2015年03月01日

アクア 第一印象

 アクアのユーザーになってまず感じたのは、エンジン音とクルマの実際のスピードが一致しないという異次元の感覚です。

 

       01
                                                     渥美半島のキャベツ畑をバックにしたマイ・アクア 

 

 ハイブリッド車の場合、エンジンをかけるというよりスイッチを入れるという感じですが、まずスタ-トボタンを押してメーターパネルに「READY」のアイコンが現れると発車できますが、しばらくしてエンジンがかかります、でもこの時点ではエンジンは駆動用ではなくヒーターを温めるため、もしくは暖機運転ですからアクセルペダルを踏んで発車してもEVモードなのでエンジン音は変わりません、ここで急加速したり登坂しなければEVモードのままですから50km/hくらいまでモーターで駆動します。

 

 ヒーターが少し温まって暖気運転が終わるとエンジンは止まってしまいます、でもクルマは走行中ですからタイヤの音とわずかなモーターの音が混ざって聞こえてきますが「えっ」と思うくらい静かなのです、エンストして惰性で走っている状態とでも言いましょうか、これが異次元感覚だと思うのです。
 

 もう一つは車室内の暗さです、黒を基調にした内装がスポーティーだというのですがなぜでしょう、ラウムのベージュの内装から黒に乗り換えるとことにそう思います。

 でもお洒落なブリリアント・レッドというオレンジに似た赤とグレーっぽいベージュのシートなどは気に入ってます。

 

 ま、今のところ第一印象ですから細かいことはこの次、ということにしますが、おおむね可もなく不可もない一般的トヨタ車のセオリー通りだというところです。

 それが大きな魅力の一つでしょう、・・・と思います。

posted by 健太朗 at 21:48| Comment(5) | TrackBack(0) | アクアの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よく作り仕上げたものです。
遊星歯車 電池 エンジン
OSはwin95以上らしい
1000人単位のsoft技術者
此処が真似できないらしいです。

友人乗ってますが満足してますね。
リーフに乗る人はいつも不満 県内3台目
奥様のプリウスに世話なるそうです
Posted by 農家 at 2015年03月01日 22:57
健太朗です。
農家さんコメントありがとうございます。

ホント、良く出来ていますね、可もなく不可もなくという平凡、これは難しいものなんでしょうね。

人間だって平凡が一番難しいのです、ハイ。
Posted by 健太朗 at 2015年03月02日 23:04
昨日純正タイヤほぼ丸坊主鉄ホイルに乗るご夫婦発見
相当日本中旅行されてるなと思いました。
Posted by 農家 at 2015年03月04日 20:25
健太朗です。

憧れますね、私も夫婦で日本中タイヤが坊主になるくらい旅行してみたいですね。

ちょっと複雑な気分ですが、老夫婦が当てもなく旅行するなら、アクアよりラウムのほうが良かったような気がします。
Posted by 健太朗 at 2015年03月04日 21:12
見かけるのは原色のアルミの若奥様買い物
ばかりですから、ちょと異質なアクアでした。
PADも長持ち、タイヤも純正は持ちますね。
同じ銘柄でも補修用は半分しか持たない。

横浜時代近所のホンダデーラーで
の話、ホンダの役員はタイヤ交換は
純正取り寄せで面倒だとか言ってました。

意味深ですねラウムの方が良いとか

自分の両親は世界中旅してました。
自分もリタイヤしたので。。と思いましたが
町内役とか介護で動けません。
Posted by 農家 at 2015年03月05日 12:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック