2013年10月07日

自作パソコンの専門誌WinPCが休刊

 

 自作パソコンの専門雑誌WinPCが今号(11月号)をもって休刊するという。

Wenpc_201311 
 もう自作パソコンの時代は終わったということなのか、WinPCの創刊は1995年3月だそうだ、その間18年余り、紙面であまり振り返っていないが自作パソコンを取り巻く劇的な変化で、商売にならなくなったのだろう。

 

 京都にも、寺町通りというパソコンおたくの街があったが今や電気店さえ少なくなっててしまった、パーツの購入は通販に頼るしかない。

 

 パソコンが一般に普及しておよそ20年という、その間に黎明期から 全盛期、そして今や衰退期を迎えようとしている、いや待てよ、成熟期がなかったような気がする、それとも衰退期ではなくこれからゆっくり成熟していくのか、いずれにしてもパソコンはもっともっと使いやすいものにならなければならないと思う、これはソフトの問題かな。

 

 私自身2000年問題が話題になった1999年秋ごろからこの雑誌を読み始めて2002年7月、第一号の自作パソコンを完成させた、たった11年前だ。

 

 今使っているマシーンはKal-El4世と名付けた4代目、自作パソコンはマザーボードで何台と数えるので4台目だが使ったパーツはとても4台分どころではない、だが初代のパーツが今も受け継がれているものもある、そのFDDフロッピーディスクなど最近まったく使うことがない、11年は長いのか短いのか。

 

 ところがいま、私のメインマシーンはSONY VAIOノートパソコンだ、別に自作に飽きたわけではない、自作魂は今もふつふつと静かに燃えているが諸般の事情を考えるとノートパソコンは安くて手軽だ、それに世はタブレットにシフトしようとしている。

 

 性能を云々すれば、Core i5のVAIOよりPentium Dual-Coreの自作パソコンのほうがずっと速いしグラフィックも確かだし、モニターも大きいからずっと使いやすいのだが…。

 

         ところで、最近こんなものを着けてみた、お洒落でしょ。

Vaio01 
 キーボードカバーだ、早くも旧型になったVAIOのアクセサリー、SONYストアで安く売っていた、目先が変わって楽しいがオレンジ色は目にやさしくない、だがいつでもでも外せるから気分次第で着けたり外したりしたらいい。

Vaio02

 

posted by 健太朗 at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も来年初めにも4年ぶりに自作しようと計画したため、最近の情報を仕入れるべく久しぶりにパソコン雑誌を買ってみたところ、最終号との表示が。

 つい5~6年前にはたくさんの月刊のPC雑誌があったけれども、PC JAPANやらウィンドウズスタートとか、ほとんどの月刊雑誌が休刊になりましたね。

 ネット販売が盛んになる中で当然自作する人が少なくなった、ということなのでしょうか? 今後自作までする人はこだわり派ということになるのでしょう。


 私が最初にパソコンを買ったのは今から8年ほど前、自作するスキルがなかったので、ある程度カスタマイズできる、初LGA775採用だった、ペンティアム520のデルのディメンション8400というパソコンを当時20万円弱出して買いました。

 でもこのデルという会社、規模が大きすぎるのが災いしているのか、はたまた法人顧客が多いのか、インテルのチップセットのデル専用マザーボードに、独特なCPUファンを採用しておりまして、CPUファンの故障に備え予備ファンを注文しようとしたところ、「故障しない限り送らない」 ということで全く融通が利かず、もう二度と買うものかと思いましたよ。

 やはり汎用品を使わない製品は後々困る見本のような事例でした。当時汎用品を使ったゲートウェイの製品も少し後に出ていたので非常に後悔しました。これで私は融通の利く自作に転向しました。

 私の場合、自作PCで途中で部品交換したのは故障した部品だけですが、故障したオイルテックの電源とOS駆動用に使っていた10000rpmのラプターのHDDのみで、リテールのグリーンハウスのメモリーDDR2-800×2Gの2個も含め問題なく推移しています(当時バッファローのリテール品はお店に在庫がなくてグリーンハウスにした経歴が)。


 シグマの最新のデジカメの編集は純正編集ソフトに問題があるのかとても重く、XPの終焉までに一挙に最新のPCを1台組み立てる予定です。現在すでに手元にあるのは、昔に買った3Rシステム製のモニター画面付きのタワー型ケースのみで、使用するCPU・マザー・電源を現在検討中です。

 CPUは性能をある程度重視してCore i7-4771と思っていますが、マザーボードと電源は現在検討中でまだ決められずにいます。
Posted by カクシカおじさん at 2013年10月25日 13:32
健太朗です。
 カクシカおじさん、コメントありがとうございます。

 ちょっと寂しいですね、自作パソコンってホントに楽しいのに…。
 LGA775やペンティアム4、懐かしいですね。最近はセレロンでもペンティアム4より速いそうです。

 デルのパソコンは自作ファンにとって扱いにくいというのは他からも聞いたことがあります、チップセットドライバーやBIOSも手に入らないそうですね、やっぱりゼロから始めなきゃ…。
 昨年のことですが、富士通の古いパソコンのケースに最新のパーツを組んでやろうと思い立ったのですが、ケースの大幅な改造を強いられ、でも見える部分を切ったり削ったりするとみっともなくなってしまい、結局やめてしまいました。メーカー製のパソコンはどこかに独自のパーツを使っていますから、やっぱり難しいです。汎用のケースならいくら古くても何とかなるんですけどね。

 来春の自作、頑張ってください、否、楽しんでください。
 できたら教えてくださいね、楽しみにしてます。
Posted by 健太朗 at 2013年10月25日 22:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック