2019年12月29日

京都岡崎ヴィンテージカーフェスティバル・外国車編

 外国車はめったに見られないヴィンテージカーの展示がうれしくて、時間を忘れるほど楽しみました。

シトロエンアミ601.jpg

シトロエンアミ602.jpg

 中でもシトロエンアミ6は子供のころから写真ではよく見かけるクルマでしたが、間近でじっくリ見るのは初めてのことだした。

 アミは、2CVの発展型で水平対向2気筒600ccエンジン、矩形ヘッドライトとリアのクリフカットデザインが特徴のシトロエンらしいユニークなクルマです。

 小さいエンジンから想像してたよりボディが大柄だったことが意外でした。


MGミジェットMK101.jpg
エンジン音を聞きたかったMGミジェット

MGミジェットMK102.jpg
白いコクピットはオリジナルではない

MGミジェットMK103.jpg
大きなトランクはそれまでのTFミジェットより実用的

MG1100.jpg
こちらもMGだ、ADO16モーリス製で非常に多くのブランドで販売された

ミニクーパーMK2.jpg
モーリスミニクーパー、これも多くのブランドがある

ロータスエラン.jpg
ロータスエラン

デイムラーリージェンシー.jpg
デイムラーリージェンシー イギリスのRRとはまた違う高級車

BMW2002ti01.jpg

BMW2002ti02.jpg
BMW2002ti これぞBMWという憧れのクルマだ

シボレーベルエアワゴン.jpg

シボレーベルエアワゴン02.jpg
シボレーベルエア セダンのテールフィンそのままのワゴン

ACコブラ03.jpg

ACコブラ.jpg
ACコブラ アメリカンスーパースポーツカーなのだ

 この他にもジャガーXJ120、ロールスロイスシルバークラウド ダッジモナコ フィアット1/9 デロリアン他、日本車もフェアレディZ トヨタS800 スバルFF1 三菱ジープなど多数の展示がありました。 

 旧車オーナーの皆さん、貴重な文化財を見せていただいてありがとうございました、ご車体大切にしてください。 
















posted by 健太朗 at 18:30| 京都 ☁| Comment(0) | 自動車屋のかどで立ち話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください