2013年09月30日

家財道具のファミリア

 BD1051は私にとって初めてずくしだった、初めての新車であり、初めての前輪駆動であり、オートマチック、パワーステアリングなど、今なら当たり前の装備が、それまで中古車ばかり乗っていた私をわくわくさせた、おまけに女房の希望を受けて手動式スライディングサンルーフまでおごってしまった、昭和57年のことだ。

Bd105101                                                  

 昭和の高度成長期も終わり、石油ショックと公害対策を経験し、日本のクルマも安心して乗れる時代に入って、この後にバブル経済の大騒動を控えたそんな時代、我が家の家計も少しは安定してきてようやく新車をおろせるようになった。

 ファミリアBD1051を見て驚いたのは四角いボディの後部カーゴルームだ、大きなトランクルームの下にもう一つの荷物室があって、スペアタイヤとジャッキ工具以外にワックスやウエスなどの常備品を入れてもまだ余るスペースがある、私のようにいろいろなものをいつも積んでおきたい人には重宝するするし、トランクルームを空けておくことができると買い物などで非常に助かるのだ。

Bd105104

 事実、家具屋で台所のテーブルを買ったときは、120×90のテーブルとイス4脚を飲み込んでまだ余裕があった、この場合は二人乗車だが5人乗車時でさえ自身のタイヤ4本を積んでトノカバーで隠してしまえるほどだ、しかもこのしっかりしたトノカバーの上にも荷物が載せられる、ファミリーカーとして家財道具として非常に重宝なつくりになっていたのだ。

Bd105107

  冬用タイヤを使う方にはわかって頂けると思うが、タイヤ4本がトランクに積める車は最近なくなったのではないだろうか。

 さらに後席の足元は今のラウムほどではないが、当時としてはかなりゆったりしていたことを付け加えなければならない。

 

 当時の私は、ファミリーカーの条件として、大人4人がまずまずゆったり乗れて、例えば4人が一泊か二泊の旅行に出たとして、必要な荷物と遊び道具、それに帰りのお土産などがしっかり摘めるスペースがあって、4m前後の車体と経済的なエンジンで、100万円前後で買えるクルマ、などと説いていた。

 この車の価格は106万4000円、ただしエアコンはオプションだったのでオーディオと登録経費も入れて120数万になったが、私の想いにおおよそぴったりだったし、ほとんど開けなかったが手回しで開くスライディングサンルーフもお気に入りだった、そういえばサイドウインドも手回しだしステアリングにもまだパワーアシストはついてなかった。

Bd105102

 それほど気に入ってたのに5年余りでカローラに乗り換えてしまったのは、実は以外にも故障が多かったのだ、保証が切れる3年を過ぎたころからオルタネータ、ラジエター、ウォータポンプなどの故障が相次いだ、そしてついにオートマチックトランスミッションに冷却水が混入して路上故障と相成った、さすがにこれはマツダに掛け合ったら部分クレーム対応とでもいうか、格安で修理してくれたが私の気持ちはすっかり萎えてしまった。

Bd105106

 勝手なもので、中古車ばかり乗っていたころは故障したらかえって愛着がわくぐらいだったのに「新車に乗ったら偉そうに」、などと思ったものだ。

 別れてみればその良さがわかってくるというのはカノジョもクルマも同じで、カローラに乗り換えてみれば「なんだこれは!」などと思わせられることがたくさんあった、特に加速や高速での安定感、雨の中の安心感など、走る、曲がる、止まるといった自動車の基本的な部分に当時のマツダの技術力が見て取れた、特にカローラのリヤサスペンションなどファミリアをそっくりまねたような形だがしなやかさだけはカローラだとしてもやっぱりファミリアに軍配だと思った。

Bd105103

 何しろ低迷していたファミリアの起死回生をになって、ほとんど実験車だったルーチェロータリーを除けばマツダ最初の前輪駆動車を世に出したのだから、それはもう力の入れようが違うというものだ。

 今になっても、もう一度あんな車に乗ってみたいと思うこともあるが、残念ながらデザインばかり奇をてらった今のデミオにはあの魅力は感じられないと思うのだがどうだろう。






posted by 健太朗 at 21:32| Comment(3) | TrackBack(0) | マツダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか、健太朗さんが俎上に上げる車たちの小生の印象をヤジウマ的に書き付けるのが慣わしになってきているみたいです。
いずれも古い話ばかりで恐縮ですが・・

通学の都電から軌道敷の石畳を走る車たちの様子を自分流に評価して時間をつぶしたりしていました。

初期のファミリアは 800ccのセダンと、後席の居住性はともかくもスタイリッシュなクーペが記憶にあります。

挙動は もっさり と言った感じでしたが当時としては丁寧に作られているような印象を受けました。

幸せの黄色いハンカチに登場するRWDのファミリア
(過渡的モデルという感じです こちらも もっさり組でしょうか)
そしてロータリーや4WDターボなど魅力的な異端に振ったり いろいろあってこの優等生ファミリーカーが文字通りファミリアを代表するモデルになったのでしょう

もっさりと過激 トラディッシュと先進 なかなかに魅力的なメーカーですが小生の車歴ではボンゴ(貨物)のみ とちょっとさびしいです

ロータリーと今度の新しいディーゼルセダンは一度は所有したい車ですが当方の車歴簿の余白の方が足りなくなってきたようです。
Posted by なめネジ at 2013年10月17日 00:38
健太朗です。
なめネジさん、ありがとうございます。
なめネジさんのコメント、けっこう楽しみにしてるんですよ。

 都電、京都は市電ですが懐かしいですね、私の生家は市電の電停前にあって、一番電車の「ちんちんっ」という音で目が覚めたのを思い出します。

 こんなむかし話し、大いに結構ですからお願いします。

 初代ファミリア800、もちろん今なら もっさり してるでしょうが、当時としては結構きびきびとよく走る車でしたよ、キャロルと同じ型のエンジンを積んでるとは思えなかったです。

 ファミリアには私も後輪駆動のAPと前輪駆動のBDに乗りましたがどちらもファミリーカーとしてはもってこいのクルマでした、今ではあんなにファミリーカーに徹した車は見当たりませんね、デザイン優先のクルマ創りの時代が早く終わればいいと思っています。

 でもなめネジさんのおっしゃる通り歴史を見るとマツダのクルマはおもしろいですね、それにつけても乗ってみたかったのはキャロルロータリー360ですよね。
Posted by 健太朗 at 2013年10月17日 23:04
リクエストにお応えしてというわけではありませんが、またまた古~いお話で・・・ご機嫌をうかがいます。

テレビが家に来たころだと思います。
番組の吟味など無しで片っ端からチャンネルを回してみておりました。
その頃 
4サイクル、4気筒、4ドア、4輪独立懸架 のキャッチフレーズ、そして♪丸エムマークのマツダ というCMソング が思い出されます。
キャロルのCMです。

キャロルのエンジンがファミリアのエンジンの祖先とは驚きです。
倍以上に排気量をUPできるなんて・・・

それにしても当時の軽に、思いきり本格的な設計のエンジンを載せ、本格的な車作りをしたのですね。

他の2サイクル軽軍団から見るとコストも大変かかったのではないでしょうか?

知人のキャロル360(新車)に乗せてもらって静かさやクッションの良さを実感しました。
乗り心地はキャロルベンツというんだそうです。
しかし動力性能的にはかなり苦しいようでした。
2気筒2サイクル空冷だとエンジン重量が倍ぐらい違ったりするのではないでしょうか?


軽の4気筒はその後も含めて例が少ないとおもいますが、660のスバル4気筒に乗ってこのエンジンには感銘を受けました。
排気量もありますが時代が変わったのを実感しました。


それにしても
今、かつてのファミリアやサニー、カローラ、などのようなプレーンなデザインの自動車がなぜ無くなったのでしょうか?
安全強度面とか理由はいろいろでしょうが今の技術をもってすれば、そしてそれを指向すれば出来るのではないでしょうか。

え! ただの懐古趣味  そうかも
Posted by なめネジ at 2013年12月12日 18:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック