2015年05月19日

カタログコレクションから・スズキ カプチーノ

      02 

 

 満開の桜並木、避暑地の緑のトンネル、燃えるような紅葉のワインディングロード、陽射しのやわらかな冬の海岸通り。閉じていた屋根を開いて、爽やかな風とひとつになると、季節はもっと輝きます。

 

 こんな文章で始まり、この後このカタログはオープンエアモータリングの魅力を得々と説いています、そして、

 

 たぶんこの人生には、一度は乗っておきたいクルマが存在するに違いありません。

 というのです。ひとの心にズバッと入ってくる文章ではありませんか。

 まだあります。

 

 カプチーノは現代的なマーケティング理論から生まれたクルマではありません、こんなクルマに乗りたい!という若い開発者の夢が出発点。流行にとらわれないロングノーズ&ショートデッキ…云々。

 

 最近の自動車家電化時代を揶揄するようです、心にズバッと入ってくる私はもう年寄りだけど、若い開発者にもこういう夢があるというのならこんなにうれしいことはありません、なんて思います。

 

       01 

 

 好景気で余裕のある頃に開発され、まさにバブル崩壊後の平成3年11月に発売され7年間、2万6千台余りで撤退した、という生まれつき不運なクルマなのかもしれませんが、昭和の時代からオープン2シーターはイメージリーダーにはなっても量販は出来ないというのが定説になっているのですから、これはこれで人々に夢をみさせてくれて、良かったのではないでしょうか。 

 カプチーノはカタログの文言通り、自分たちが欲しいクルマ、運転が楽しい後輪駆動のスポーツカーというコンセプトで創られたそうです。


         Photo

 エンジンはアルト、ギアボックスはジムニーですが、車台は専用で前後輪ダブルウイッシュボーン、全輪ディスクブレーキを備えた本格的スポーツカー仕様になっています。

 

           Photo_6            

 

 カプチーノのもう一つの特徴はそのルーフにあります、ルーフ天板が左右と中央の3分割で脱着出来るのです、そうするとリアウインドウ部分が電動で下に下がって隠れます。

 これを組み合わせることでフルオープン、タルガトップ、Tバールーフそしてクローズド・ハードトップと姿を変えます、でも残念なことにこのルーフには雨漏りの悩みがあったようです、全部溶接で固めてしまったという話もあります。

 

        Photo_3 

 

 当時の自動車雑誌の試乗記にこんなのがありました。

 

 「カプチーノは世界一居住空間が狭いクルマかもしれない。」

 

 カタログにはこんな文章もあります。

 

二人しか乗れないし、荷物もたくさんは積めない。

フルオープンエアの走りが本当に快適な時期も、

実は僅かかもしれない。

でも、それでもいいサと言ってくださる方に、

カプチーノは微笑みます。

安楽や快適さとは一線を画した、その潔さが、

ドライビングの歓びを純粋なものにしてくれるのです。

 

 だからスポーツカーはかっこいいのでしょうね。

 

 「芸術は無駄、だから芸術なのだ」

 

 と言った人もいます。

 

       Photo_4

 

 今年あたり、新型カプチーノのうわさもチラリと耳にします。

 景気低迷期からようやく脱出しようとしている今ならまた違った結果になるのかもしれませんね。

 カプチーノが発売された平成3年当時、ホンダビートやマツダAZ-1などの軽スポーツカーのライバルがありましたが、現在もS660やコペンと、強力なライバルが出そろっています、ニューカプチーノが出てくるとなるとクルマ好きには楽しみが一つ増えますね。 

posted by 健太朗 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カタログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック