2017年03月01日

カタログコレクションから・ライフステップバン

  自動車大好き少年だった私、自動車屋を退職して何年も経った今でもクルマのことばかり考えている、そんな私にもまだまだ知らないことだらけで、毎日楽しい想いをしています。


今回、ホンダライフステップバンのカタログを紹介するに当たって、手持ちの古い自動車雑誌などに目を通していると、ライフの水冷2気筒エンジンで採用された、一次振動を消すためのバランサーシャフトは、スバルの前身である中島飛行機出身で東急くろがね工業をへてホンダに転身した中村良夫さんがくろがね時代に開発して特許を取ったものだと言うことを知りました。

バランサーシャフトはその後、ミツビシギャランやダイハツの3気筒エンジンに採用され、いまでは当たり前の技術になっていますが、中村さんといえばホンダスポーツ500T360の開発責任者の他、昭和39年にスタートしたホンダのF1参戦の初代チーム監督として知られていますが、本田宗一郎おやじさんとの空冷エンジン論争に端を発する軋轢も伝わっています。

その中村さんが後にライフのエンジンに携わってあのやかましくてよく走るN360からむっくり静かなライフに変ったのもむべなるかなの思いですね。


さて、そのエンジンを積むライフステップバンのカタログです。


表紙.jpg

このカタログは昭和486月のものですが、ステップバンは479月にデビューして、49年中にはホンダの軽自動車撤退で姿を消すまでに18千台余りしか造られなかったレアもので、そのうち1,100台ほどはライフピックアップだそうです。

平成247月にはN-BOXが発売されてバストセラーになっていますが、そのルーツは40年前にたった2年程造られた、当時の軽自動車で唯一のトールワゴンだったのです。


ページ1.jpg

ライフの車台とエンジンはそのままに、セミキャブオーバーとも言うべき今で言う軽トールワゴンを載せています。

特徴はなんと言っても短いノーズに四角いキャビンでしょう、5ドアですが後ろは上下開き、最近見なくなりましたがとっても使いやすいテールゲートです、サイドの前後ドアは同じドアパネルを使っているという合理的なつくりですね。

ダッシュボードの上は平らな板になっていて、ペン立て付きの机になりますから商業車として使う場合はとても便利です、また助手席がわには大きなグローブボックスというより台所にあるバットのような物入れがありますから何でも放り込めます。

前輪駆動ですから床は低く、荷台も平らですからN-BOXよりひろびろとしています。


ページ2.jpg

当時の軽商業車はキャブオーバーバンが多く、ボンネットバンは余り人気でなく、ステップバンのような前輪駆動にたくさんの荷物を積むというような発想が斬新で、しかし反って敬遠しがちだったのでしょう、その評価は後の時代に持ち越されたのです。

私もダッシュボードの机には驚いたものの、「こんなんに荷物積んだらジョイント逝かれてしまう」などと言ってはばからなかったものです。

その時は後の世にFFトールワゴンが全盛になるとは夢にも思っていなかったのです。


ページ3.jpg

裏表紙.jpg



ステップバンピックアップト.jpg
ライフピックアップ

posted by 健太朗 at 22:07| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホンダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうすぐNboxバンが出るとか
異常に広大な空間
Posted by 農家 at 2017年04月19日 12:21
健太朗です。
農家さんコメントありがとうございます。

ホンダのことですから、びっくりするようなバンなんでしょうね。
Posted by 健太朗 at 2017年04月19日 22:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック