2017年10月16日

トヨタ初の前輪駆動車・コルサ

コルサ01-2.jpg

日米貿易摩擦が明るみに出て自動車の輸出規制が始まった昭和53年、キャンディーズが解散して「普通の女の子」に戻り、私はというと新婚生活を満喫していました。

                                         (誰が興味あんねん)

コルサ03-1.jpg

そしてこの年の8月、トヨタから初の前輪駆動大衆車が発売されました、コルサとターセルです。

私の自動車屋でも早速コルサを販売しました、15004ドアセダンGL、車体はベージュでした、写真は1枚目と2枚目を除いてマイナーチェンジ後の昭和55年のカタログ写真です。

コルサとターセルは販売店が違うだけでまったく同じクルマです、2代目になってこのグループに加わるカローラもまた同じです、しかしカローラはハッチバックだけでした。

コルサ03.jpg

さて、このコルサ1500セダンは前輪駆動化に慎重だったトヨタが、アレック・イシゴニス方式の、しかしエンジンを縦置きに搭載することで、前輪駆動の悪癖であるトルクステアやタックインの軽減をめざした前輪駆動小型セダンです。

コルサ01.jpg

アレック・イシゴニスはBMCの技術者で、あのオースチン7、即ち初代モーリス・ミニを設計した人です、ミニのエンジン・ミッションを2階建てにしたレイアウトを、イシゴニス方式などと言います。

これに対してエンジン・ミッションを一直線上のレイアウトしたものをフィアット500のダンテ・ジアコーサの名を取ってジアコーサ方式などと言います。

コルサの場合は、私はこのどちらにも当てはまると思うのですが、つまりミニよりRRのチンクに近い縦置きエンジンですから一直線上にエンジンミッションを置いていますが、デファレンシャルはエンジンの下にあって、つまりデフだけ2階建てというレイアウトです、ですからこれをもってイシゴニス方式というのでしょう。

コルサの場合と似たようなレイアウトはスバルがありますが、こちらはボクサーエンジンのせっかくの低さを生かすために2階建てではなく、デファレンシャルはミッションと一体になっています。

これを前後逆にしたのがジアコーサ方式のヒノ・コンテッサです、ヒノは今やトヨタの子会社ですから、もしかしたらこのあたりにルーツがあるのかもしれませんね。

だとしたら〇〇式と決めつけるのは大きな間違いかもしれません。

コルサ02.jpg

いずれにしてもトヨタはこのAL10型でエンジンを縦置きにしたことで、つまりドライブシャフトを左右同じ長さにすることで前輪駆動を大幅にまろやかな乗り味にして、エンジンの下にデフを置くことで、全長4m足らずの小さなセダンに2,500mmのホイールベースと広い車室と居住性をもたらしました。

しかしそれはボンネットやベルトラインが比較的に高い位置となるボディデザインとなり、これが理解を得られない結果となったことが非常に残念です。

今なら当たり前の高さなのですけどね。

コルサ04.jpg

エンジンも1A-U型は初期のベルト駆動SOHCでベルトが少し弛んだらバルブ周りの異音が不評で、私たちもタイミングベルトの慣れない内はその原因究明に苦労しました。

ただし、昭和54年に追加された1300cc2A-Uと同時に換装された3A-Uではこの問題は改良されていました。


乗り味は、私は言われなければ、前輪駆動だと判らない初めての前輪駆動車だ、という印象が残っています、なにしろ私が初めて乗った前輪駆動車はヒノ・コンマースであり、アクセルONOFFで進路が変わるN360も経験していますから、コルサの癖のない前輪駆動は驚きに値するものでした。

私は当時、我々がプロとして評価したクルマが必ずしも世間一般に受け入れられ、ベストセラーになるとは限らないものだなと、ちょっと自惚れたことを思ったものでした。

コルサ05.jpg

posted by 健太朗 at 21:39| 京都 ☔| Comment(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください