2014年07月06日

フロンテ・クーペ

  昭和46年秋、実に夢のあるクーペが発売されました、スズキ・フロンテ・クーペです。

          04 

  今でもそうかもしれませんが、360時代の軽自動車は実用性と経済性がより強く求められ、3m×1.2mの小さなボディに、しっかり4人が乗れてしかも荷物室も大きく更に40数万円で買える、というセオリーが求められていました。

  それはスポーツタイプでも同じで、ホンダZやMAXハードトップでも、またマツダR360クーペにも狭いながらもちゃんとリアシートがありました。

  ところがスズキはフロンテクーペでこれらの不文律をかなぐり捨てて二人乗りに徹したのです、これによって軽自動車には珍しく夢あふれるクーペが誕生したのです。
          

           07 

  そのデザインは、イタリアのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロの作品だといわれましたが、実際はちょっと違うようです、スズキがジウジアーロから買ったのはミニバンのようなスタイルの4ドア車のデザインだったのです。

          01 

  余談ですがキャリー・バンL40もジウジアーロのデザインだというのですからスズキ自動車は2種類のバンのデザインをジウジアーロから買ったのでしょうか。

  いずれにしろそのうち1台のバンのデザインをスズキのデザイナーがスポーティーなクーペに仕立て直した、ということのようですからスズキのデザイナーの力もすごいものです。


          05

 

   決して派手なデザインではないのですが、ゴルフや後のデロリアンにも似ていて、今のコンピュータデザインのごてごて感も無く、しかしこの時代の、夢、をこの小さなボディにギュッと詰め込んだデザインだと思います。

 

  さて、フロンテクーペは当時のフロンテのバリエーションとしての位置づけですから、シャシもリアエンジンも同じですが形式呼称がフロンテのLC10に対してクーペはLC10Wとなって2サイクル3気筒エンジンは水冷化されました。
          

          06          

   空冷式エンジンのあのバカみたいによく走るけどピーキーでぶん回すエンジンは幾分まろやかで扱いやすくなった印象ですが、39psという馬力は360㏄の軽自動車としては最大級でこれを超えるのはあの、どうしても調子が出なかったMAX・ssだけですから文字通り360時代の最高峰ということになります。

  足回りも基本的にフロンテと同じ前ウイッシュボン、後トレーリングアームですがちょっと硬められた分、旋回性能がよくなってキビキビ走る感じがします、私の記憶ではやはりフロンテと同じように中速でのピッチングが気になる印象が残っています。

       

          09 

 

 スポーツカーというのは、やたら高性能で扱いにくいものよりも心情的にスポーティーで運転して楽しいクルマがいいと思っています、その点でもフロンテクーペはバランスがとれたいいクルマだったなと思います。

posted by 健太朗 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スズキの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック