2019年01月06日

銀行マンのベレット・ジェミニ

 あれは昭和50年代のあるとき、私の自動車屋に非常にお調子者のセールスマンが飛び込みでやってきました、それは近くに開店予定の信用金庫支店の準備係だと言うことでしたが、私のように人を見る目ということには自信がないものでも、こいつはやり手だ、と感じるほどの人物でした。

 それからしばらく、彼はご近所中を巡りめぐって驚くほど沢山の口座を契約し、支店が開店する頃にはうどん屋のおじさんも、電気店の社長も、薬屋の店主もお得意様になっていました。

 私の自動車屋ももちろんその内の一軒です、そしてその後私たちのメインバンクになって行きました。

ジェミニ01.jpg

 またそのセールスマン氏は自動車屋のお得意様にもなってくれました、彼の愛車が今回のお話、ジェミニです。

 ジェミニは日本の自動車メーカーと外国メーカーとの業務提携から生まれた、そして国際商品として最も成功した例といえるクルマでしょう、日本とオーストラリアで’75カーオブザイヤーを受賞しています。

ジェミニ03.jpg
ジェミニ

 昭和38年デビューのベレットは私など実に素晴らしいクルマだと思うのです、特に初期型の簡潔なデザインとヒルマン譲りの柔軟なエンジンが好きで初めて車を買うときにずいぶん中古車を探したものですが、初期型の良いものが見つからなかったのでコロナになったのです。

カデット01.jpg
カデット02.jpg
カデット

 しかし40年代後半になると飽きられてきたのか醜いマイナーチェンジをくる返すようになります、でもモデルチェンジをする力がなかったのでしょうか、当時いすゞはGMと提携していてドイツのオペル・カデットをベースに手を加えて新型とします。

 GMの方ではカデットをTカーとして世界戦略車と位置づけ、シボレー、ポンティアック、セハン、デーヴ(韓国)などの姉妹車を販売していましたし、そしていすゞジェミニはホールデンにも供給されました。

シェベット01.jpg
シェベット02.jpg
シェベット

 Tカーの思想は同じ車台から各国の国情にあったクルマを各地で作るということですから、いすゞジェミニも大部分が日本製であったと思われます、ですからカデットをベースにしながらも日本的な豪華さを演出しています、とは言え、現代のごてごてした豪華さとはひと味もふた味も違う簡潔なデザインで欧州の雰囲気を持っています。

ジェミニ02.jpg
ジェミニ04.jpg
ジェミニクーペ
  ジェミニという車名は英語で「ふたご座」の意味します、もちろんこれはカデットとの関係を表現しています、そしてベレットの後継車であることで昭和50年まではベレット・ジェミニと名乗っていました。
ジェミニ05.jpg

 ベレットより少し大きな、現代で言えばアクアよりほんの少し小さい車体に、ベレットのつまりヒルマンの子孫であるOHV1600cc68馬力エンジンを載せていますが後に1800ccSOHCが主流になりました。

ジェミニ06.jpg

 くだんの銀行マンのジェミニはセダン1600でしたが、実によくはしる印象でした、ドイツの堅牢なボディシャシにイギリスの柔軟なエンジン、ここから日本式の答えを出したというイメージです。

ジェミニ08.jpg
ジェミニ09.jpg
ジェミニ
 癖と言えばリアの3リンク式サスペンション、発進時にホンダスポーツ500のように、ほんの少しボディを持ち上げるのです、この感触が懐かしく今でももう一度乗ってみたいクルマの1台です。











posted by 健太朗 at 22:02| 京都 ☀| Comment(0) | いすゞの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください