2010年12月29日

羨望のキャロル

          01

 

 タイトルに羨望の、と付けたがおよそ私の場合どんなクルマも多かれ少なかれ羨望の的なのだ。
 そのころ8万キロも走ったおんぼろスバル360に乗っていたし、私のうちにはちょっと長距離が心配なR360クーペがあったからか、どのクルマも長所欠点をいつも考えていた。

 キャロル360はR360クーペの後部座席の不満を解消するため、昭和37年2月に発売された。

 

          02

          03

 

 それより4ヶ月前の10月、第8回東京モーターショウには、ちょっとしらばっくれたようなクルマが展示されていた。マツダ700がそれだ

 

          70001

 

 発売直前にフロント周りをちょっと換えてタイヤを無理に太くして、それで660㏄のエンジンを積んでおります小型車でございだから、当時はまだ新型車をスクープしようなんてマスコミはなかったのだろうか、今みると実に茶番だ。

 

          70002

 しかしこの時代は国民車構想を発端とする、パブリカや三菱500,ルノー、コンテッサなどリッター未満360㏄以上のスモールカーがはやり始めた頃、こんな目くらまし試作車も期待を持って迎えられたのだ、それにしてもこのフロントのデザインは東ドイツのトラバントみたいだとこき下ろす記事もあった。

 

          70003

          70004

 

 さて、キャロルに戻るが、リヤに横置きされた総軽合金製水冷4気筒358㏄エンジンは、ホンダスポーツ360よりもっと古く有名な贅沢エンジンだ、4サイクルOHVで圧縮比を10.0と、当時としてはとんでもないハイチューンだ、まだ普通ガソリンのオクタン価が低い時代、圧縮比を高く設定した分、点火タイミングを遅くしなくてはならなかったのではないかと私は考えるのだけが、どうだろう。

 とにかくこの18馬力エンジンで500キログラムあまりの車体を押すのは少しつらかったらしく、発信加速の遅さには定評?があった。

 

 それでも初期のスバル360やR360クーペよりずっと静かで自動車らしく見えた、それはこれもまたユニークなサスペンションによる乗り心地の良さのせいだったかもしれない。
 VWを真似たトレーリングアームは、フロント2本、リヤは1本の鋳鉄製とし、トーションバースプリングをなんとゴム製にしたものだった。

 このゴムのスプリングがもたらすクッションは実に抜群で、実はクーペもそうだったのだが、ふわりふわりと少し前方へ沈む感じは他では味わえないものだった。

 

 ついでに云うと、昭和40年のパンフレットには舗装平坦路燃費26km/lとある、今はやりの言葉で言うと昔の軽自動車は「エコカー」なのだ。

 

          06

 

 後部座席に乗せてもらうとまるで小型車、つまり軽自動車ではなく「自動車」に乗った感じがしたものだった、しかし数年前にちょっと座ってみる機会があったが、それはそれは狭く窮屈な座席だと思った、とはいえクーペのあの横になっても背中を丸めなければ乗れない窮屈さよりはずっとましだった。

 

          04

 

 そんなキャロルも最初は2ドアの単一グレードだったのが、デラックス、4ドアデラックスとバリエーションしていき、昭和42年には後期型になってエンジンも20馬力にアップ、ずいぶん走りも良くなった。

 

          05

 

 

 実はキャロル360が発売されてまもなく、キャロル600というのも売り出されていた、数ヶ月前にはマツダ700だったのだから「迷い」なのか「誤魔化し」なのかよくわからないがこちらはデザインはキャロルのまま、バンパーとモールによって軽自動車の寸法枠をほんの少しオーバーした小型車「自動車」で、28馬力のエンジンは、えっなんで、とおどろくくらい軽快な印象のクルマだった。とは言っても元々軽自動車の窮屈ボディを持つキャロル600がそれほど売れるわけもなく、ファミリア800の発売に伴いおよそ2年ほどで姿を消すことになる、従って後期型の600はない。

 

           600

 

 そしてキャロル360も43年には26万台あまりを売って生産を終了するのだが、その少し前にはこのキャロルにロータリーエンジンを載せる計画があったらしい、マツダは開発中のシングルローター360㏄のロータリーエンジンを載せたキャロルロータリーを当時の運輸省に形式申請したが、これに待ったをかけたのはFIAだったと言われている。

 

          1

 

 レースの世界ではロータリーエンジンの排気量はレシプロエンジンの2倍に換算されていた、このレギュレーションはレースの公平を期すために決められたものだが、運輸省はこれを理由にキャロルロータリーの軽自動車としての形式申請を却下したのだ。

 

          Photo

 

 国が自動車の自然な進化を妨げた形だが、もしもこの計画が成功していたらキャロルは後にシャンテの名前で発売されたボディにモデルチェンジしただろうし、これこそキャロルロータリーとして軽自動車の歴史を変えることになったことだろう、誠に残念な話である。

 そうなると私のキャロルに向けた羨望も倍加されたに違いない。         

posted by 健太朗 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック