2017年02月16日

ハイソカー・ソアラ


初代ソアラ.jpg

  初代ソアラは昭和56年の発売で、バブル経済より数年前でした。

これを「意外なヒット」と見る向きもあるそうですが、それは開発コンセプトに、お年寄り向きとの考えがあって、つまりリタイヤしたお金持ちの余裕の部分で買ってもらおう、だからそんなに売れないだろうとのメーカーの思惑だったようです。

しかしこの頃からの、やがてバブルにつながる好景気により日産レパードやホンダプレリュードなどがつぎつぎと発売されて、「ハイソカーブーム」が沸き上がり、大ヒットのなったというわけで、お年寄りよりも案外若い世代に支持が得られた、だから意外というのだそうです。


しかし私など当時40歳代ですが、トヨタ200GTの再来とばかりに大いに期待したものです。

私の自動車屋で発売と同時に買って頂いたお客様も私と同世代の方で、当時流行っていたテーブル式コンピュータゲームを扱っていた会社の社長で、まさにバブルのトップランナーのような方でした。


こんなにヒットしたクルマですが少なくとも初代ソアラは輸出されませんでした。

それは昭和55年に起こった日米貿易摩擦で、自粛させられたせいですが、この頃、まだ外国での日本車の評価はイマイチで、しかし大衆車クラスでは丈夫で扱いやすいことから人気が出始めていました。

 そこで利益率の高い、中型乗用車としてトヨタはソアラの他クレスタ、マークII、チェイサーの3兄弟などを開発して輸出の目玉とするもくろみでしたが、前述の貿易摩擦でクルマの輸出は必ずしも順調ではなかったのです。


 国内販売に力を入れるなら豪華装備を調えて「大人のためのパーソナルクーペ」としての地位を確保しなければならないわけで、最新技術を惜しみなく投入し本物感をにじませたクルマに仕上げました、中でも特にエンジンは、ライバルのレパードやプレリュードなどが4気筒エンジンをラインナップする中、ソアラは全て高級志向の6気筒エンジンで、まだ一般的でなかったツインカムヘッドを搭載します。

 この人気のおかげで販売店でも「ソアラは手のかからない車」だとそのムカシのカローラのような評価をされました。

 そして昭和57年には第2回日本カーオブザイヤーを受賞しています。


私などが乗ると場違いというかどう見ても不似合いですが、と、当時は思ったものです、それでも乗ってみた印象は一言でいうと「楽ちんすぎて退屈」、と言うところでしょうか。


エンジンは典型的なスポーツカーですが、トヨタ2000GTや初代スカイラインGT-R(ハコスカ)などとは比べものにならない滑らかさと扱いやすさで、しかしEFIと呼ばれる電子制御燃料噴射のおかげで2800cc 6気筒エンジンは、踏み込んだときは素晴らしい加速性能ですが、スポーツカーらしさはありません。


また室内の雰囲気はちょっと豪華なマーククーペという感じで、これをもってハイソカーと思わせるのだ、というのでしょうか、安楽という言葉がぴったりだと思いました。

さらに国産車初のデジタルメーターは目新しいものですがどうにも安っぽく、やがて軽自動車は皆これになるよ、なんてささやかれたのもです、そういえば現在の我が愛車アクアもこのタイプです。


で、このままあのばかでかいドアを開けておくとポーンと音がして「ドアが開いております」と女性の声が聞こえます、これはコンピュータの合成音で他にもサイドブレーキを戻し忘れたときや燃料がエンプティーになったときにもこんな風に女性がささやいてくれます、私など「これが山口百恵の声だったら」なんて冗談を飛ばして大笑いをしていました。

まさにバブリーな話ですね。


幅広のソファーのようなシートに座ると、空気式のランバーサポートがあります、これも楽ちんのひとつで、たしか背もたれ側面にある4つのボタンを押すことによって、腰のあたりの3カ所を空気で押し出してくれるもので、もう一つのボタンで空気を抜くようになっています、もちろん座面の前後、高さ、それにリクラインやヘッドレストの高さまで電動でスイッチひとつで調整できます。

エアコンはタッチパネルで操作するフルオートエアコン、オーディオは当時トレンドのコンポ()、天井にはルームランプの他に今では当たり前のスポットライトがありました。


事程作用に豪華なクルマですが、そのルームランプがカローラと同じものだったので興ざめしたことを覚えています。


posted by 健太朗 at 22:10| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
初代ソアラ懐かしいですね〜。デジメタは当時小3のワタクシにもエラいImpactがありました。当時流行のゲームウォッチ(このコラムに登場する社長さんの会社の製品でしょうか)といい、デジタル時代の幕開けでした。ウチの親戚にはソアラではなく同年デビューのピアッツァがありまして、これもデジメタでしたが、よく点かなくなりました。通算3回のCream修理で最後は地元矢崎計器に直接持っていって治りました。いすゞだけなのかもしれませんが、電気仕掛け満載な分故障も多かったと小学生のワタクシの感想でした。ソアラも初期は大変だったと思いますね。
Posted by スギモト at 2017年02月21日 21:20
健太朗です。
スギモトさん、はじめまして! コメントありがとうございます。
やっぱり初代というのはいいですね、造る人に力が入ってる気がします。

私はゲームウォッチというのはよく知りませんが、この話にご登場の社長さんはブロック崩しやインベーダーゲーム等の時代です。
喫茶店などのテーブルの代わりにこのゲーム機が置いてあって、ガラスの下のブラウン管テレビでゲームをします、またテーブルの手前のレバーとボタンで操作します、ですから今のコンピュータゲームのようにソフトを換えればいろいろなゲームが楽しめる、というのではありません。
1ゲーム100円だったと思います
懐かしいですね。

クルマでデジタル時代の幕開けといえばなんと言ってもEFIなどの電子制御燃料噴射ですが、一部の高級車に付いたエレクトロマルチビジョンを思い出します。
液晶テレビのはしりですがTVは感度が悪くてあまり役に立ちませんでしたし、この画面に映るカーナビ以前のカーナビがありまして、荒っぽい地図が写るだけのものでした、それでもオーナー氏に聴くとケッコウ役に立つ、という負け惜しみのような答えが返ってきました。
その時は近い将来に、まさかこんなに精巧で便利なカーナビゲーションシステムが出来るとは思っていなかったので、「いいな!」とうらやましく思って聴いていました。


Posted by 健太朗 at 2017年02月23日 22:18
ハードロジック ボードゲーム
結構電気を食う
壊れると修理が大変
おかげで部品がなくてIC高騰

ソアラって高級装備満載だったのですね
Posted by 農家 at 2017年04月19日 12:07
健太朗です。
農家さんコメントありがとうございます。

テーブル式コンピュータゲームはハードロジック ボードゲームと言うんですか。
まだPCが電子頭脳の時代ですから、すごいもんができた、なんて思っていましたがあれにもご苦労があったんですね。

思い出しましたが、ソアラに装備のオートドライブも当時先進のもので速度をセットした状態で加減速してもセットした速度をICが覚えていて、アクセルを放せばもとの速度に戻る、という優れものでした。


Posted by 健太朗 at 2017年04月19日 22:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック