2020年05月10日

クラウン65周年

 クラウンが65周年だそうです。

RSD001.jpg

 思えば私も65年前にはもう自動車大好き少年でしたから、クラウンが生まれた時から見てきたことになります。

 初代クラウンの話は「駐車場のクラウン」で幼馴染みとのエピソードとともに書いていますが、今回はカタログ写真などを見ながら話をしましょう。

RSD002.jpg

 外観のデザインは正に当時のアメリカ車のデザインを参考に(模写)したような・・・。

 4285×1680×1525・1500ccは現在のカローラよりかなり小さいサイズですが、小型車5ナンバー枠いっぱいの高級車でした。

 あえてこんな画像を添えてみました。

オールズモビル.jpg
1955年オールズモビル88セダン
トヨタがこれを真似したわけではない
でもコロナにもちょっと似ている

 でも当時のアメリカ車で観音開きドアは珍しく、60年代のリンカーン・コンチネンタル以外に私は覚えがありません。

画像3.jpg
リンカーンコンチネンタル

 初代トヨペット・クラウンRSが発売されたのは昭和30年(1955)1月、「外国車依存か国産車育成か」の議論の中、日野・いすゞ・日産のノックダウン組に対して、国産技術で勝負するトヨタが総力を挙げて開発、発売したクルマです。

 それでも戦後10年に満たない当時の日本の道路整備が追いついてなかったので、クラウンと同時にトラックの堅牢さを備えたマスターというタクシー用の乗用車も発売するという用心深さを示しました。

マスター.jpg
マスターRR型

 ところが昭和31年、朝日新聞社が「ロンドンー東京5万キロドライブ」を約8カ月間かけて敢行し、大偉業として国内外から大きな賞賛を浴びたのです。

RSD003.jpg

 このようにクラウンの堅牢さが証明でき、またタクシー運転手からの要望もあって、マスターはたった2年ほどで役目を終え、以降マスターラインという商業車として活躍することになりました。

 エンジンはクラウン以前のスーパーから踏襲したトヨタ新鋭のR型4気筒頭上弁式1453cc55馬力スクエアタイプ12ボルトシステムです、このエンジンは今ならかなり旧式のエンジンに見えますが、なかなかの優れもののエンジンで、1953年から1993年まで採用されています、もちろん初期と最後期では全く違うエンジンだと言ってよいほど新化していますが、基本形のR型がすぐれているからこそクラウンを始めマークⅡ1600GT果てはトヨエースやランクルに至るまでいろいろなクルマに使われてきたのです、正にトヨタを代表する傑作と言えるエンジンなのです。

RSD004.jpg

 私もマイカーとして2代目のRT20トヨペットコロナに3年間ほど乗りましたが、使いやすさでは国産車トップクラスだと思います。


RSD005.jpg

 この時代のカタログにはこのような画像を見かけることがありました、上のモノクロ画像は悪路で車輪の揺れに対して乗員はほとんど揺れないことを表現しています。

RSD006.jpg

 豪華なシートと内装。最近はいかにも化学繊維を使ったシート地が多いのですが、この時代は高級毛織りを使っているかビニール張りか、でした。

RSD007.jpg

 ラジオはまだ真空管式でスーパーヘテロダインという高性能な受信装置を使っています、押しボタンで5局選択できますが鮮明に聞こえるラジオ局が5つもありませんでした。(少なくとも京都では・・。)

 最高速度は110km/h登坂能力1/3、スクエアエンジンといながらボア/ストロークは77×78、55馬力時の回転は4400rpm10.5のトルクは2600回転で出すのですから、高速道路が出来る前のクルマはこの性能でよかったのでしょう、時速60kmでおそらく3000回転近く廻ったでしょうから、今のクルマの静かさとはレベルが違うのでしょう、当時としては静かで穏やかな乗り心地だったのです。

RSD008.jpg

 ところでトヨペットという車名ですが、戦後初の小型車(SA型乗用車、SB型トラック)の愛称は一般からの公募で決められたそうです。

 そしてトヨペットは販売店名にもなっていきます、クラウンは当初、東京トヨペットで販売されたそうですが、後にトヨタ店が全国に出来てこちらで販売するようになりました、また大阪では大阪トヨペットと大阪トヨタが社名を交換したそうです、これが平成18年にことだと言うから驚きですね。

 ちなみにトヨペット・クラウンは昭和46年(1971)4代目になってトヨタ・クラウンに変わっています、そして最終は、昭和53年(1978)6代目コロナが、車名をトヨペット・コロナからトヨタ・コロナに変わって、トヨペットの車名はとうとう消滅しました。

 トヨペットでもトヨタでもどっちでもいいじゃないか、とのたまうことなかれ。車検証の車名欄にはクラウンではなくトヨタまたはトヨペットと書かれているのであります。














posted by 健太朗 at 18:03| 京都 ☔| Comment(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください