2015年09月14日

小さな星・パブリカ・スターレット

 雪印魔法瓶が「エアポット『押すだけ』」を、エースコックが「カレーヌードル」を発売し、山口百恵がシングル「としごろ」で歌手デビューした昭和48年、あの石油ショックによってパニックと狂乱物価をもたらした大騒動、その直前の4月にパブリカ・スターレットが登場しました。

                     01

 それはジョルジェット・ジウジアーロのデザインによる角張ったクーペでした、フロンテ・クーペや二代ジェミニ、さらには初代ゴルフやロータス・エスプリにもよく似ていますよね。

         02
              カタログが痛んでいて、少々画像が乱れています。

 

 パブリカ・スターレットの型式はKP45、トヨタの通例でKはエンジン型式Pは車体そして4は4代目を、最後の5はクーペを表わしています、ですから初代は空冷エンジンのUP10パブリカ700です、そしてパブリカの名がとれた二代目以降のスターレットもPが車体型式になっています、スターレットとしては5代目のEP91型は平成11年で生産を終えましたが、その後のヴィッツはSCP10つまりCP型の初代となっていますが、Pを継承していることがパブリカやスターレットの後継車であることを表しています。

       03 

 パブリカ・スターレットのエンジンと車台は3代目パブリカKP30型を引き継いでいますから初代カローラKE10型を改良したものです、ですから本来カローラがパブリカの後継であってもおかしくないのですが、当時トヨタはCで始まる車名に特別な想いがあったようです。

          06 

 パブリカが登場する前のトヨタにはクラウンとコロナしかなかったのですが、より小型の乗用車を出すときに公簿でパブリカ(パブリックカーからの造語)の車名が決まったのです。

          07 

 しかし格安な代わりに空冷で簡素だったパブリカは、発売当初、売れ行きがぱっとしなかったので苦戦を強いられたそうです、そこで次のクルマはクラウン(CROWN・王冠)とコロナ(CORONA・太陽冠)と同じCで始まるカローラ(COROLLA・花冠)になったということです。

        04
          こちらはOEMのダイハツ コンソルテ・クーペ          

 そしてサニー1000に対抗して急遽1100ccになったので800ccのパブリカが一挙に1100ccになるのには当時の、排気量で車格が決まった時代では抵抗があったのかもしれませんね。

 「プラス100の余裕」というテレビコマーシャルは話題になりました、以来トヨタのクルマはCで始まる車名が多いのです。

 しかしパブリカの後継車にはそんなジンクスにこだわってないでもっと画期的な新型を、というわけでイタルデザイン-ジウジアーロのデザインを取り入れて「小さな星」に希望を託した、ということのようです。

 さてそのパブリカ・スターレットですが、私の印象は、当然ですが「KE10KP30とおんなじクルマや」でした。それでも乗り味はずいぶんまろやかになっていました、K型エンジンの、否トヨタのエンジンのちょっとした欠点はバルブシステムの騒音でしたが、もうこの頃には気にならないほどに静かになっていました。

        05 

 余談ですが、K型エンジンはスターレットの最終期に油圧式のタペットが採用されて驚くほど静かになりましたが、これを最後にタウンエースなどの商業車用エンジンになってしまいました。

 パブリカ・スターレットの室内は前後席とも広く、とても3780mmの小さなクルマだとは思えないほどでした、特にトランクルームは交換用スノータイヤが4本、ストレスなく収まるほどでした、当時、自身のタイヤが4本入るトランクはなかったと思います、でも、何年かしてラジアルタイヤに替わったら3本しか入らなくなりました。

 それにしてもカタログにあるイラストがジウジアーロのデザインだとしたら、そのままを現車にするトヨタの技術、日本のクルマ作りはたいしたものだと思わされたことが記憶に残っています。

 

posted by 健太朗 at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初のスケッチから
ここまで変化させるとは
その後 結構かっこいいのが出ましたね
横目の*** 名前が出てきません
狭かった 
DEで燃費は良かった これはカローラ2だったか
Posted by 農家 at 2015年10月11日 13:25
健太朗です。
農家さんコメントありがとうございます。

カローラⅡはたしか2代目にN型ディーゼルが載ったのではないかと思いますが、あの頃のトヨタのディーゼルエンジンは振動が激しくて、配線が切れるなど苦労をさせられた思い出があります、でも力強いエンジンでした。
Posted by 健太朗 at 2015年10月12日 12:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック