2019年05月22日

カタログコレクションから・カローラ70

 令和元年になりました、どうかこの時代が令く和ぐ時代でありますように。

 令和の第一回はクラシックカローラのお話です。

カローラ70-01.jpg

 昭和54年に発売された4代目AE71カローラに初めて乗ったときの第一印象は、歴代カローラで一番乗り安い、というものでした。

カローラ70-02.jpg

 視界の良さ、シートの座り心地、細かくなったリクライニング、ハンドルの握りやすさ、軽いクラッチ、アクセルペダルの倍率、前輪ディスクブレーキの効き味、そしてエンジンの滑らかさ、細かく言うときりがありませんがそれまでのカローラと較べて全体的に造りがよくなったという印象でした。

カローラ70-04.jpg

 しかし昭和63年に自家用として乗ったAE91・6代目カローラは遙かに進化していましたから、この印象はあくまで昭和52-3年当時のお話です。

カローラ70-06.jpg

 つまり、カローラは日々進化、否モデルチェンジ・マイナーチェンジの度に進化し続けてきて、初代KE10から数えて現在のカローラスポーツは12代目になるのです。

 5代目のE8系から前輪駆動になって乗り味も少しく変わりましたので、4代目のE7系までをクラシックカローラと位置付けます。

カローラ70-03.jpg

 でもどうでしょう、カローラと聴いて何の取り柄もない、そしてつまらないファミリーカー、おじさん車だと思っている方も多いでしょう。

カローラ70-05.jpg

 たしかに私もカローラを話題にするのはちょっと難しい、と思います、それはカローラに飛び抜けた特徴がないからでしょう。

 80パーセント主義などといわれたのはこの4代目E7系の頃からではなかったかと思います、しかしこの80パーセント主義と言うのは充分魅力的なのです。

カローラ70-07.jpg

 特別性能がよいということもない、スポーティでもない、その代わり故障しない、整備性が良い、誰にでもその持てる性能を引き出し、安全に走行ることが出来る、これぞ大トヨタのクルマ、ちょっと言いすぎかもしれませんがこれがカローラの魅力なのです。

カローラ70-08.jpg

 「そりゃおまえがおっさん、いやじいさんやから」という声が聞こえてきそうですが、4代目カローラが世に出たときは私はまだ30代でしたよ。

カローラ70-10.jpg

 日本の自動車がまだ今のように完成された機械ではなかった時代に、自動車屋になってそれなりに苦心してきたものにとって、昭和も50年代になるとどこをとっても平均的なクルマは実に扱いやすい機械であって、扱いやすい商品でもあったのです。

カローラ70-09.jpg

 キャッチコピーは『いい友、誕生』。2・4ドアセダンの他に2・3ドアクーペ、3ドアリフトバック、2ドアハードトップ、そして3・5ドアライトバン、3・5ドアステーションワゴンと多様なラインアップが有り、エンジンもK型OHV1300、A型OHC1500、T型OHC1800、それにT型DOHC1600、さらにC型ディーゼル1800と揃え、ミッションも4・5速MTと2・3・4速ATと多彩に用意し、サスペンションはリア、リーフ・リジットと4リンク・コイル、これに車体色を組み合わせると数百通りのモデルが出来ると言われました。

カローラ70-11.jpg

 また、マクファーソンストラットや全車ディスクブレーキ、それに4灯ヘッドライトの採用もこの4代目70シリーズからで、この後の小型ファミリーカーに大きく影響を与えました。













posted by 健太朗 at 14:14| 京都 ☁| Comment(0) | カタログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください