2016年03月02日

今度はKal-El.comと名付けました

  我が家の天井裏収納庫は私なりに整理整頓はしていますがこんなに荷物が多くなりますと、もはや整理をするより荷物を減らすことのほうが先決だ、と思って手を付け始めたところ、大量のパソコンパーツが気になって前に進めません。

 自作パソコンに手を出してからもう15年、その間に使ったお小遣いも〇〇ですが、もう使わなくなったパーツ類もたくさんあります。

 全部まとめて捨てればよいのですが、これが実は捨てるのも大変です、まだ箱に入って片づけてあるものもありますから分別から始めなければなりません。

 そこで思いついたのは、ケースに組み込むるだけ組み込んでパソコン本体として捨てる、という方法です。

 

      Kalelcom02_4Kalelcom01
                      古いケースに、     

                  Kalelcom01_2 外して置いてあったマザーボード、ペンティアムディュアルコアが載っています。

 

                     Kalelcom02_4                                           なんとここにビッグタイフーンなんか組み付けて、

                 Kalelcom01_3
  マザーボードにはファンレス・グラフィックスカード、それを冷やすためのファン、USBカードを付けて、後ろにはUSB端子とファンコントローラー、そしてHDDは3台付けてみました。

 

        Kalelcom_3         Kalelcom_5


  前面には光学ドライブ2台、FDD2台のうち1台はカードドライブ付き、USB端子付きカードドライブ、そしてファンコントローラーを付けるともう一杯です。
  後面はESATAと外部電源の端子、LANカ-ドなどで埋め尽くします。

 

  さあそれで、マザーボードとDVDドライブ、それにHDD、これだけ配線して試しにCMOSの日付と時間を合わしてWindows7をインストールしてみました。

 裸のままでは危ないのでWindowsディフェンダーをオンにしてWindowsアップデートをしてみました、するとどうでしょうほとんど自動的にアクティベーションを済ませて、よそ見している間に勝手にWindows10にアップグレードされてしまいました。
 そこでこのジャンクパソコンにKal-El.comと名付けました、.comは集大成(compile)で、私の自作パソコンの総まとめですね。

 今のところ捨てるはずのパーツを組んだジャンクのようなパソコンを使うつもりはありませんが、このHDDを使った新しい自作パソコンを組み立てることもできるわけで、なんだか楽しみが一つ増えたようです。

 とりあえずこれはパソコン1台として残しておきます。

 その他、捨てるものは、P5BDXマザーボードを始めPentum4・seleronCPU、ファンレスクーラーや電源、各種ボードなどいずれもWindowsXP・Vistaのころのパーツですから、全く役に立ちませんのでもう一つのケースに組み付けるというより放り込んで、廃品回収に出すことにしました。

 これで屋根裏収納庫の片づけに弾みがついたというものです

 

posted by 健太朗 at 14:08| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結構重くて電気食います
お金も随分突っ込みましたね
邪魔になれば処分
省エネ主流ですね
自分もhpの安サーバー 電源立派
未だOS入れてない
DELLのペンプロ300サーバー2台~NT3 電源しょぼい
日立Pen3-500*2とか有るが NT3
使ってませんね
Posted by 農家 at 2016年03月02日 21:39
健太朗です。
農家さん、コメントありがとうございます。

農家さんもかなり凝ってられるようですね。
しかし近頃はパソコンの性能も、底辺が高くなっていますから、自作は高くつくようになってきました。
それにノートパソコンやタブレットを使い始めると、手軽に気軽にしかも便利に使えますので、デスクトップパソコンがなんだかたいそうな気がして、ついついノートを使ってしまいます、でもやっぱり、自作魂がひょいと主張してデスクトップは手放せないんですよね。
そして使わない古いものを処分する捨てるとなると、これがまた気持ちも労力も大変なのです。

農家さん、わかってくれますよね。
Posted by 健太朗 at 2016年03月03日 13:32
お久しぶりです。

うちのPCは5年間隔ぐらいで一挙に新品製作するので、あまり不要な部品はないのですが、それでも2004年ごろに初めてPCを買ったDellのDimension 8400という機種。さすがにこれはもう使っていないので捨てなければと思いつつ、押し入れにしまったままです。

この機種はCPUファンも含めてデル専用の設計で、925XのLGA775形式のマザーボードもですが、ケースも含めて全く他に流用ができずもう処分するしかなさそうです。オークションには出品したことは一度もありませんが、でもひょっとすると事情があって世の中でまだ使っている人がいて、代替部品代わりに中古品を欲しい人がいるかもしれませんね。

私の場合は、デジカメやら動画編集、音楽の波形編集ソフトあたりはかなり重い作業なので、どうしても高性能な、しかもHDDもたくさん内臓できるディスクトップのPCが必要になります。巨大なローボードにPC2台と24インチモニターを設置しています。まあそんな用途でなければノートやタブレットでも十分なのですが。 
  
    
  
私はよくハードオフとかで家電の中古品を買ったりしています。
ソニーの選曲20キーが本体についているCDプレーヤー X55ES。これを中古で手に入れて多少整備して今も現役で活躍中です。本体選曲20キーは非常に使いやすいと思うのですが、最近のCDプレーヤー本体には、コストのせいなのか選曲キーは省略され、リモコンのみになっていますが、やはり本体選曲キーは使いやすくて手放せません。
  
  
また最近では2010年頃に発売されていましたソニーのBDプレーヤー BDP-S370を中古購入しました。

この中古品を買った理由というのが、我が家の中古で買った地デジ付の最後で最強ハイビジョンブラウン管TV ソニーKD-36HR500という名のテレビ、TVの発売時期の関係からかHDMI端子が無く、アナログハイビジョンのD4端子とコンポーネント端子があるのみで、2011年以後に登場したPS3も含めて、BDプレーヤーやレコーダーには、アナログハイビジョンの映像出力が制限されてしまい、実質HDMI端子一択となってしまいました。

時すでに遅しで、このことを最近知ったので、アナログハイビジョン出力が有効なちょっと古いBDプレーヤーを急遽購入し役立っています。
  
  
  
PCケースも最近のは5インチベイや3.5インチベイが少ないのが主流なのですが、私のパソコンはデジカメとかの大量のデータを保存するのに、HDDを裸のまま差し換えを行うので、差し替え用のリムーバル用のラック設置のために5インチベイが2つ必要で、あとBDドライブとファンコンも兼ねた消費電力メーターも設置すると全部で4つベイが必要です。

USB3.0用の端子もフロントに1つは欲しいので、カードーリーターとの兼用でフロントの3.5インチベイに1つカードリーダーを取り付けています。
 
 
ところが最近のPCケースはやたらと外部ベイが少ないものばかりなので、出先でハードオフとかの中古品屋を見つけるとすぐさま立ち寄り中古PCケースとか品定めして、いいのが格安であれば速攻で買ったりしています。

一昔前のPCケースだと裏面配線とか、CPUファン用のバックプレート部分が開けられているケースはなかなか無いものの、ATXの規格だけはずっとほぼ変わらないままなので、私はPCケースだけは捨てずに使いまわしていますよ。5インチベイ4つ+3.5インチベイ1つ+HDDが6個ほど内臓できるケースは無いものかと時々探しています。
Posted by カクシカおじさん at 2016年03月28日 22:21
健太朗です。
カクシカおじさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

今回使ったOwltech OWL-PCR7II(SW) というケースは、実は平成18年5月号のWinPCと言う雑誌の懸賞でもらったものでなのです。
これがまた、どんなパーツも受け入れてくれる、本当に使い勝手が良いケースで、Pntium4 530Jの時代から指を折ったら数え切れないほどのパーツを組み込んで使って来ました。
5吋ベイは4つ、3.5吋ベイ2つとHDD用が5つありますから、カクシカおじさんのニーズにも合うのかもしれませんね、こういう旧式のすべてビス止めのケースは汎用性が高いのでいつまでも使えるのがいいところでしょう、もしかしたら今、最新のパーツを組み込んでも使えるかもしれませんが、もう前面パネルのプラスチックの部分が色あせています。
木製のパネルでも作ってみたら、なんて考えてみましたが想像の世界では家具のようなものが出来るのですが・・・、
ともあれ、これにパーツを目いっぱい組込んでみたら、重くて屋根裏まで持って上がれません、それでもこのままWindows10が動作しているので立派なパソコンです。
しかし今回は恵安の KN1000Mと言うケースと一緒に大量のパーツを思い切って捨てましたので、すっきりしました。
Posted by 健太朗 at 2016年04月02日 11:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック