2013年05月16日

ラーレーの自転車

           P1 

このカタログは昭和49年頃、ホンダのディーラーから来たもので、ダイハツがソレックスのモペットを売り出したのと同じころに事だったと思う。



           02
 

 当時は、ラーレー、といったが今は、ラレー、というらしい、ロードスターというクラシックな自転車の典型的な形態はラーレーが元祖だ。


        03

           あこがれのロードスター 49800円

私が小学生のころ、初めて乗った自転車もオヤジのお古で山口というメーカーの何の変哲もない実用車だった、ただ、荷台などを外してしまって後輪ブレーキも前輪と同じようにキャリパータイプに改造したもの、でもかなり古いものだった。
 

私が三角乗りで乗り始めると父は危ないからと24吋の小型自転車を買ってくれたが結局、このロードスターは私のものになって、のちにはフェンダーも取り払って、今でいうピストになってしまった。
 

いわばこの自転車がラーレーのロードスターによく似て見えるので、ラーレーの自転車が欲しかったというよりこのカタログが気に入って今まで残しているのかもしれない。

 

          01

                     これが現在のロードスター、Club Sport 59800円

 

でももし今自転車に数万円を投じる気になれば間違いなくラレーのクラシックタイプロードスターがその候補の第一になるだろう。


       06

07

 

             07_3
                     当時一番高かった車種で28万円
 

  ラーレーは過去にはオートバイや三輪車、四輪乗用車も作っていたし1930年代には世界一の自転車生産台数を誇る大メーカーだったがモータリゼーションの発達で衰退した、イギリス病も手伝ったのかもしれない。

       04


 

                          05
                         小径車やこんなタイプの自転車もラーレーが草分けだ。


         010



  自転車の価格は、昭和40年代と今ではあまり変わっていないと思う、でも当時は東南アジア製の格安商品などなかったので、今のほうがお安く買えるのではないだろうか。

 

 

                             011


            012_3

 

 

 

 

posted by 健太朗 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カタログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック