2018年07月22日

コンコルソデレガンツァ京都 2018 その拾壱

 アルファ ロメオは2012年、ジュネーブ・モーターショーにコーチビルダー、トゥーリング・スーパーレッジェーラの作品として、ディスコ・ヴォランテ 2012、を出展しました。

 その名の通りこれは1952年に数台しか作られなかった、あの1900C52クーペ・ディスコ・ヴォランテをオマージュする作品です。

DV8C.jpg

 スーパーレッジェーラというのはカロッツェリア・トゥーリングが編み出した車体構造のことで、極細い鋼管で骨格を造り、薄い金属で覆って強いボディを作り上げるという方法です。

 トゥーリングは1930年代から1960年代にかけて、この工法を用いた優れた名車を沢山生み出しました、その中には1952年アルファ ロメオ6C1900を土台にしたアルファ ロメオ 1900 C52ディスコ・ヴォランテがあったわけです。

 スーパーレッジェーラ構造は、任意のデザインのボディを軽量に造れるというのが特長でありましたが、大量生産には対応できませんでした。

 1960年代には多くの自動車メーカーがモノコック構造のフレームを採用するようになると、もちろんメーカー自社工場で製造する事になりますから、カロッツェリア・トゥーリングは1966年操業停止を余儀なくされます。

 しかしトゥーリングの職人達はミラノ郊外のカロッツェリア・マラッツィに移りこの工法を守って名車を作り続けます。

 マラッツィとしてはトゥーリングとスーパーレッジェーラの商標をうけついで守り続けていたのでしたが2006年、ゼータ・ヨーロッパ・グループに継承され、トゥーリング・スーパーレッジェーラ社として復活します、新たに発表されたディスコ・ヴォランテ 2012は、この新生トゥーリング・スーパーレッジェーラ社による作品です。

DV8C03.jpg

 ベースは2006年500台の限定で販売された、アルファ ロメオ8C コンペティツィオーネです、4,691ccV型8気筒マセラティ用のエンジンで、スペースフレーム・シャシーに、ミラノの職人達が手作業手叩きのアルミニウム製ボディを架装していますが、フロント・スポイラーやディフューザーには、部分的にカーボンファイバーも使用されているそうです。

DV8C04.jpg

 ここでタイム! アルファロメオでは4Cまたは6Cや8Cといった名称が使われますが、このCはシリンダーのことで、つまり4気筒や8気筒というような意味です。

DV8C02.jpg

 さて8Cディスコヴォランテはたった8台しか生産されなかったスペシャルカーで、そのうち3台が今回のコンコルソデレガンツァ京都 2018に展示されました、写真の手前、赤いクルマは8台に内最後に造られた1台で、ラスト・オブ・ライン C52 ヴィンテージエディション、の称号が与えられています。

 これらの名車を見ていて気がつくのはフロントフェンダーに描かれている四つ葉のクローバーマークです、これはクアッドリフォリオといってアルファロメオの高性能車にはこのマークをエンブレムとして付けていますが、C52と8Cの3台には直接描かれていました。

DVクアドリフォリオ03.jpg

 1923年タルガフローリオに出場したウーゴ・シボッチというドライバーが幸運を呼ぶシンボルとして付けていたもので、、あまりの強さに「四葉のクローバーの恐怖」と呼ばれたことが由来だそうです。

 ちなみにアルファロメオの新車、クアドリフォリオというクルマも展示してありました。


 そしてC52ディスコヴォランテをお手本にしてミッレミリアに参戦する為に開発したレース専用モデルがあります。

DVパナール01.jpg

 それがパナール・ジルコ・ディスコ・ヴォランテ・バイ・コッリ"ミッレミリア"です。

DVパナール02.jpg

 このクルマのプレートには「ミッレミリアなどのレースの勝つために車を開発していたパナールが、1952年に発表されたアルファロメオ ディスコ ヴォランテのデザインに惚れ込んで、カロッツェリア コッリ依頼しこのボディが完成された。」とあります。

DVパナール03.jpg

 あるサイトには、「アルファ ロメオの販売店、クレパルディ社がパナールのコンポーネンツを使用してカロッツェリア・コッリが製作させたワンオフレーサーである。」という記事がありました。

 この記事によると、ベースはパナールディナxと言うクルマ、戦後パナールの第一号モデルでアルミを多用したセミモノコックのユニークなデザインのボディに空冷水平対向2気筒エンジンを搭載したクルマです、ですからC52ディスコボランテの6気筒1900ccと2気筒760cc50馬力とは較べられませんし、デザインもちょっとフランス的なダサさがありますが、こちらは1952年から3年間、実際にミッレミリアに出場してクラス優勝を飾っています。

Panhard_Dyna_X_86_4-Door_Sedan_1951.jpg

 私たち現代のクルマを見慣れたものには、C52やパナールはともすれば異様なデザインに見えることもありますが、それをオマージュした現代のディスコボランテは、遊び心がある見とれるほど美しいクルマでした、これら新旧の名車はもしかしたらもう二度とこの目で見ることは出来ないかもしれないクルマたちです、それを柵さえない間近でみられ、さわることも出来たのですから本当に幸せでした。


posted by 健太朗 at 15:36| 京都 ☔| Comment(0) | 外車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください