2012年12月12日

なぜか気になるN-ONE

                    None


 N-ONEの受注がすでに25千台を超えたという。
 フロントグリルを似たようなデザインにしたからといって、あのN360をモチーフにしたとは片腹痛い、そもそもN-ONEという名前だが、MINIを真似たN360、そのN360の復活とばかりに今度はMINI-ONEの名前を真似てN-ONEだって。

 まったくひとを馬鹿にしている、と思いながらなぜか気になるホンダの新型車である。

 軽自動車の"今"はトールワゴン一辺倒、ワゴンRやムーブ、N-BOXなどの箱に飽き飽きしてるところにちょっと新鮮な風、というところか。それでもけっこう背が高いという。

                    N36001


 私のような団塊の世代にN360は青春の想い出というひとも少なくない、初めて乗ったクルマがN360だったという人も多い。
 そういう私にとって、そんなクルマはスバル360なんだけど、メカニックとしてまったく新米のころ、いやというほどN360にはお付き合い願った。

 自動車メーカーとして最後発のメーカーが創るクルマ故の整備性のいまいちなことや、サービス体制のまだ整わない時期のドタバタ劇を経験して、あまりいい想い出はないのだが、今にして思えばすごい歴史的な、偉大なクルマに出会っていたことがよくわかる。
 オートバイのエンジンを無理矢理四輪車に乗せて無理矢理走らせてしまおう、操縦安定性もなにもあったもんじゃない、うるさくてもすっ飛ばせればいいという、まったくメーカーの身勝手を絵に描いたような商品だが、、これが大ヒット、発売からわずか2年足らずで25万台、総生産台数は65万台に達し、その後の軽自動車に与えた影響たるやものすごいものがある。
 高馬力、高回転、高車高、広車内、そして低価格、他の軽乗用車のすべてがN360に影響を受けざるを得ない状況になってしまっていたものだ。

 だから2011年の東京モーターショーに展示されたNコンセプトの画像を初めて見たとき、まったくひとを馬鹿にしている、と思うと同時に、これはヒットする、とも思った次第である。
 しかしN360のオートバイのエンジンやドッグミッション、それに当時まだ珍しかった前輪駆動など画期的なメカを持ったクルマだったのに対して、ライフとの違いがもう一つ見えてこないN-ONEが、それでも魅力的に見えるのか、N360が偉大なクルマだからN-ONEが気になるのか、機会を見つけて一度試乗してみたいものだ。

posted by 健太朗 at 22:49| Comment(7) | TrackBack(0) | ホンダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
時々は覗いていますが、全くコメントしていないカクシカおじさんです。

 ところでいかがお過ごしでしょうか? 最近は軽自動車の躍進がすごいですね。各メーカーの力の入れようは目を見張るものがありますね。

 私がムーヴコンテのターボ車を乗るようになった頃は、まだアイドルストップなどは一般的でなく、普通のマイルドな燃費重視のターボ車といった感じでしたが、現在のようにここまで激烈な燃費競争をやると、ちとやりすぎのような感じもなきにしもあらず…と正直感じます。

 実際代車で丸一日以上、アイドルストップ対応のNA車・ターボ車(ダイハツ車)とも乗ってみますと、軽自動車は元々トルクが弱いので、減少したトルクを補うように最大トルクの発生回転数を上げていて(約1000rpm前後)、けっこう街乗りしにくい車になっているように思われました。


 私のコンテ号には試行錯誤の末、現在モチュールの改質鉱物油にあたる高度水素化分解精製油(ハイドロクラッキングオイル)のH-TECH MULTI STANDARD 5W-40のターボ車向けともいえるエンジンオイルを入れていますが、このオイルは当コンテ号との相性もよく、粘りもありながら省燃費オイルでもないのにもかかわらず燃費もいいです。しかも鉱物油の改質バージョンなのでシールの攻撃性を心配しなくても良いのと、加水分解に強いといったところでしょうか。

 遠出ではターボ車にもかかわらずリッター20キロ前後は普通に走り、最高は22キロちょいまで出ました。実走行でこれだけ走ればエンジンやバッテリーに負担がかかり、エアコンも停止してしまうアイドルストップまどは私はいらないです。

 ところがこのオイルの唯一の問題点は、この高温側が強いタイプの5W-40のエンジンオイルを扱っているお店が近くには全く無い?めと、このオイルは業販店向けの専用品のため最小20Lのペール缶のみ販売となっており、純正のオイルフィルターも含めて自ら買って自分でオイル交換せざろう得ないことでしょうか。

 距離走る我がコンテ号にとってはコストパフォーマンスが非常に高いですけど、けっこう面倒でもありますね。


 コメ少ないかもしれませんが、来年もよろしくお願いいたします。
Posted by カクシカおじさん at 2012年12月31日 21:02
明けましておめでとうございます。健太朗です。
カクシカおじさん、久々のコメントありがとうございます。

 私も小さなクルマが好きですが、燃費競争でそれ以外のところにストレスがかかっているのは良くないと思っています。

 燃費などあまり問題にしなかった時代、そう、オイルショック以前ですから昭和48年より前の時代ですが、およそ250㏄から300㏄×4気筒、くらいのエンジンが最も燃費が良かったのです。
 その頃のパブリカやサニー、カローラ、それにファミリア辺りは町中でリッター10キロ超と言うところでしたか、レギュラーガソリン1リットル40円から50円の時代です。

 ただそれらのクルマの車両重量は今の軽自動車くらいで、排ガス対策もターボもありませんから、それを考えると今の軽自動車の燃費は驚異的といえるでしょうね。
 時代が違うと言えばそれまでですけれど。
 それにしてもたった660㏄の小さなエンジンで1トン近いクルマを、しかもATで100㎞/h以上で走らせる性能を持って、それでその燃費ですから大したもんです。

 私もこの次は軽自動車かな、なんて思っているとN-ONEなどはちょっと気になるところです。

 エンジンオイルですが、カクシカおじさんのブログも読ませていただきましたが、凝り性なんですね、ちょっとお高くつくんじゃないですか。
 私はオイルの質やブランドよりも安いオイルを早く交換する、派です。ラウムの場合も5W-20のさらさらオイルが指定ですので、近くのDYIショップでキャッスルかモービルブランドの安いめのオイルを買ってきて3000Km位で交換しています。
 でも最近はあまりクルマに乗らなくなっていますので、距離よりも期間で換えなければ、というくらいになってきています。

 いいオイルよりも早く交換、というのは長年自動車屋をやっていた経験からそう考えるようになったもので、内部にスラッジやカーボンがたまったままになっているエンジンは走行距離が少なくてもガチャガチャやかましくなる、というようなものをいっぱい見てきました。

 まあコメントのお礼にしては長い文章になりました、ではこの辺で。
 
 今年もよろしくお願いします。
Posted by 健太朗 at 2013年01月01日 15:23
開けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

長文で失礼しましたがご心配のオイル代ですが、ブログではあえて触れませんでしたが、とある楽天のショップでは20000円/20Lペール缶でした(このときは送料無料だったです)。

リッター当たりではちょうど1000円になるので、そんなに心配するほどではなく、かえって安い価格の部類に入るのかもしれません。この購入価格なら、ホンダのバイクの鉱物油のG1とか、カー用品店に並んでいるオイルのほうがまだ高いぐらいです。

ただしこのオイル、ペール缶で購入する必要があり、距離を走らない人なら年2回程度のオイル交換ではペール缶購入には躊躇することでしょうね、きっと。

ただしお店によっては、このモチュールのエンジンオイル、かなり高価な値段を付けているところもありますね。
Posted by カクシカおじさん at 2013年01月01日 18:42
ひとつ書き忘れました。

オイル代はリッター当たり1000円なこともあり、ターボ車ということもあってオイル交換周期を少し短くしまして、5000km/1回から、10000kmで3回にしました。全交換で2.8Lぐらい必要です。

ちなみに純正のオイルフィルターは、今まで通り1万キロに1回で交換しています。
Posted by カクシカおじさん at 2013年01月01日 18:49
健太朗です。

 なるほどそんなに高くはないんですね、安心しました(私が心配してもしようがないですね)。

 そのムカシ、カストロールという高価なオイルを使ってみたりしたことを思い出します、RT20コロナの時代の話ですが、鈴鹿サーキットのパドックと同じとても良い匂いがして、嬉しかった記憶があります、これもハイドロオイルなのですが、廃油から作られている、などととんでもない噂が流れたりしました。
 本当は、植物性のオイルが配合されていて酸化が早かったのでそんな噂になったのだと昔の自動車雑誌で読んだことがあります。
 その植物性オイルのひまし油(カストオイル)がカストロールの由来だそうです。

 そういえばブログのどこかに書いたかもしれませんが、ヤマグチオートペットが焼け付いたときに仲間の誰かの知恵でプラグ穴から下剤のひまし油を注いで甦らせたことがあります、これはまだカストロールはおろかエンジンオイルのこともよく知らない時代の話です。
Posted by 健太朗 at 2013年01月02日 15:15
久しぶりに投稿させていただきます。

ホンダの軽が良く売れているのだそうで、おそらく360CC時代以来、何十年ぶりということになるのではないのでしょうか。

安月給の2割ぐらいをはたいて一昼夜レンタカーを借りて箱根の山を右往左往したN360。
(当時はホンダ直営のレンタカー店がありました)
時期を同じくして、CB72系からCB350にモデルチェンジしたバイク、そのCB350のエンジンはほんとにN360とそっくりでした。
ハイカム、高圧縮比、で気難しくなるエンジンをCVキャブでなだめて、高性能でも扱いやすいエンジンにするという思想も同一なように感じました。
2輪車の世界でヤマハ、スズキ他の2サイクル陣営に馬力競争で苦戦して投入したCB350系で一矢報い、軽自動車では2サイクル陣営に圧倒的な差をつけて爆発的人気を得たものでした。

N BOX の購買層の年齢分布はどんなでしょうかね?
小生のような団塊の世代が、あの頃の N を懐かしんで等、結構あるんじゃないか等と想像します。

煙だらけでパランパランと走る2サイクル軽を、カムチエンの シャラシャラと機械らしい メカノイズで抜き去る
N は自動車を所有するという夢の、シンボルでした。

かれこれ半世紀近い昔話です。

追記 
ライトリング(メッキの)を廃したのは N360 が初めてでしたでしょうか?
Posted by なめネジ at 2013年07月23日 12:58
健太朗です。
 なめネジさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

 そういえば昔のクルマには必ずメッキのヘッド枠が付いていて、確かヘッドリムと言ってましたね。そして、そういえばホンダの初期のクルマにはスポーツ以外にヘッドリムはついていませんね。今まで気が付きませんでした。

 自動車の歴史っておもしろいですね。

 私もCB72やCP77、それにCB350などにはよく乗ったものですが、あのどこまでも伸びるようなふけ上がりやアイドリングが気まぐれだったりバックファイターをおこしたりと、気難しい性格もN360に遺伝していましたね。
 その上N360は前輪駆動の悪癖丸出しでしたから箱根往復は大変だったでしょう。
 若かったから大丈夫って、そうでしょうね、あの頃まだハタチ前後ですからね。

 今なら安全基準に引っかかってとてもじゃないが走れないでしょうし、今のATに慣れたドライバーには乗りこなせないかもしれませんね、でも、だからこそ楽しいクルマだったんでしょうね。
 時代に合った車です。

 さてN-ONEの購買層ですが、メーカーによると 「50代以上の子離れ層や20代の独身層を中心とした幅広い年代」 となっています。
 やっぱり団塊世代もけっこう手を出しているんじゃないですか。
Posted by 健太朗 at 2013年07月23日 23:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック