2014年09月02日

和尚さんのミニカ

  考えてみたらこのブログで三菱のはなしを書いたことなかったですね、そこで今回はミニカのはなしです。 

        Minica1

 以前、幼なじみのてんとう虫、というはなしを書きましたが、そのスバル360の代替として和尚さんが乗られた三菱ミニカです。

         Minica2

 三菱ミニカという車種は昭和38年に初代ミニカが発売されて平成23年まで、実に8代45年という長寿命の名跡なのです。

 日本の乗用車の中でもっとも長寿なのは言わずと知れたクラウンの14代59年ということになりますが、軽自動車ではこのミニカがNO.1なのです、でもミニカの名前は既に廃止されておりますからクラウンと違って破られるかもしれない記録ですね。

 さて和尚さんのミニカは初代のマイナーチェンジ後、1964年式です。

 

 初代ミニカの後期型はME24型2サイクル強制空冷直列2気筒359cc18馬力リードバルブ管制方式・分離給油方式、という当時の2サイクルエンジンの最先端技術が盛り込まれています。

 

        Mengin 

 強制空冷というのはオートバイのようなフインで覆われたエンジンをブリキ板のような薄い鉄板ですっぽり包み込んで、この隙間に大量の空気(風)を送り込んで冷却するというもので、現在ではもうお目にかかれませんが軽自動車の発展途上では盛んに使われた方式で、コストパフォーマンスは良いのですが騒音を抑えるのが難しく、各メーカーではいろいろな工夫をしていたようです。

 またリードバルブ管制方式というのは、2サイクルエンジン特有の吹き返しを防ぐために吸入ポートにハーモニカのリードのような逆流防止弁を組み込んだものです、これによって吸入効率が良くなって性能を上げられたのです。

 私の記憶では軽自動車2サイクルエンジンの中では一番、回転がスムーズでふけ上がりが安定していて使いやすいエンジンだったと思います。

 それはシャシに癖がなくしっかりしていたからではなかったかと思います。

         Minica3

 

 実はミニカは当時の新三菱重工のクルマですが、水島自動車製作所というメーカーの製品だったのです、もちろん三菱グループの会社ですが、戦前は水島航空機製作所で海軍一式陸上攻撃機を作っていました。

 一式とは皇紀2601年4月に制式採用されて名づけられたもので、星型14気筒42.1立1530馬力、金星、というエンジンを載せて空気抵抗の少ない双発機だったそうです。

 そして戦後は、水島機器製作所に改名してオート三輪「みずしま」から軽三輪「ペット・レオ」を三菱レオとして発売、その後社名を水島自動車製作所として三菱360という商業車を開発、ライバルに較べて乗用車的な居住性と高級感を備え、三菱のブランド力も加わって人気があった車でした。

        Minica4

 その三菱360をベースにして作られたクルマですから、堅実、平凡で先進技術に乏しい代わりに信頼性のあるクルマで、前・横置きリーフのダブルウイッシュボーン、後・リーフリジットです。
 まだ技術力に乏しい時代のFFやRRより当然乗りやすく使いやすいクルマであったことは間違いありません。

        01 

 和尚さんがミニカに乗ってから、以前のスバル360のように電柱にガリガリこするようなことがなくなったことは言うまでもありませんが、その後の和尚さんのクルマは昭和45-6年ごろに乗り換えられたミニカF4を含めて、引退されるまで見事に無傷でした。

        02

posted by 健太朗 at 22:15| Comment(10) | TrackBack(0) | ミツビシの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく拝見しております。
田舎の祖父が80年代前半まで初代ミニカの後期型に乗っておりました。夏休みには当時小学生だったわたしと姉を乗せて、川遊びなどに連れて行ってくれたものです。当時すでに相当古いクルマだったにも関わらずいつもピカピカで、出かける時は車庫代わりの納屋の中で「ボロッポポ〜」と一発で元気よく目覚めていました。
また、近年の自動車と比べると圧倒的に狭くてエアコンも無く、出せるスピードも知れたものだったはずなのですが、不思議なことにミニカに乗っていて狭いとか暑いとか遅いとか、そういう嫌な思いをした覚えは全くありませんでした。
先日、偶然ある場所で初代ミニカを目にしました。そばに立ってみると宅配便の箱くらいの大きさに見え、こんなのに人が乗れるのかと疑ったほどでしたが、よく見ればまぎれもない本物の「おじいちゃんのクルマ」で、自分を縦にも横にも大きくした歳月の長さを思い知りため息をついたものでした。
Posted by ZONO at 2017年07月28日 18:52
健太朗です。
ZONOさん、楽しい思いで話しを有り難うございます。

そうですね、まだクルマにクーラーがなかった頃は、だから熱い、なんて思いませんでしたね。
 そしてミニカはキビキビとよく走る車でしたが、今のクルマとは比べものにならないくらい遅くて狭かったのでしょうね、なにしろ全長3m、360cc21馬力ですから。

Posted by 健太朗 at 2017年07月29日 13:16
こんばんは。古い三菱車の話をされていたので横から失礼します。私は5年ほど前縁あって三菱自動車黎明期を支えた片山徳夫さんのお墓参りをしました。(新司偵を造った久保富夫さんの部下で、シルバーピジョンの設計技師でもありました)偶々見つけたwebに面白い記事がありましたので参考まで。http://www.webcg.net/articles/-/5453
あとまだ先の話ですが当方縁あって10/15(日)京都ヴィンテージカーフェス(場所は京都府自動車整備振興会)へのカタログ展示参加が決まりました。もし御時間ありましたら是非来場願います!
Posted by なび☆えこ at 2017年07月31日 23:17
健太朗です。
ナビゲーター☆エコーさん、貴重な情報ありがとうございます。

 京都ヴィンテージカーフェスは面白そうですが、詳細が判りませんので調べてみます。
Posted by 健太朗 at 2017年08月02日 16:46
健太朗さん
返信有難う御座います。また日が近くなった際に此方に御邪魔します。今私が聞いているのは「10/15(日)京都市 京都運輸支局で開催」です。
Posted by なび☆えこ at 2017年08月06日 00:07
こんにちは。
京都VTGカーイベントが今度の日曜15(日)に開催です。
ただ天気がチョッと怪しいも、自称晴れ男が何とかします!?
一応イベントは雨天決行で、当方も天気に関係無く現地に伺います。
御都合宜しければ是非お出掛け下さい。
日時 2017年10月15日(日) 10時~15時 (雨天決行・荒天中止)
会場 京都運輸支局構内 特設会場(京都市伏見区竹田向代町37)
備考  てんけんくんフェスの併設イベントとして旧車展示が開催です。
以上です。
Posted by なび☆えこ at 2017年10月09日 19:46
健太朗です。
なび☆えこさん、てんけんフェスの情報ありがとうございます。
15日はお天気が心配ですね。
私、近くの氏神さんの役員をしておりますので、22日に行われる神輿渡御の準備に恐らく午前中とられますので、それが終わり次第に駆けつけようと思っていますがお天気の具合によっては間に合わない恐れもあります。
もしもの折はあしからず。
Posted by 健太朗 at 2017年10月13日 22:03
こんばんは。
「明日の天気は任せなさい!」と言いたいところですが・・・
尚、当方は天気に関わらず現地に伺っております。
もし雨の際は、旧車展示のテントの一角か近くの屋根が確保出来る
場所でカタログ展示の予定です。(不明の際は受付に照会ください)
尚、天気も怪しいため、ご無理なさらずでお願いします。
Posted by なび☆えこ at 2017年10月14日 20:46
健太朗です。
なび☆えこさん、日曜日はごめんなさい。
せっかくのお誘いでしたが、装う通り雨になってしまいました。
私も晴れ男を自負するものですが、秋雨前線には勝てませんでした。
もう神輿倉と急ごしらえのテントを行き来してずぶ濡れで、終わったのは15時前でした。
又の機会と言うことで ・・・・・・ 失礼しました。
Posted by 健太朗 at 2017年10月16日 22:05
こんばんは!
晴れ男の本領発揮出来ず申し訳御座いません。
京都にはギャランのデザイナーさんもお住まいで、また何かの
イベント等で御邪魔したいと考えております。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by なび☆えこ at 2017年10月18日 23:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック