2018年04月27日

カタログコレクションから・ドリームCB500FOUR

表紙.jpg

  今回もカタログコレクションから、このカタログは縦35cm26.5cmと大きなものですが、パソコンとカメラの連携でまともなスキャン画像になったものです。

CB500.P1.jpg

昭和42年頃、とある染物屋さんのどら息子殿に買って頂いたもので、私が試乗する機会は納車時の数キロしかありませんでしたが、それ以前のCB750よりずいぶん軽快で乗りやすく感じたことを覚えています、CB750は重たくて重心もかなり低かったので私のようなやせっぽちがのるとカーブで寝かせるのに苦労しましたがCB500では一回り小さく軽かったのでしょう、しかし重心は4気筒エンジンのおかげで低いので安定したイメージです、これなら長距離でも楽だろうと思いました。

CB500.P2.jpg
CB500.P3.jpg

このためカタログ1ページ目の黒い部分は写真では分かり難いのですが、「静かなる男のための500と書かれています、当時は暴走族などとは言わずかみなり族という連中が大きな音を立てて走行っていましたが、そんなに悪さはせず、ただオートバイが好きな、いわばマニアだったのだと思いますが、このような「静か」を強調されたのですからこのキャッチコピーはそのマニアに対するものだったのかもしれませんね。

CB500.P4.jpg
CB500.P5.jpg
CB500.P6.jpg
CB500.P7.jpg

またこのカタログにはちゃんと定価が書かれています、当時のホンダのオートバイは一切値引きはありませんでした、ですから商談は実に簡単なものでした、余計なことを書きますが、好きな人が好きなものを買う、これだけの話で交渉の余地はありませんでした。

CB500.P9.jpg

この頃はまだ義務付けはされていませんが、ヘルメットホルダーが附いたバイクが増えてきました。

おそらくこのクルマが最初だと思いますが、パッシングライト・スイッチとイグニッション・キルスイッチが附いています、またフロントディスクブレーキもまだ珍しいものでした。

CB500.P10.jpg
私の自動車屋もこんなレトロな工具棚がありました。

裏表紙.jpg
posted by 健太朗 at 22:21| 京都 ☁| Comment(2) | バイクの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ご無沙汰しております。

わたしもバイク大好きですので、楽しく読ませていただきました。1970年ごろだと、やはりこの手のバイクは相当のお金持ちにしか買えなかったことがうかがえて興味深かったです。昔はローンも普及しておらず、現金決済が無理ならマル専手形でも利用するしかなかったと聞いたことがあります。

ナナハン未満400以上のバイクは、健太郎さんの印象通りパワーと軽快性を両立する理想のバイクだったと思います。しかし曲芸のような限定解除試験をくぐり抜けた世代には「苦労に見合った見栄が張れない」と敬遠され、90年代にはほとんどラインナップされていなかったのが残念です。かく言うわたしも、試験に受かったその日に中古のナナハンを買いに走ったものですが…。

現在の大型二輪免許保持者の平均年齢は45歳くらいなのだそうです。腹が出っ張って反射神経が鈍り、関節も硬くなって否応無しに「静かなる男」になってしまった世代のために、今こそこういうバイクが再登場してくれたら良いですね。加齢と引き換えに分別を手に入れたライダーなら、きっとこのバイクの良さがわかると思います。
Posted by ZONO at 2018年05月03日 17:29
健太朗です。
ZONOさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

CBはクラブマンレースから採った名前だと聞いたことがあります。
 ですからオートバイの入門クラスで、誰にでも乗りやすいスーパースポーツだと、私は理解しておりました。
 でも、ZONOさんの仰るとおり誰にでも乗りやすい(そうな)スーパースポーツなんてイメージがなくなりましたね。
 現在のようなテレビの中のヒーローが乗るようなデザインのオートバイは恥ずかしいです、でも昔ながらのクラシックなオートバイも無くはないんですよ、カワサキのESTRELLAなんてどうでしょう。
 もっとも私のような「静かなる老人」にはCB50、いやいや電動アシスト自転車が似合っております。

Posted by 健太朗 at 2018年05月04日 13:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください