2014年02月27日

ダイハツスポーツハードトップ

   今回も実際には市販されなかったクルマの話です。

   このクルマは昭和41年、ビートルズが日本武道館で公演をした、その年の東京モーターショーに出品されたショーモデルで、コンパーノのシャシにベルリーナGTの1000cc燃料噴射エンジンを載せて、イタリア風のクーペボディーを着せたもので、この美しいボディデザインは外注ではなくダイハツ独自のものだそうです。

          01

 

 

          Photo

 

   この時代は先述のビートルズ日本公演のように日本の自動車も勢いがついて来たころで、この年の5月に行われた第3回日本グランプリでは、日産R380やフェアレディ、プリンススカイラインやホンダS800などが活躍していますが、ダイハツでも写真のP3がロータスエリートなどを抑えて7位入賞を果たしています。

          P3 

   このような勢いでこの年のモーターショーにはプリンスロイヤル、カローラ、N360の他、日野スポーツプロトタイプやコルトフォーミュラ、ホンダF1、ホンダブラバムF2などのレーシングカー、シルビア、トヨタ2000GT、ベレット1600GTファーストバックなどのクーペタイプの出展も多く、その中にあってダイハツスポーツハードトップの美しさは際立っていたと私など強い印象を受けた記憶があります








posted by 健太朗 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイハツの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック