2013年10月23日

Windows8.1 スタートボタン

   VAIOにはVAIO Careというアプリが付いていて、ときどきVAIOの状態やアップデートの情報を知らせてくれる。

 そのVAIO CareWindows8.1へのバージョンアップを言ってきたので早速実行してみた。

 

Vaio_care_2

 

 Windowsは今までサービスパックという形で、主にセキュリティの対策を提供してくれたが、機能を強化するのはXPVistaに、また7から8にと大幅なモデルチェンジの時だけだったしそれには2年から4年の期間があった。

 しかし今回8から8.1に替わったのは市場の不評を受けて短期間で小改良し、しかも無料でアップデートの形でのバージョンアップだ。 

  それは何といってもスタート画面の使いにくさによるものだった、Windows8をタブレットで使うならこれでもいいそうだが私のようにPCでデスクトップを使うものには、そして歴代のWindowsから乗り換えたものにはスタートボタンがないのは実に使いにくいと思っていた。


1001_px450

 

 しょっちゅう使うアプリケーションはタスクバーにアイコンを並べておけばいいし、ノートパソコンの場合はシャットダウンしないでスリープから直接デスクトップを開くとか工夫次第で便利に使えるが、めったに使わないアプリを使おうとするとちょっといらいらすることになる。

 Photo               これはStart Menu8のスタートボタン

 

 そこで私は、Start Menu8というフリーソフトを使っていた、これは以前のWindows7などと同じようにタスクバーのスタートボタンをクリックすると上にスタートメニューが立ち上がるというもので、慣れているだけにたいそう便利なものだ。

 Win

 

 で、8.1になるとどうなるかというと、確かにスタートボタンはあるが普段は隠れているし、これをクリックしても現れるのは以前のスタート画面なのだ。

Windows81_2             こちらはWindows8.1のスタートボタン

 

 これならやっぱりStart Menu8を使い続けるしかないなと思った次第だ。

 

 しかしそのスタート画面自体は少し使いやすくなった、すべてのプログラムにあたるデスクトップのアプリが表示される画面への切り替えがボタン一つで出来るようになった、あとは多少意匠が変わったのとカスタマイズの方法が変わったようだ、でもあんまり使わないから…。

 

 サインインする前のロック画面が変わって抽象的な模様になった、これは画面右のチャームというメニューからカスタマイズできる、例えばデスクトップの背景と同じものにする、なんてのはどうだろう。

Windows81

 

posted by 健太朗 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック