2020年01月19日

カタログコレクションから ダイハツ オート三輪

 私が運転免許を取ったのは16歳の時、360cc時代の軽自動車免許でした、その頃の法令では満16歳以上でとれる軽免許で乗れるのは第一種原動機付自転車(50cc以下)、第二種原動機付自転車(125cc以下)、軽自動車そして自動三輪車でした、自動三輪車は自動三輪免許をとらなければ乗れないはずなのになぜか私の免許証には自動三輪も記されてました。

D3T 02.jpg
写真は昭和37年のカタログから

 ちなみに18歳で普通自動車免許をとった時から自動二輪車も乗れることになりましたから、法改正によって現在は大型自動二輪車にも乗れることになっています。(軽免許では軽二輪の250cc以下)

D3T 01.jpg

 自動三輪も大型自動二輪も当時の法令に照らして乗れるはずがないのですけれど、手違いか法改正のタイミングか、兎にも角にも乗れるんだから若い時には乗っていましたね。

D3T 04.jpg
ベンチシートの下に直4エンジンが載っている

 さて、自動三輪車つまりオート三輪は第一次世界大戦のさなかといいますから、大正の中ごろに大阪で生まれたものだと言われています、その頃は自転車の前輪を2輪にして後輪を外国製エンジンで駆動するものだったそうです。

 その後、外国製オートバイを改造して大きな荷台をくっ付けたようなオート三輪が出来てきました。

 昭和になるとくろがねの前身の日本内燃機やダイハツの前身である発動機製造が製造した空冷サイドバルブ単機筒または2気筒のエンジンを積んだマツダ、ダイハツ、くろがね等の工場製三輪車(小さな町工場で手作りや改造したものではなく)の実用性が高いといわれ普及していきました。

D3T 06のコピー.jpg

 戦前から昭和22年までこのような小さな三輪車は許可制免許だったのでオート三輪の普及発展には大きな力となりました。

 その排気量は当初350ccが上限でしたが、その後500cc-750ccと引き上げられ無免許優遇措置が廃止されると小型三輪は1000ccまでとされました。

D3T 08.jpg

 そもそもオート三輪は軽便で廉価経済的な運搬車であって、そのメリットは前輪操舵の切れ角に制限が少ないので車体の大きさの割に小回りが利くにということに尽きます、逆に大型化されたり高性能化されると旋回時に踏ん張りがないので転倒しやすいなどのデメリットもあります。

D3T 07.jpg

 しかし戦争中に軍事用に重宝されたことから頑丈且つ大型になっていきます、しかも戦後は関係省庁には「オート三輪=軽便車両」という先入観があり、規制を強化することがなかったため大型化は際限がありませんでした、昭和28年から30年頃には、幅1.9m、全長6m弱、荷台3.9mにもなりました (荷台の寸法は13尺と尺貫法がまだ用いられていました)。

D3T 03.jpg

 さらにオート三輪は排気量で小型車扱いとなるよう規定されていたので最大例で、全長6.09m、幅員1.93mという度外れたサイズの小型オート三輪もありました。

 エンジンの排気量は戦後のSV単機筒300ccからV型2気筒や水平対向2気筒などを経て昭和30年代には直列4気筒2000ccも載せられるようになったが2000cc以上は小型枠に収まらないため、これ以上にはなりませんでした。

 またオートバイのようなバーハンドルが一般的でしたが、昭和26年愛知機械工業の「ヂャイアント・コンドル」はヘッドランプを2灯にし、丸型ハンドルを採用して完全クローズドボディを実現しました、これにより居住性が大幅に向上しました。

D3T 05.jpg

 つまりオートバイのようにエンジンを跨いで乗る姿勢からキャブオーバー四輪トラックのようにベンチシートの下にエンジンを載せるタイプに変わっていったのです。

 こうなると三輪車であることの意義は薄れ、前述の小回りが利くということ以外にはメリットが無くなってしまうわけで、昭和29年、トヨエースが大ヒットしたことを皮切りにオート三輪は衰退してゆくのであります。

 代わりにダイハツミゼットなどの軽三輪車がヒットして軽貨物は軽三輪、大きな貨物は四輪トラックという時代になっていきました。

 こうして多くのメーカーが参入したオート三輪は昭和47年ダイハツが生産を中止、49年にはマツダも生産を中止しました。

また軽三輪もダイハツミゼットが昭和47年を最後に生産を終えました。

 尚、自動三輪乗用車もないわけではなく、ダイハツBeeは国内で唯一の小型三輪三輪乗用車として設計生産された三輪車ですが、昭和26年-27年にごく少量生産されただけで姿を消して一般にはほとんど知られませんでした。












posted by 健太朗 at 18:23| 京都 ☀| Comment(0) | ダイハツの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください