2012年08月13日

秀ちゃんのカローラスプリンター

 カローラがモデルチェンジして11代目となった。実に3900万台を世に送り出した。そしてすでに目標の2倍、月15000台以上の受注があるという。
 最初のカローラが発売された昭和41年から数えて46年、ここ数年こそトップの座をハイブリッド車に譲り渡したものの、これほど長い間ベストセラーカーとして君臨しているクルマは世界中探しても他にないだろう。

                    Ke10

 例えばフォルクスワーゲン・タイプ1は一回もモデルチェンジすることなく、65年間生産し2100万台を超えた、4~5年ごとにモデルチェンジするカローラにはない大記録だ、これを越えるクルマももう現れないだろう、偉大なのはポルシェかヒトラーかそれともドイツ国民か。またスーパーカブのように発売以来54年6000万台を超えてなお生産を続けているバイクもある、本田宗一郎親父さんもまさかスーパーカブが中国製になろうとは思ってもみなかったことだろう。


 忘れていけないのが国産車でいちばん歴史のあるのがクラウンだ、昭和30年以来58年間、13代目だ、だがこちらは高級車でありベストセラーとは言い難いが、良くも悪くもこれが日本の高級車のスタンダードなのだ。
 そしてカローラもまた日本の大衆車のスタンダードなのだ。

                    Ke1005

 昭和41年、カローラKE10が発売されたときは非常にセンセーショナルだった。その時代日本の乗用車はトラックのような頑丈なものからややソフトなものに替わってきたとはいえ、まだまだ重く堅くその代わりふわふわした乗り心地のものが多かった。
 例えば昭和41年のコロナRT40の前輪は金属ブッシュの頑丈なダブルウイッシュボーンに太いコイルスプリングを組み合わせて重たいバネ下荷重のため、今のカローラより二回りも小さいのに1トンもあってふわふわしていた、それでも当時としてはしっかりしている方だった。やっと名神高速の一部が開通した頃の話である。


 そこに登場したカローラは、日本初のマクファーソンストラット、ロワーアームとダンパーとスプリングだけという構造だ、今と比べればずいぶん柔らかいのだろうが当時としては堅くしっかりしたスポーティなサスペンションだった。ライバルのサニーも工夫して横置きリーフを使った軽快なサスペンションだったが、2代目からマクファーソンに替えてきた。

                    Ke1003

 フロアシフトの4速はずいぶん長いレバーだったが、当時はコラムシフトの3速がトレンドだった時代、これだけでも新しかったし、ホーンリングがなくなってステアリングホイールのスポーク部分がホーンスイッチになっているのも簡潔で目新しく思ったものだ。

                    Ke1002

 エンジンルームも新鮮だった、120度左に傾いた1100㏄OHVエンジンにはまだ珍しかったカートリッジ式のオイルフィルターが目立って輝いていたし、クラッチレリーズは太いワイヤーをEリングで調整するタイプで、これも初お目見えというものだった。
 1100㏄はサニー1000に対するもので「プラス100の余裕」のキャッチフレーズはずいぶん流行した。

                    Ke1004

 さて遅れて発売されたカローラスプリンター(AE15)。後にスプリンターはカローラから独立するがこのときはカローラのバリエーションのひとつだった、要するにカローラの2ドアクーペタイプだ、売れ筋はSLのグレード名が付いたスポーツタイプだ、前述の長いシフトレバーはコンソールボックスで隠して短く見せ、タコメーターをはめ込み、ウッドタイプの3本スポークのハンドルを付けてスポーツムードを演出、しかもキャブレターを2つにしただけで60馬力から73馬力にアップ、これがまた軽快な走りを見せるからこのあたりから、スポーツタイプ、というクルマが大流行した。

 私の幼なじみの秀ちゃんが発売直後のスプリンターSLを買ったのは実に驚きだった、当時の価格で58万7千円、私はまだ中古で12万7千円のRT20コロナをころころ転がしていた頃のこと、お金持ちの息子をうらやましく思ったものだ。

                    Ke15

 ところが秀ちゃん、この新車のスプリンターを貸してやるというのだ、私が、今晩デートだ、といったらいつも私がもてないことを気にしてくれていた秀ちゃんは、おまえのポンコツコロナではうまくいくものもうまくいかない、とかいって、これに乗ってけ、ということのなった。
 なんだかなァ、とは思ったがせっかく貸してくれるというのだからと私はスプリンターに乗って意気揚々と出かけていったものだ、ところが彼女はこれが気に入らないというのだ、それがきっかけになって二人はその日、けんか別れになった。
 私は落ち込んで帰ってきて車を返そうと思ったが秀ちゃんに連絡が付かない、仕方が無いので一晩借りておくことにした。
 で、その晩に見た夢がまた最悪、私の家の木造のガレージドアにトラックが突っ込んで秀ちゃんのスプリンターがくしゃくしゃになってしまったのだ。


 私は夜明けと同時に飛び起きてスプリンターを返しに行った、秀ちゃんには罵詈雑言を浴びせられたのは言うまでもないが、その足で彼女に会いに行ったら彼女曰く。
「不自由なセパレートシートは嫌い、私はベンチシートが気に入ってるの、もっと近くに座りたいわ。」

 今日のオチがわかるのは50代以上?、もしかしたら60代以上かな、うっ。

posted by 健太朗 at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
となりの車が小さく見えます~
多少税金をたくさん払っても 100CCで優越感を となかなかのセールスコピーでしたね。
発展途上の自動車市場の様子を垣間見る思いです。

免許取得後すぐ、初めて首都高速を走ったのがカローラでした。
レンタカーで上司を乗せて なれない首都高速は狭く分岐、合流とかがイレギュラーで冷や汗の連続でした。

巷ではあまり好評で無かった様に記憶するギヤ感覚は、節度があり、サニーの どうにでもなってしまう 的な感触より好きでした。

カローラはサニー1000と比べるとしっとり感があったように思います。


でもどちらかと言うとヒラヒラ サニーの方が乗って楽しい感じでした。
自分はその後スバル1000を買うことになるのですがこの2台が直接の比較対象車でした。

それにしても 読んでいくうちしっかりとノロケ話になっている「秀ちゃんのカローラスプリンター」でありました。
Posted by なめネジ at 2012年08月17日 23:37
健太朗です。
なめネジさん、久しぶりのコメントありがとうございます。

 クルマの話をしないで他の話ばっかりしているので、クルマモードに戻さなければいけませんね。

 首都高速は自分で運転したことがないのですが、高~いところを走っているかと思えば突然地下を走ったり、観光バスに乗ってるとなんだかわくわくしますね。

 さて、初代カローラを開発中に、日産が1000㏄のクルマを開発しているという情報が入ります。そこで神谷正太郎さんというトヨタ自販の社長から、100㏄アップの強い提案があったのです、神谷正太郎さんと言えば販売の神様、発売間際になってカローラは1100㏄になったというのです。
 プラス100の余裕はカローラを一躍ベストセラーに押し上げました、日産にすれば煮え湯を飲まされた格好です、そこで二代目サニーの時は、一回り大きく1200㏄にアップして、となりのクルマが小さく見えます、とのキャッチコピーをうったのですが、いっとき挽回したもののカローラの優位はすでに揺らぐことはなかったのです。
 熾烈なサニーカローラの戦い、などと言いますがBC戦争の激しさには及ばない程のものでしたね。

 そういう私も当時はカローラよりもサニー1000のほうが好きでした、あのローリングする程のこつこつと堅いサスペンションと、コラム3速と、ダットサン伝統のフィーリングのA型エンジン。
 おっと、書き始めるとまた長くなりそうで。

 
 それにしても初代サニーの人気は当時よりも今のほうが高いようで、ノスタルジックカーとしてけっこう高値が付いているそうです、サニトラなんていう隠れたベストセラーもありますから。
Posted by 健太朗 at 2012年08月18日 23:06
あれ!

「となりのクルマが小さく見えます~」はサニー側のコピーでしたか
カローラの方だと記憶していました。

若気の至りで独立して昼夜逆転生活をしていた時期があり日産提供の深夜放送を聴きながら仕事をして サニークーペ~♪    のCMソングがなつかしいです。

そのときはまだ自動車を所有するなど夢の夢でしたが、経済急成長のときで、その後3~4年で普通の若者でも中古車ぐら買える世の中になるなど思ってもいませんでした。

商戦ではカローラが、ツーリングカーやFJではサニーエンジンに軍配 と言った感じでしょうか? このあたりの事情が今のサニトラなどの人気の底辺にあるのかもしれませんね。
Posted by なめネジ at 2012年08月19日 00:30
健太朗です。

高度成長期、ってすごい時代でしたね。
私の自動車屋でも飛ぶようにクルマが売れました。
真夜中まで仕事をしたこともありました、おかげで月給も上がりました。
でも物価も上昇も急激で、いくら貯金してもなにも買えませんでしたね。
あれならぱぁーっと使った方が良かったのかもしれませんが、そんなわずかなものが今の私を支えてくれているのです。

過ぎてしまえばすべてよし、ですね。
Posted by 健太朗 at 2012年08月19日 14:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック