2015年01月28日

未来・現在・過去  フューチャー・未来

   人間と地球の未来は今、決して楽観視出来るものではありません。

   戦争、飢餓、災害、テロなどは人間のエゴの心が引き起こしたものです、人間の心は本来「善」なのですから善の心を甦らせることから始めなければなりません。

 

   自動車が発明されたのは19世紀のおわり、20世紀なってびっくりするような発展をしました、日本では戦後の70年です、永い人間と地球の歴史の中、私たち人間は地球が永い間かかって創りだした化石燃料という資源をこんなに短い間に使い果たそうとしているのです。

 

   一般の市民がいつ、どこでも、どこまででも、自由に個人用の自動車に乗って走って行ける、こんなことが当たり前になったのはいつごろからでしょう、いつまで続けられるのでしょう。

 

   私たちの文明はエゴによってこの大切な地球を壊そうとしているのです、地球は怒っています、一日も早く持続可能な文明社会を作り出さなくてはなりません。

 

   てなことを、小難しく言ってみてもどうしていいのかわかりません、相も変わらず新しいクルマに乗りたいと思っているのです。

   でも自動車メーカーは真剣に考えてくれています、トヨタでは水素で走る燃料電池車を売り出しました、その名も「ミライ」、これは燃料電池といいますが発電装置なのです、小学校で習ったことですが、水を電気分解すると水素と酸素が出来ます、これを逆にやると水素と酸素がくっついて水になりますがこの時電気が発生します、この電気でモーターを回すという原理ですがこれ以上難しいことはわかりませんので質問はご容赦を…。

 

                     Photo

 

   しかしこれが究極のエコカーといわれるのは排気ガスを一切出さない、排出するのは水だけというところからです。

   でも現実には水素は石油や天然ガスから作るそうですよ、それにガススタンドを作るのに何億もかかるとか…、クルマ自体もお高いし、まだまだこれは文字通り「未来」ですよね。

 

   日産は電気自動車を発売しています、「リーフ」です、三菱には「アイ・ミーブ」があります。

                     Photo_2 

 

   これらはもう少し解り易くて、電池を外部から充電してモーターを回します、ミライよりもう少し現実的です。

   そしてモーターですから排気ガスは出ません、これもエコカーですが発電所では排気ガスを出していますから発電所の燃料を変える必要があります。

 

   原子力発電は人間が制御できないことが判明しましたので問題外です。

 

   EVは電池の性能と容量がイノチですが、リーフの場合一回充電するのに少なくとも30分かかるそうです、これがたった300円で出来ますが228kmしか走れません、そして充電をするための充電スポットは全国で6460ヶ所あるそうですが、ガソリンスタンドが4万ヶ所近くあることを考えたらまだまだ少ないですよね。

 

 クルマ自体もお高いしこれもまだ「ミライ」ですよね。

posted by 健太朗 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車屋のかどで立ち話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック