2010年12月10日

シビックの源流

  シビックがなくなるとかなくならないとかのニュースが飛び交っている。


 今のところ最新の情報では、ホンダの伊藤社長は「シビックブランドを国内から無くすとは言ったつもりはありません」とのコメントだそうだ、しかし、現在国内で販売中の『シビック・セダン』は次のプラン(フルモデルチェンジ)ではやらないつもり、とも伝えられており、いずれシビックの役割も終えることになるだろう。


 時代も変わり、役割が終わってもいつまでも作り続けて、過去の栄光を汚しているクルマもあるのだから、ホンダの潔さに拍手、といったところだ。
 そんなことを想いながら、クローゼットをごそごそしているとシビックのカタログが出てきたのでちょっと掲載してみる、と同時にそのシビックの源流とも言うべき写真もあったので漏洩?させようと思う。

 

          N80001

          N80002

                                          N800       

          L70001

                                         L700

 

 本田宗一郎親父さんは、私のような自動車屋のはしくれとしては憧れ、尊敬する大先輩である。
 その親父さんがこだわり抜いて創ったAS280Eエンジン、総アルミ製水冷直列4気筒ツインカム531㏄CVキャブレター4連装44馬力、つまりホンダスポーツ500のエンジンだ、これはS360に始まって後にS600,S800と大きくなっていった、S800は当時ホンダでは「100マイルカー」と豪語した、確かにこれは800㏄という小さなエンジンにしては高性能で、0-4加速を16秒という速さだった。


 ホンダスポーツの話をするときりがないので次にいく。


 つまりこのエンジンを700㏄1キャブ52馬力にデチューンしてFRの小さなライトバンに載せたがL700Mだ。


 そして昭和40年第12回東京モーターショーにホンダN800が展示された。
 これは800㏄シングルキャブ65馬力を載せた、全長3720mmという小さな2ドアセダンだ、写真を見るとハードトップにも見える。


 私も実際に東京モーターショーでこのクルマをみているはずなのだが、どうも興味がなかったらしく、あまり覚えていない、まさかこれがシビックのようなセンセイショナルなクルマに化けて出てくるとは思っていなかったようだ。


 L700バンの方は実際に発売されて、私も整備に携わったことがあるのだが、商用車にこのような高回転エンジンは少しく乗りにくいイメージだった、ただ、T360と同じようにそのサウンドだけはホンダスポーツそのままで、たしかコラム右シフトレバーだったと思うが他の同クラスのクルマたちとはひと味違っていてこれもまた楽しいクルマだった。


 残念ながら経済性や耐久性にも問題があったのか、N800の方はついに発売されなかった、そのかわりN360がヒステリックに大ヒットとなるのである。
 そしてそれから3年後の昭和43年第15回東京モーターショーにはホンダ1300が登場するのだが、至高のメカニズムDDACは世間に受け入れられなかった。

 

 

          01

 

 N800から7年たった昭和47年、シビックが大ヒットとなるのだが、すでに本田宗一郎親父さんの意向は反映されず、ツインカムや4連装キャブレターなどの複雑なメカニズムと高回転高性能にこだわった宗一郎エンジンとは真逆の、おっとりむっくりの普通の乗用車エンジンに変わったのである、それはホンダが大きく変わった歴史的瞬間でもあった、と私は思っている。


 とはいえやっぱりホンダのクルマなのだから、当時の大衆乗用車の中では走りが良く軽快な印象トップクラスだった、ただ、トルクを高速重視にしてあるのでルノーやコンテッサよりもクラッチミートがしにくかったし、そんな際のボディにかかる振動などから、柔な感じは否めなかった。

 最近の雑誌で初代シビックのスタイリングを「シンプルでトレッドを大きくとってワイドなボディとし、それによって室内スペースを大きくしようとする試みがなされていた」などと書いているのをみたが、当時この足を踏ん張ったワイドなデザインがいかに新鮮なものであったかは今では想像に難く、その後の国産車のデザイン寸法取りが変わってしまったほどだった。

 

          06

          05

           02

          04

          03

posted by 健太朗 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック