2012年07月16日

ミッキーマウスプラティの恋

 水槽の中が弱肉強食なんて、まったく考えたくもないですね。
 しかし、悲劇はたくさんあります、今日のお話はミッキーマウスの悲しい恋の話です。

ミッキーマウスプラティというのはプラティというお魚のしっぽの付け根にミッキーマウスの顔のような模様があるのでそう呼ばれているが、昔はムーンプラティといったそうで、その頃は三日月のような模様があったそうな、人間が手を加えたのかな。

 我が家には赤いプラティと白いプラティが2匹ずつ居った、もちろんミッキーマウスの模様はみんなくっきりと入っていた、中でも白いプラティはカラダのほとんどが真っ白でピンクの化粧をしている、だからとくに奇麗なのだ。
 実はプラティの性別は私のような新米が見てもよくわからない、しかし赤は赤どうし白は白どうし仲が良かったのでだいたいそんなものかと思っていた。

 ところが第一の悲劇が起こった。

 針病というのは素人診断だが、どうやらそんな病気にかかったらしく、しっぽが針のようにとがってだんだん元気がなくなって行くのだ。
 針病は稚魚がかかる病気らしいが、実際たくさんいるグッピーの稚魚もかかっているのがいた、塩を入れるやら温度を上げるやらカンパラという薬も使ってみたが、このとき10匹以上☆になった、そしてプラティも例外ではなく赤白1匹ずつが☆になってしまった。

 それ以上拡がらなかったのがせめてもの、である。

 さて残された赤いプラティと白いプラティ、赤い方が少しからだが大きくて太っている、白い方は神経質であまり水の流れが強いところは嫌いなようだ。
 この2匹、いつも一緒にいるから残されたもの同士肩寄せ合ってけなげに生きている、と思っていたら、どうやら赤は白に恋しているようだ、と気がついたのは針病騒動からまもなくのことだった。


 熱帯魚の場合♂より♀のほうが大きいことが多いので、普通、求愛行動というのは小さな♂が大きな♀を追いかけることで徐々に盛り上がってくる、そしていよいよとなると♂のおなかにはっきりと交接器が見えるようになる。

 だがこのプティの場合はどうも変なのだ。
 追いかけるでなく逃げるでなく、とにかく白いプラティの行くところ行くところ何気なく赤いプラティが現れるって感じ、言葉で表すのは難しいがストーカーのようだというのがいちばんしっくり来る。
 それでも2匹は徐々にその気になっていったらしい、もちろん赤いプラティは早くから交接器を振り回していたのだが、とうとう白いプラティにも交接器が見えてきたのだ。

 そう、実にとんまなことにこの2匹は両方とも♂だったのだ。

 これが第二の悲劇だ。

 それでも、ってか本人は、つまり赤いプラティにこの事実がわかっているのかどうか、それでも白をストーカーしている。
 とうとう白いプラティがストレスだろうか体調を崩し始めた、えらをすぼめて隠れるようになったのだ、小さい白は狭いところには入れるが少し大きい赤にはついて行けない隙間もある。白がそんなところに入ると赤は狂ったように探し回っている姿をよく見かけるようになった。

 そしてとうとう白いプラティは水草の隙間で☆になった。

 第三の悲劇だ。

 その後赤いプラティは交接器を出したままだ。
 そしていまはグッピーの青いお母さんを追いかけているが相手にされない、青いお父さんがこの赤いプラティを別の場所に連れて行って攻撃しているのを見た。

 「俺の女に手を出すな」ってか!。

posted by 健太朗 at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも為になる話をありがとうございます。
ところで、子どものいじめの話題がテレビで言わない日がないほどですが、小さな水槽の中でも、いじめに似たような光景を、このところ毎日目にします。わが家の水槽の中の話なのですが・・・。
この光景をいじめと見るかどうかは別にしても、気の強い魚もいたもので、自分より体の大きな魚を突っつきまわしています。縄張りを守るとかではなく、まさにいじめさながらに突っつきまわしています。弱い魚は、水草の間に隠れて動きません。
家内は、「こらっ!!!」と怒っていますが、聞こえるはずも無く、猛然とアタックを繰り返します。いじめられっ子が、ストレスを感じないか心配しています。
急に話しが変わりますが、たまたまマーサさんの前を通ったらお客さんがいっぱいで、熱帯魚の人気に今更ながら驚きました。
Posted by 宇佐爺usajii at 2012年07月19日 22:58
健太朗です。
宇佐爺usajii さん、コメントありがとうございます。

 やっぱり水槽の中は弱肉強食なんですね。
 でも宇佐爺usajii さんのところのいじめられっ子は魚さんの種類にもよりますが、ストレスを感じているなら体調を崩す心配もありますから、出来れば同じ水槽に入れない方がたぶん理想なんだと思います。
例えばネオンテトラなら、それは遊びです、大きな水槽に入れてやると喜んで端からはしまで追いかけっこをしています。
プラティやグッピーの雄と雌なら求愛行動かもしれません。
しかしテトラがグッピーを執拗に追いかけ回したり、ある1匹が手当たり次第に他の魚をつつき廻したりしていたらこれはちょっと危険なんじゃないでしょうか、むしろつついてる方がストレスを抱えているのかもしれません。

 人間の子供も同じようなことがいえるのではないでしょうか。
いじめることは楽しいのです。
でも本人はいわゆる「いじめ」だと思っていないかもしれません、だから「限度」や「節度」を知らないテレビゲーム世代の子供たちはどこまでもやってしまうのです。
ですからやっぱり大人が気付いてやらなければなりません、学校の先生が事なかれ主義では解決しません、親が子供を叱らないどつかないではいじめっ子を創っているようなものです。

 あ、失礼しました、偉そうなことを書いてしまいました。

 こうして毎日水槽を眺めていると魚さんにもそれぞれ性格があってそれぞれの気持ちがわかるような気がしてくるから不思議ですね。
うちは全部で70匹ほどいますから、その他おおぜい、もたくさんいますけどね。
Posted by 健太朗 at 2012年07月20日 14:21
とんとんぶーです

健太郎さん、グッピーのお母さんのお話、プラティの恋話、どちらもすっごく興味深く読ませて頂きました。
これからもお魚さんのお話楽しみにしてますので、ブログにのせて下さいね。
さて、我が家のお魚さん達は元気にしています。今、水槽の中にはネオンテトラ13匹、ミッキーマウスプラティ1匹(白)、コンドラスパンダ3匹、名前を忘れた(−_−;)何とかテトラ2匹、やまと沼エビ5匹、貝5個が共同生活を送っています。
ミッキーマウスプラティは、最初5匹いてたのに1匹になり、その1匹も元気がなく大丈夫か心配していたんですが、仲間の4匹が☆になってから不思議なことに元気になったみたいで、一匹で泳いでいます。

コンドラスパンダ3匹は、水槽の底のお掃除を一生懸命やってくれています。ほんと、顔がパンダみたいですっごくかわいい顔です。

問題は、名前を忘れた(土曜日マーサさんで見てきます)2匹のテトラ。先週マーサさんで、私がすごく気に入ってコンドラステトラと一緒に買ったお魚さんです。この2匹、昨日までは一匹がもう一匹の方を追いかけまわしたり突いたして、どう見てもいじめてるようにしか見えません。追いかけ回されているお魚さんは、怖がって葉っぱの中にかくれたり、砂と流木の間のちょっとした隙間にかくれたりしていました。それですごく心配していたんです・・・が、何と今朝水槽を見たら、二匹一緒に揃って泳いでいて今まで見たことがない光景だったんでびっくりしました。
いったい昨夜何があったんでしょうか???飼育部長と不思議なお魚さんの行動に心配したり、びっくりしたり、喜んだりしています。

お魚さん飼って、お魚さんから色々学ばせてもらっています。私ももっとお魚さんの勉強をしたいと思います。
健太郎さんよろしくですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
Posted by とんとんぶー at 2012年07月20日 21:28
健太朗です。
とんとんぶーさん、コメントありがとうございます。

 それにしてもたくさんいるんですね、大きな水槽ですか。
私のところも大小併せて70匹います、それで水槽を二つにするべく準備中です、

 ところが訃報です、青のお母さんが今日突然☆しました。
原因はわかりませんが、3匹の♂に追いかけられるのですからそりゃ疲れますよね。
でも冷たいもんですね、3匹の♂は何事もなかったかのように泳ぎ回ってます。

 名前を忘れたテトラさんは面白いですね、もしかしたら新しい住まいでの勢力争いだったか、それとも♂と♀で、ひとめぼれってこと?、だから照れ隠しのいじめだったかもしれませんね、「わかったわよ、あんたのおんなになりゃいいんでしょ」なんてね。
Posted by 健太朗 at 2012年07月20日 23:16
とんとんぶーです。

青いお母さんグッピーの訃報、びっくりしました。すごく残念です。生き物の常とはいえ寂しいものです。
我が家のお魚さん達は、7月16日に白いプラティが☆に旅立ってからは、悲しいお知らせをする事なく、みんな頑張って泳いでくれています。朝起きて、まず一番に水槽を見にいくんですが、お魚さん達が元気にしていたらホッとします。

あ、そうそう、今日マーサさんで名前を忘れた2匹のお魚さんの名前を見に行ってきました。コバルトブルーバルーンラミレジィと言う、ちょっとハイカラな名前でした。。早速どういう性格のお魚さんか調べたら、「水質にうるさくなく飼育は容易。オス同士だけでなくペアでもケンカをするため十分な隠れ家が必要です。
他魚へも攻撃をしますが、極端にサイズが小さくなければ小型のカラシン等との混泳も可能です。」とのことでした。そう言えば、右と左に置いている流木の隅っこに一匹ずつ居てる事が多いです。昨日は仲良くしてたのに、今日はまた突いたり追いかけ回したりしています。
「一晩付き合ったけど、やっぱりあんたのおんなになるのやめたわ!!」と言って、怒らしたのでしょうか。
Posted by とんとんぶー at 2012年07月21日 21:10
健太朗です。
とんとんぶーさん、楽しいコメントありがとうございます。

 いやぁ、男と女の仲はややこしいもんですね。
 お互いの性格にもよりますが、男と女のあいだには暗くて深い川がある、愛し合っていても家庭内別居なんて事もあるのですからね、私んちの話ではありませんよ、そのラミレ爺さんの話です、え、もしかしたらうちのミッキー君のように許されない恋?、ってことが無いよう祈ります。
Posted by 健太朗 at 2012年07月21日 23:29
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック