2017年09月04日

カローラ50周年 初代KE10

 カローラ50周年と言うことでこのところいろいろなキャンペーンやイベントが展開されています、第13回東京モーターショーで発表され、昭和41115日、初代カローラKE10が発売されてからもうすぐ51年になります。

そこで今回は初代カローラのカタログを見ながらお話しましょう。

               表紙.jpg


カローラKE10 05.jpg初代カローラが登場する前の昭和30年代後半、トヨタの乗用車はクラウン、コロナ、パブリカの3車種でした、そろそろ自家用車が一般市民にも普及し始めた、というのは当時の通産省が打Vち出した国民車構想の答えとして500ccから1000cc以下くらいのクルマが各メーカーから出揃って、でもパブリカ38.9万円、スバル36.5万円、カローラも初期は43.2万円でした、いずれにしても初任給1万数千円から見るとまだまだ高価でしたが少しづつ身近になってきた、という時代です。

                                                              カローラKE10 07.jpg 

 カローラを開発するに当たって、主査の長谷川龍夫氏は「パブリカの反省にたって」と言います、パブリカは走行性能などは問題ないが、あまりにも簡潔な内装などのため、豪華さや快適性で軽自動車のデラックス化に追いつけなかったと言われています、さらに空冷2気筒の効率のよいエンジンではヒーターが充分でなかった、ということもあってメーカーの目標(月販3000)には及ばず不振のスタートだったと言われています。

 そのような反省にたって、カローラのポリシーを「80点+α主義」としたそうです、これは全体を80点以上の点でバランスして、その上でユーザーに魅力する、つまり+αを付け加えるという意味です、結果的に初代KE10では+100ccに焦点がが絞られたようになっていますが、実はこの時から「ひとつ上のクラスの豪華さ」と言うことを意識していたそうです。

カローラKE10 01.jpg

カローラKE10 06.jpg 改めてカローラのカタログを見ても「+100ccの余裕」などとはどこにも書かれていません、そしてフルリクライニングの豪華なシートやカーペットが上級クラスに見えますし、4速フロアシフトやホーンリングのない二本スポークのハンドルが新しさを感じさせます。

 ただしエンジンは、カローラの発売直前になって1000ccのサニーの情報が入り、急遽1100ccに変更されたという話しです、これに対応した工場の力もたいしたものですね。

カローラKE10 01.jpg

 カタログの1ページに「自動車をみんなのものに」とあります、それがトヨタの願いです、というのです、そして「見えないところにまで気を配り、1カ所の妥協もありません」「あなたの幸福な生活のシンボルです」モータリゼーションの幕開けにぴったりのフレーズですね。

カローラKE10 02.jpg

 次に独創的なスタイルを強調します、今ではこの大きさ(全長3845mm)のノッチバックセダンはありませんがバランスのとれたいい形だと私は思います。

 今のクルマと違ってプラモデルに見えないところがいいですね。


 「ヨーロッパの水準を破った高速設計」最高時速140km100kmで走っても75%の力しか使いません。

現在のカタログには最高速度は表示されません、試す輩がいると危ないからです、でもこの時代はこの数字が自慢でした、余計なことを言いますがこの時代のこの数字には誇張があります、誇張というと語弊がありますが少なくとも実用的な数字ではないでしょう、だから表示しないようになったのかもしれませんね。

 4速フロアシフトは実に心地よいフィーリングだった印象があります、そして2点式シートベルトはまだ一般的ではなくオプション設定でした。

カローラKE10 04.jpg

カローラKE10 15.jpg 「リビングルームそのままの快適設計」ボディと同色のダッシュパネルは鉄板です、そして国産車初のフルリクライニング、後席の背もたれが上がります。


 「すべての雑音を遮断した静粛設計」オーバーな表現ですがその後カローラはモデルチェンジごとに静かさが進化します。


 「健全家計にぴったりの経済設計」燃費22km/Lは平坦路での公式記録です、満タン36Lで東京から岡山まで走れる計算です、という宣伝文句はどうかと思いますね、今の燃費表示問題のルーツです。

 足回りは給油不要、と言っているのは当時画期的なことでした。


 「安心した高速ドライブが楽しめる安全設計」もちろん今とは較べられません、鉄板製のダッシュボードの上にパッドが張ってあるだけ、エアバッグもシートベルトもありません。

カローラKE10 16.jpg

 エンジンはKOHV1100cc60ps、非常に扱いやすいエンジンですが、当時は4段ミッションは2速で発進できて当たり前でしたので、ローで発進するカローラは高速タイプだといっていました。

 60度傾斜しているのもオイルフィルターがカートリッジ式なのも画期的でした。


カローラKE10 13.jpg

 フロントサスペンションがシンプルなマクファーソンストラットとロワーアームブッシュをラバーでで仕上げているのにも驚きました、それまではいかにも丈夫そうなダブルウィッシュボーンの弱い金属ブッシュを車検ごとに分解修理していたものですから。


                                                        カローラKE10 14.jpg

カローラKE10 12.jpg カローラKE10 11.jpg

カローラKE10 10.jpg カローラKE10 09.jpg



 さて、カローラは現在11代目です、初代は後輪駆動でしたが5代目で前輪駆動に変わります、だったら4代目までをクラシックカローラと呼ぶというのはどうでしょう、クラシックコルベットみたいでいいでしょう。

posted by 健太朗 at 20:09| 京都 ☁| Comment(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください