2017年06月03日

常識を破るファミリーカー・ルーチェ

  マツダが世界に誇るロータリーエンジンを載せたコスモスポーツが発売されてから50年になるそうな、考えてみれば50年前には私はもうメカニックの新米として、菜っ葉服を油で汚していたのですね、昔話をするのもむべなるかな、と思ってお付き合い願います。


フロント.jpg


でも今日はロータリーエンジンの話ではなく、ちょうどその頃に発売された「ルーチェ」の話しです。


プロトタイプ.jpg


昭和38年の東京モーターショーの全身、自動車ショーに出品されたマツダ・ルーチェは3960mm1480mm1000cc1500ccの後に大衆車と呼ばれる小型サイズのクルマでした。

コロナより小型のパブリカが出て、カローラやサニーはまだ出ていなくて、このクラスではコンパーノやコンテッサ、スバル1000などがありました、そしてまだマイカー時代と言うにはまだすこし早い、という時代のことです。

このあたりから小型車10001500クラスの競争の激化出始まるのです。


このルーチェはベルトーネがデザインした5人乗りセダンでちょっと小さめ、エンジンも恐らくロンパーやB1500といった商業車から流用したものでしょうから、このまま市販されるわけはないでしょうという見方もありましたが、その通り39年第11回モーターショーにはコスモが発表されてルーチェの音沙汰なし、しかしこの直前に発売されたファミリアセダンがプロトタイプルーチェと似てるとか似てないとか、そして12回は東京モーターショーにその名が変更されて、マツダのブースにはまったく違うルーチェが展示されました。


デラックス.jpg


それはその明くる年に発売される美しいルーチェでした、後にデザインを担当したのは当時ベルトーネに在籍していたジョルジェットジウジアーロだったと報じられ、ああなるほどな、と思わせられたあの独特のラインはマツダではAライン呼んでいます3本のピラーが描くまとまりのいいデザインと、何気なくまとまったフロントグリル周りなど美しい4ドアセダンに仕上がっていました。


リヤ.jpg


ウィキペディアには「開発初期に、同じベルトーネのスタイリングながら、市販車とはまったく異なる姿のプロトタイプがあった」と書かれていますが、私は同じベルトーネでもプロトタイプはジウジアーロの担当ではなかったのではないかと思っています。


ダッシュボード.jpg


このページで紹介している画像は発売初期のカタログから抽出したものですが、ルーチェの美しさはこれらの画像で判っていただけると思います。

室内.jpg


さて表題の「常識を破るファミリーカー」というフレーズをカタログを見ながら考えてみました。

モノコックボディ.jpg

カタログの見開きには「ハイメカニズム・ハイパフォーマンス」とか「1500ccの常識を破る高速ツーリング設計」などの文字が見えます。

エンジン.jpg

エンジンは当時まだ少なかったOHCオーバーヘッドカムシャフト、クロスフリー構造です、さらにクランクシャフトが5軸受けになっていますから当時の先進のメカニズムと言えます。

1500cc78馬力 トルク11.8はハイパフォーマンスと言っても否定できません、しかし前ダブルウィッシュボーン・後リーフリジットというサスペンションは少しも常識破りとは言えませんし、ブレーキは前後ともドラムでこれも一般的です、これはやはりキャッチフレーズでしょうね。


サスペンション.jpg

でも美しいボディデザインと6人乗りのベンチシ-トや4速フルシンクロのミッション、それにボルグワーナー製の3速オートマチックは名神高速道路開通で沸く高速時代の幕開けを感じさせるクルマだったことに間違いは無いでしょう。

ドラムブレーキ.jpg


私の自動車屋ではマツダ販売店の看板も掲げていましたのでマツダ車は数多く販売しましたが、この初代ルーチェの後期に1800ccエンジンを積んだモデルが出ました、それまでメカ的に平凡だと思っていたルーチェが重厚で、反面スポーティな印象になって性格がが大きく変わったのを良く覚えています。

エンジンが大きくなっただけではなく、普通の4ドアセダンに当時まだ珍しかったディスクブレーキがアシスト付き(当時マスターバックと言った)で装備されたのです、私はこのブレーキの効き味が素晴らしかったとの印象が残っています。

スタンダード.jpg


思えばムカシのクルマは総てアナログですから、ブレーキやクラッチ・ハンドルやシフトレバーなどの操作感や微妙な味付けなどには充分気を遣って造られていた気がします、そして最近のクルマはちょっとぞんざいかな、という想いがあります。


posted by 健太朗 at 13:56| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | マツダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
健太朗さん
ベルトーネ時代のジウジアローは、このフラットデッキなコルベアンデザインで一世を風靡していましたね。
ジウジアローといえばVWにイタルデザインを売却し息子とともに退社、その後GFGプロジェッティーという会社を設立したようですね。
ところでこのルーチェの時代、メカニカル系はほぼノンパワーアシストでそのドライブフィールは確かな手応えであったと思います。現在は電動パワステやDBWでそのフィールは創り出されたモノですよね。でも各社相当な「演出」の努力は目を見張るモノがありますね。
ワタクシ、北米にて韓国車に接する機会が有りましたがHYUNDAIはもっと操作感に乏しい印象がありました。
さて最近のマニュアル車はクラッチの油圧回路に1WAYオリフィスダンパを設けていまして、クラッチミート時にマイルドな繋がりがをする機構を設けています。多分にマニュアル初心者に対しての配慮かと思います。クラッチをオーバーホールするとその人の運転が手に取るようにして分かるとは老練のメカニックの言葉です。
Posted by スギモト at 2017年06月16日 20:51
健太朗です。
スギモトさん、コメントありがとうございます。

 私もジウジアーロのデザインの大ファンの一人ですが、GFGプロジェッティーというのは知りませんでした、勉強不足ですね。
 カー・デザイナー・オブ・ザ・センチュリーではアルファスッドやゴルフ、シロッコ、ウーノ等々が評価されたそうですが、新しい会社と息子さんとでどんな新しいデザインが発表されるのか楽しみですね。

 クラッチの話しですが、私も以前「社長さんのグロリヤ」というページで書きましたが、クラッチというものは簡単に壊れるし、反面、10万kmでもトラブルが発生しない使い方も出来るもので、スギモトさんが仰るように、「オーバーホールするとその人の運転が手に取るようにして分かる」というのは頷けます。
 私はブレーキもまたそうだと思うのですが、アクアのようなハイブリッド車では回生ブレーキという究極のアシストがあってブレーキパッドやライニングがほとんど摩耗しないようです。
 そういう時代なんでしょうか、アクアも操作感には乏しいクルマです、でも高速道路では軽い車体が風にあおられてハンドルを強く握ります、操作感は抜群ですよ。
Posted by 健太朗 at 2017年06月17日 22:50
健太朗さん
ご返信有難うございます。
ジウジアローのGFGプロジェッティの仕事はGT96というマイクロタービンを動力源とするハイブリッド車で中国製となるようです。これもまた一つの時代ですね。http://europe.autonews.com/article/20160828/ANE/160829971?template=mobile02&X-IgnoreUserAgent=1
新会社のホームページはこちらです。
http://www.comitatoleonardo.it/en/members/soci-effettivi-en/265-gruppo-italdesign-giugiaro-en
流石はイタリア、ページデザインも見事ですね。
アクアやプリウスのブレーキシステム見事ですよね。回生と油圧の切り替えが違和感があるとよく言われますが、新型プリウスでは改善されたようです。
ただプリウスやホンダのハイブリッドや日産のリーフに言える事ですが、ジョイスティック状のシフトレバーはいただけませんね。どこに入っているのかインディゲーターを見なければ判らないのは機械としてはダメだと思います。小さなReadyの表示では今後も暴走事故は絶えないかと思います。
その点、アクアは普通のオートマシフトゲートですから、一目で判り安全であるかと思います。
すべての操作系は電気化して行く方向ではありますが、肝心な部分は昔ながらの「一目瞭然」的なものであって欲しいですね。
Posted by スギモト at 2017年06月18日 07:22
健太朗です。

 いやー、凄いデザインですね。
 このクルマは確か中国のテックルール?とか言うベンチャーが製品化を目指しているクルマだと以前どこかのWEBで見たような気がして探してみましたが見つかりませんでした。
 なんでもレース用と市販用とあって1000いくら馬力のハイブリッドで、航続距離が2000kmだとか、しかも航空燃料を使うタービンで発電するという(当てにならない私の記憶)現実離れした数字が並んでいましたが、これがジウジアーロのデザインだったとは驚きです。
 スギモトさんに教えて頂いたサイトには「GT96 supercar」とありましたが、正にこれはスーパーカー、というよりドリームカーですね。
 でもジウジアーロのデザインだとみると新境地ですよね。

 最近、警察に人に聞いた話ですが、シフトレバーの「R」と「B」を間違える人がある、つまりハイブリッド車の「B」バッテリー(エンジンブレーキ)を「バック」のBだと思って暴走、コンビニのガラスを割ってしまったという事故が相次いだと言うことです。
 いずれもプリウスだそうですがアクアのようなシフトパターンだと、たぶん間違えないと思います。

 どこかのページに書いたと思うのですが、押しボタンというのはどうでしょう、国産車にはまだありませんがアストンマーチンやアバルトに採用されています、また最近はアクセサリーショップでプリウス用のパーツがあるそうです。
Posted by 健太朗 at 2017年06月18日 16:47
中国でスーパーカーというのも凄いですが、ガスタービンハイブリッドと言うのがスゴいですね。かつてクライスラーがターバイン(Turbineの英語読み)という車をユーザーモニタリングでテストしましたが、それ以来のタービンカーですからね。健太朗さんの仰る通り「Dream car」ですね。

ハイブリッドのシフト表示とノブ
健太朗さんご指摘の通り、Bが後進と勘違いするという話も聞いたことがあります。押し釦にピクトグラムでも描いておけば良いのかもしれませんが、押し間違いもあるでしょうからそれは厳しいのかもしれませんね。かつてのパワーウインドウの事故はそれが原因でしたから開閉のアクションは上げ下げツマミになったと聞いております。
せっかくメルセデスの特許が切れてあのジグザクセレクタが使えるようになったのだからアクアと同じでもいいと思うのですね。
そう言えばJaguarもラジオのツマミみたいなセレクタで面食らったのを思い出しました。
手探りでもどこに入っているかと分かるマニュアルトランスミッションが恋しく思えます。
Posted by スギモト at 2017年06月18日 21:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック