2011年09月16日

フェローマックス新車発表会

 昭和45年夏、高度成長期のまっただ中、千里丘陵では万国博覧会が開催されているころ、わが自動車屋でも好景気で、新車中古車問わずよく売れたし仕事はいくらでもあった、中古車は1年未満、1万キロ未満も当たり前のように売買されていた、私自身二十歳を少し過ぎた頃、心身ともに充実、日付が変わるまでクルマの下に潜っていたこともたびたびあった。

          Max07

 そんな折、こんなに小さくてレトロな自動車屋でなんと新車発表会が催された。

  アブラで汚れた壁に掛けられた愛用の道具類はすべて紅白の垂れ幕で隠され、かど口には立て看板やのぼりが立てられた、いつもの作業場にはモデルチェンジしたばかりのフェローマックスが鎮座していた。そして軒先にはその試乗車も用意された。

          Max06


 ダイハツデーラーがこんな小さな自動車屋に期待を持ってくれたのは嬉しいが、これは異常やな、と思った。デーラーや大手の販売店ならともかく京都の小さな町工場は古くからのお得意様でもっていて、少なくとも通りがかりの人がふらっと入ってきて新車を眺めて、そして商談などということはまずないだろう、お得意様だって普段から来店されることはほとんどない。

 その思いは的中した、数人のお得意様と私の友人が賑やかしに来てくれた以外、ほぼ一日中ご近所のオジサンたちの井戸端会議の場となっていたのだ、まるで地蔵盆のように。

 それでもこの日の後、数台のフェローマックスが売れたのは新車発表会おかげではなくフェローマックスの人気と期待度の大きさから、ではなかったかと思う。

          Max05

 期待のニューカー・フェローマックスはそれまでのフェローとはまったく違っていた、エンジンは同じZM型2サイクル2気筒を使っているのに、これがホントにあのトラック屋のダイハツのクルマかと思うほどかっこいい2ボックスの軽いボディとスポーティーで軽快な走りの前輪駆動、その分ちょっと乗りにくさも兼ね備えていた。


 朝顔型のハンドル、ちょっと堅めのフロアチェンジのシフトレバー、短いストロークでがしっとつながるクラッチ、細かに調節できるリクライニングシート、二点式シートベルト、かっこいいダッシュボードとコンソールボックス、手動ポンプ式ウインドウォッシャ、前ストラット、後セミトレーリングアームのちょっと堅めのサスペンション、どれもが新しかった。
 それでもまだこの時代、このスタイルでハッチバックではないし、ラジアルタイヤでもない、そしてエアコンもオートマもない。

        Max01


 数台売れた中にフェローマックスSSがあった、ZM15型エンジンは圧縮比を11にあげ、ツインキャブによって驚異の7200回転でなんと40馬力を絞り出している、これはリッターあたり100馬力を超える、軽自動車としては初めての快挙であった。
 期待通りこのクルマの走りはすばらしく、2サイクルエンジン特有のこもるような振動をボディいっぱいに響かせてびっくりするほどの加速を味わわせてくれた、音や振動が抜けないせいか、あのN360のバイクのような加速感とはまた違った、恐怖にも似た驚きがあった。

 

          Max02


 ところが、しばらくこのSSに付き合ってみると、このような本来の性能をたたき出す快調な状態を保つことの難しさに気がつくのだった、今のコンピュータで制御するエンジンと違って、なにもかも人の手で調整してやらなければならないのがこの時代、タイミングやキャブレターの調整も、気むずかしい、としか言いようがないほどシビアで、例えばタイミングは1度以下の差で極端に加速が悪かったりするし、キャブレターは少し薄いとのびが悪くなるし濃いめで調子を出すとプラグが溶けるほどの熱を持ってしまう、もちろんバランスが悪いと情けないほど調子が出ない、苦心して調整しても1週間もするとまた再入庫というありさまだ。


 マックスSSがすべてこんな有様だったと言うことはないと思うが、機械には当たり外れがあって、また機械というものは故障して当たり前、を実感していた時代のことだ。

 

          Max03


 結局いろいろやってみた結果、ベストではないがベターといえる持続可能な妥協点を見つけ出したものだった。
 もしも現代の技術で、例えばコンピュータ制御であのエンジンを廻したらどんな走りをするのか、出来ることなら見てみたい、そう想う。

          Max04_4

 果たしてこのフェローマックスSS、20才過ぎの若い顧客ではあったが1年を過ぎた頃、見切りを付けてほかのクルマに乗り換えとなった、自動車屋にとってはちょっと苦しい1年だった。

posted by 健太朗 at 22:30| Comment(5) | TrackBack(0) | ダイハツの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
健太朗様

御世話様です。echoと申します。
フェローマックスSS(以下FMSS)で少し調べものをしており、縁あって此方に辿り着きました。昨年ある耕作放棄畑に緑のFMSSが朽ち果てた姿で鎮座しており、そのハンドル周りから伝わってくるスパルタンな印象が今でも強烈に記憶されております。「機械車は手がかかる赤ん坊」と私が一方的に知り合いと思っている御仁が仰っていました。すっかりCAR電となったクルマに今ひとつ興味が沸きません。長文駄文にて失礼致しました。益々の御健勝をお祈り申し上げます。
Posted by echo at 2012年01月04日 23:04
健太朗です。
echo様、ご丁寧なコメントありがとうございます。

 echoさんのblog、拝見しました。
「草むらのヒーロー」写真いっぱいですね、私はクルマたちのあのような姿はあまり好きではありませんが、大変参考になります。
 また、私の方で取り上げたクルマの写真もいろいろとありますのでついつい見入ってしまいました。

 時々お邪魔しますのでこれからもよろしくお願いします。
Posted by 健太朗 at 2012年01月05日 14:00
健太朗様

御世話様です、echoです。早速のレスコメント有難う御座います。と同時に当方blog写真にて御気分を害させてしまいましたこと深く御詫びします。草ヒロ写真は私共一部の愛好家を除いて当時を知る方からすると余りに酷い姿に見えてしまうこと改めて痛感致しました。本来はblogアドレスは伏せてコメントすべきでしたが私の素性を隠してコメントするのも失礼と考え、アドレス欄にのみblogアドレスを記して投稿するもエラーとなりましたことを此処に記します。御手数で無ければ当方コメントを削除いただければと存じます。(草ヒロ写真で気分を害される方が他にもいらっしゃることが想定されるため。)
1つだけ記しますと人間のために生まれ働き、スクラップからも間逃れ、そっとその余生を送る姿に只々感謝申し上げる次第です。改めましてこの度の当方コメントにて御迷惑おかけしました。以上です。
Posted by echo at 2012年01月06日 00:25
健太朗です。
echoさん、申し訳ありません。

 決して気分を害したわけではなく、単なる好みとちょっとした思いを書いただけなのです。
 草むらのヒーローはノスタルジックなクルマを扱った雑誌の名物企画の一つにもなっています、そしてecoさんのblogも写真をたくさん使って、マニアにはたまらないblogだとおもいます、echoさんのblogを見て気分を害する方が居られるとは思えませんが。

 実は左のお気に入りリンクに登録したのですが、コメントはともかくこちらのリンクだけは削除しておきます。

 これに懲りずにまた自動車屋のかどにお立ち寄りいただき、立ち話にお付き合いくださいね。
Posted by 健太朗 at 2012年01月06日 14:10
健太朗様
おはよう御座います。この度は色々御気遣い有難う御座います。(blogのお気に入りの件を存じずでした。改めて御登録いただけるのであれば幸いです。)お会いした事は当然御座いませんが全ての文章に御人柄が伺えます。
この度のフェローマックス記事の中にある『ベストではないがベターといえる持続可能な妥協点』という部分が一番インパクトがあってコメントを記した次第です。私は単に「デザインの優しさ」から旧車の世界に入りました。機械面などは全くの無知ゆえ皆様方のような自動車を生業とされていた方の言葉には大変参考になります。また此方のblogに御邪魔させていただきます。2012年も皆様にとって良いお年でありますように! それではまた。
Posted by echo at 2012年01月07日 10:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック