリーズからで、この後の小型ファミリーカーに大きく影響を与えました。
























posted by 健太朗 at 14:14| 京都 ☁| Comment(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする