2020年09月04日

カタログコレクションから・ダットサン1000

 ダットサンという名の由来は有名ですが、あらためて話すとそれは日産自動車の前身である快進社の時代の話です。

 橋本増治郎氏が大正3年(1914)完成したクルマにダットカーと名付けました、それは支援者であった、田・青山・竹内の頭文字のD・A・Tを頂いた、と言うことでした。

 その後、ダット自動車製造となって、DATの息子という意味でダットソンとしたのですがソンは損に聞こえるということから、太陽の意味のダットサンに改められたのが昭和7年のこと、販売会社ダットサン商会の吉崎良造氏が命名したといいます。

 さて、戦後の話ですが当初、戦前型のシャシに木工の骨組みを組んでボディパネルを組み付けていたダットサンも、昭和30年には戦後型のニューモデルを発売します。

 それがこのダットサン乗用車110型です。

ダットサン110.jpg

 エンジンは戦前型の直列4気筒水冷 2ベアリング、 サイドバルブ860 cc・25馬力でしたが、シャシは新設計、前後固定軸のリーフスプリングで悪路での耐久性を重視したレイアウトは、特にタクシー会社からの評価が高く、見てる間に町中にあふれるように増えていったと言います。

 私など、小学生でしたが、ダットサンのピッチングとルノー日野のローリングと、両極端の走りを興味深く見ていた記憶があります。

 しかし当時、日産自動車製は関東方面へ出荷され西日本へは三菱重工の前身、中日本重工製が販売されたそうで、こちらは雨どいがルーフパネルを一周する「鉢巻」と呼ばれる車体だったそうですから、私が見ていたのは恐らくその「鉢巻」の方だったのでしょうか。

 また、戦前のダットサンはブレーキとクラッチの間にアクセルペダルがあったそうですが、この110から近代的なレイアウトに代わったそうです。

 ですから近代の日産車はオースチンをきっかけに、このダットサン110から始まったと言えるのでしょう。

 そして昭和31年「日本の貧乏を肯定した健康的なデザイン」というなんだか馬鹿にしたような理由で毎日工業デザイン賞を受賞しています、日本の戦後復興10年というのはそういう時代だったのです。

110 04.jpg

 さてさて、今回掲載するカタログ写真は昭和32年(1957)モデルチェンジしたダットサン1000乗用車210型のカタログです。

110 01.jpg

 ボディデザインは同じですが、エンジンはOHV 988cc 34馬力のC型ストーンエンジンに換わります、このエンジンは昭和27年からイギリスBMCオースチンをノックダウン生産していた、そのオースチンA50ケンブリッジのBシリーズエンジンのストロークを縮めて小排気量化した、いわば即席改造エンジンなのですが、ダットサンをはじめとするその後の日産車に活用され、昭和40年代後半まで小型車用主力エンジンとして活用された優れもののエンジンなのです。

110 03.jpg

 この手法を提唱したのは、当時、技術指導のために日産に招聘されていた、ウィリス・オーバーランド社のアメリカ人、ドナルド・ストーンというエンジニアで、すでに日産で開発を始めていた1000ccのスクエアエンジンを没にしてまでの計画でしたのでその名もストーンエンジンと呼ばれるのです。

 このモデルチェンジはこの年登場したトヨペット・コロナST10型に対抗するもので、ST10はサイドバルブですが 987cc33馬力であったのです。

 なんだか昭和41年のサニー1000とカローラ1100の話に似ていますね。

110 02.jpg

 上の解剖写真の説明が時代を感じさせて面白いですね。

 特に、「寿命が長く、明るさ満点のセミ・シールド前照灯」、時代はこの後シールドビームに変わり、平成の時代には矩形ヘッドライトが主流になってセミシールドに戻っています。

「ボディーを安全に保護する強靱なバンパー」、この強靱なバンパーというのが乗員を安全に保護しないというのが現在の常識のようですね。

「クッション良く、耐久性強い5.00-15-4Pのタイヤ」、5.00はインチ表示ですのでタイヤの幅が127mm、しかもバイアスタイヤです。

 他にも12ボルトバッテリー、ウォーム・ローラー・ステヤリング・ギヤー、シンクロメッシュ式トランスミッション、吊り下げ式ペダルなどなど懐かしいフレーズが並んでいます。

110 06.jpg

 blogのどこかに書いたかもしれませんが、ダットサンには若い頃の楽しい思い出があります。

 私がコロナRT20に乗っている頃、先輩のガンさんが乗っていたのがダットサン。エンジンが掛からないというのでボンネットを開けていろいろチェックしたあげく、クランクハンドルでエンジン始動、ここまでは当時よくある話ですが、ここからが変でした。

 さあ、と言うことでボンネットをバタンと閉めると、助手席ドアがガタンと勝手に開いた、えっなんで?、私が開いた助手席ドアをバタンと閉めると、運転席のガンさんが、わっ、、クルマの中を覗くと運転席の背もたれが後ろに倒れてガンさんがわめいている。

もうみんなで大笑いをしました。

110 05.jpg

 もうひとつ嘘のようなほんとの話を。ガンさんと二人でやった遊びです。

 砂利をひいた広場でコロナとダットサンで頭を付き合わせて、それで押し相撲をやるんです、後ろのタイヤは砂利を飛ばしてスリップします、相撲はどっちが勝ったかって、そりゃあ車体が重いコロナに軍配でした。

 分厚い鉄板で作ったメッキバンバーを前後にぶら下げていた時代のクルマだからこそ出来たことですが、いったんバンバー同士が離れて二たびぶつかるような事があるとダメージになりますから、そりゃあ真剣に遊んでいましたね。
















posted by 健太朗 at 21:40| 京都 ☀| Comment(0) | ニッサンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください