2015年07月06日

アクアの場合・その3

 アクアのユーザーになってそろそろ6ヶ月、すっかりアクアのハイブリッド故の違和感にも慣れました。

 街中でも高速道路でも走行音が静かなことがいかにも心地よく、快適なアクア・ライフを愉しんでいます、高速での走行音、エンジン音、タイヤの唸り、風切音も静かなことは大衆車としては第一級と言ってもいいのではないかと思っています。

 更にEVモードではわずかに聞こえるモーター音が心地よく、アイドリングストップ、否、そもそもアイドリングがないのですが、そんなときの聞こえるクーラーコンプレッサーを駆動するモーター音もまるで静かなリビングにでもいるような気持ちにさせてくれます。

Photo

 この静けさを作ってくれるのに必要な燃料代は、今月初旬、三朝温泉まで旅行した時には約650km走行ってたった2,800円だったのですから、エコですよね。

 現在までの実用燃費の最高は満タン法で29.4km/Lでした。

 でもこのシステムがもっと小粋なクルマに積まれていたら、なんて思いますが本当はラウムのような使い勝手の良い車体を選んでいただいたらもっと良かったのかもしれませんね。

 いえいえ、アクアの車体が悪いわけではありません、すらっとして軽量な空力特性に優れたデザインだからこそHVは成り立つのかもしれません。

 もちろん欠点もあります、軽量ボディに転がり抵抗の少ないエコタイヤですから、街中の荒れた路面ではごつごつと来る突き上げ感が静かな乗用車のイメージを壊し、ムカシのスポーツタイプを思い起こします、また高速湾岸線での横風に弱いのはちょっと意外でした。

 ラウムから乗り換えた身にはちょっと狭く感じる車室内も、乗りたいと思っていたチンクエチェントのような狭っ苦しさはなく、乗ってしまえばけっこう快適でちょっと暗い分、落ち着きを感じます、エンジンをかけずにクーラーが利いているというのは休憩のときに気楽なものですね。

Carlineup_aqua_grade_grade4

 でもこういう時に駆動用のバッテリーの容量が充分でないと時々エンジンが掛かって、それが思いのほか高回転だからなんだか後ろめたい気がします、そんなときプラグインだったらいいのに、なんて思います。

 私はどうも第一印象よりも乗っているうちに愛着がわくタイプのようで、自分の性格の一面を見たような気がしています

posted by 健太朗 at 17:02| Comment(4) | TrackBack(0) | アクアの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このシャーシを使ってシエンタが出ましたね。

やっと衝突防止が5万円アップで、いずれ全車付くみたい
単眼+レーダーで大衆車、軽 共通のようですね。
Posted by 農家 at 2015年07月13日 10:21
健太朗です。
農家さんコメントありがとうございます。

シエンタ出ましたね、ラウムのようなボディにハイブリッドシステムを組み込んだらいい、なんて言ってたらシエンタでしたね。
カローラと合わせて、これで小型のハイブリッド普及に弾みが付くでしょう。
でもあのボディデザインには??を付けたくなります。

さて、衝突防止装置ですが私はまだ試乗する機会がないのですが、どれほどの効果があるものなんでしょう、そういう場面に遭遇して事故が防げたら5万円は安いものでしょうが、衝突防止装置が有効に働くには、その条件はかなりシビアなものなのでしょう、これは例えばエアバック等にも当てはまるのではないでしょうか、斜めに衝突したら開かないとか。

どうも広告に踊らされているような気がしなくもない、と思いませんか。
Posted by 健太朗 at 2015年07月13日 13:51
渋滞中2回 数十万被害 女性運転手
自分10kmhで追突1回 バンパー交換

皆 装置あれば 防げたと思う
でも板金やサン干上がるかな

誤作動事故も起きるから全車義務化
特にトラックバスですね

シエンタは売れないでしょう
というか もう日本車は終了

インド、中国、タイ 高級車は欧州
Posted by 農家 at 2015年07月13日 14:38
健太朗です。
農家さんコメントありがとうございます。

日本車が終了したら日本の経済はどうなってしまうのでしょうね。
Posted by 健太朗 at 2015年07月16日 11:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック